アルテイルNEO徹底攻略

アルネオ【攻略】: リリース前にチェック!最初に選べる初心者デッキ4種の持ち味

間もなく配信を予定している『アルテイルNEO』(以下、アルネオ)。今回はリリースに備えて、本作のバトルの特徴と、ゲーム開始時に選ぶことができる4つの初心者デッキについて解説していこう。これでリリース前の予習はバッチリだ!

  1. アルネオを彩る4種類の神族をチェック!
  2. オーソドックスな「リフェス」!初心者にもおすすめ
  3. 殴りと妨害が得意!「ローティア」
  4. ランクアップでユニット強化!「ゴウエン」
  5. 魔法の発動がカギを握る「ファルカウ」

ココがすごい!アルテイルのバトルの特徴

アルテイルシリーズは、手札の概念がない、ユニットに射程や速さのステータスが設定されているなど、ほかのカードゲームにはない独特の設計になっている。

まずは、特に目玉となる3つのポイントについて解説していこう。

バトルの進行などについては先行プレイ記事でも取り扱っているので、こちらも合わせて読んでほしい。

ステータスの項目が6種類もあったり、スキルも複数所持していたりと、ユニットの構成要素も多彩。少し複雑だが、その分システムを理解できたときの喜びも大きい

ポイント1:手札事故がない!デッキから自由にカードを使える

一般的なTCGだと、デッキ内から手札としてランダムにカードを引いて、そこから場に展開していくというケースがほとんど。

しかし、アルテイルには手札の概念がなく、毎ターンデッキ内の全カードから自由にカードを選び、使うことができる。

運に左右される要素が少ないので、思う存分実力勝負を楽しめるわけだ。

デッキ内の全カードが使えるため、事前に組み立てた戦術を展開しやすいのはうれしい。しかし、それは相手も同様なので、デッキには高い完成度が要求される

ポイント2:相手と同時にカードをオープン!

アルテイルは、自分と相手で同時にフェイズが進行していく。

1ターン内で、相手と同時にカードを出し合い、スキル効果も同時に発動する。つまり、どちらか一方のみが行動するということがなく、ワンサイドゲームが起きにくいのは魅力的だ。

お互いに同時にカードをオープンするのは、独特の緊張感がある。同じカードを出してしまうと、「バッティング」でカードが墓地に送られるという要素も存在する

ポイント3:速さや射程の概念により奥深い攻防が楽しめる!

各ユニットは、バトルエリアに配置されたあと速さの順に行動していく。

また、本作は射程の概念もあり、いくら攻撃力が高いユニットでも、射程内に相手ユニットがいないとそのパワーを発揮できない。

覚えることが多数あるが、その分奥が深い攻防を楽しむことができる。

攻撃力の高いユニットは射程が短く、逆に射程が長いユニットは攻撃力が低いというのが主なパターン。ただし、レベル9の高性能ユニットなどはこの限りではない

アルネオを彩る4属性のデッキをチェック!

本作の舞台「ラヴァ―ト」には4柱の神が存在し、それぞれ「リフェス」「ローティア」「ゴウエン」「ファルカウ」と呼ばれている。

プレイヤーはこの4つの神族のカードを駆使し、相手と対戦する。

4柱の神は本作における属性を示していて、プレイヤーはゲーム開始時にこの4属性がテーマになったデッキのいずれか1つを選択して使うことができる

ここからは4属性のデッキの特徴を紹介していくので、最初のデッキを選ぶときの参考にしてほしい。

オーソドックスな「リフェス」!初心者にもおすすめ

リフェスはSP(ソウルパワー、詳細は後述)を供給しやすく、ユニットを展開して数で押していく戦術が得意。

ユニットのスキルも直接ダメージや攻撃力アップなど、わかりやすいものが多いので、カードゲーム初心者の方にも扱いやすいだろう。

ユニットもHPや攻撃力のステータスを重視した、戦闘向けのカードが多数。シンプルな力押しを得意としている

こんな人におすすめ!

  • カードゲーム初心者
  • ユニットのパワーで正面から攻めていきたい人

デッキレシピ

シールド名LP
奇跡の光1
竜殺しの矢1
精神の集中1
暗闇の覆い2
邪悪な占い3
カード名種類レベル枚数
光の精霊ユニット13
双剣の遊撃隊ユニット33
先陣の槍騎士ユニット33
幸福を呼ぶ珍獣ユニット12
青石のカーバンクルユニット33
不死鳥の雛ユニット23
紫石のカーバンクルユニット33
神殿騎士『ルナ』ネームド32
回復の粉魔法11
魔力の玉魔法21
守備力強化魔法21

「光の精霊」と「幸福を呼ぶ珍獣」でSPを増やしつつ、「双剣の遊撃隊」などのユニットで攻めていく。

ある程度ユニットが出せたら、「不死鳥の雛」でバトルタイムを昼(※)に変更し、攻撃力を上昇させて畳み掛けていく。

※本作には「バトルタイム」の概念もあり、ターンごとに昼→夕方→夜→昼~と変化していく。リフェスは昼、ローティアは夜と、属性ごとに得意なバトルタイムが設定されている

注目カード:光の精霊

スキル

  • オープン:力の源(消費SP:0)
    自分の[SP]を2増やす。

リフェスだけでなく、ほかの初心者デッキすべてで採用されている「光の精霊」は、オープンスキルでSPが2増やせるため汎用性が非常に高い。

あらゆるデッキのSP供給源になるので、どの属性でデッキを組むときも必ず入れておきたい。

ただし、序盤はバッティングが発生しやすいので、初手はほかのカードで様子を見るのがおすすめ。

SPとは

ユニットの召喚や魔法の発動に必要な、エネルギーのようなもの。他のカードゲームだと「マナ」などと呼ばれていることも多い。

強力なカードほど使うのに必要なSPも多くなるので、いかに効率的にためていくかが重要だ。

属性値の増加もSPを使って行うため、消費は激しい。SPの増加手段を整えておくのも、デッキ構成においては非常に重要だ

殴りと妨害が得意!「ローティア」

ローティアは、魔法による相手の妨害や、HPが0になっても「リフレッシュ」で即座に復活できるユニットが多く、ユニットでも魔法でも戦っていける。

リフェスよりも若干複雑だが、カードゲームに慣れている方なら使いやすいだろう。

前線を即座に復活できるユニットで固め、魔法で相手ユニットの動きを封じていく。ユニットでの戦闘も魔法での妨害もこなせる、万能な属性である

こんな人におすすめ!

  • カードゲーム中級者
  • 多彩な攻めで相手を翻弄したい人

デッキレシピ

シールド名LP
闇からの啓示1
死の指先1
時間逆行1
暗闇の覆い2
東方の覚悟3
カード名種類レベル枚数
光の精霊ユニット13
闇の精霊ユニット12
容赦なき暗殺者ユニット33
白骨戦士ユニット22
幼き少女の霊ユニット33
戦闘用魔法少女/剣士型ユニット33
戦闘用魔法少女/近接型ユニット33
原型の魔法少女『オペレッタ』ネームド32
魂の契約魔法11
堕落魔法31
呪縛魔法21

ローティアの初心者デッキは、「闇の精霊」で相手のSPを減少させつつ、蘇生や「リフレッシュ」持ちユニットを展開して攻めていくのが基本。

ユニットの中では「戦闘用魔法少女/剣士型」が便利。このユニットの左右にいると攻撃力が上がるため、「戦闘用魔法少女/近接型」「白骨戦士」と組み合わせて使うと強力だ。

注目カード:幼き少女の霊

スキル

  • クローズ:リフレッシュ(消費SP:0)
    自分の[デッキ]から[このユニットと同名のカード]を1枚[墓地]へ送る。送った場合、このユニットの[HP]を完全回復する。相手ユニットからランダムな1体の[攻撃力]を10減らし、[速さ]を1減らす。

SP3で出すことができ、リフレッシュも所持。しかも、このユニットはリフレッシュ発動時に相手ユニットのステータスを下げることもでき、汎用性が高い。

速さも3と低くなく、アタッカーから支援、壁役までこなすことができる。困ったら、とりあえずこのユニットを出しておくといいだろう。

リフレッシュとは

クローズしたカードは、セットフェイズに同名カードを墓地に送ることにより、1SPを支払って復帰させることができる(ローティア以外でも可)。

ローティアには、クローズ状態になった瞬間に即時復活できるリフレッシュを持ったユニットがおり、前線を崩されにくいのが魅力的だ。

リフレッシュは、主に白骨戦士など不死・霊体タイプのユニットが所持している。クローズした瞬間に発動し、デッキ内に同名カードを入れていれば、そのカードを墓地に送って即時に復活できる

ランクアップでユニット強化!「ゴウエン」

ゴウエンは、ユニットによる直接戦闘が得意なのはリフェスと似ているが、ゴウエン独自の強化システム「ランクアップ」(詳細は後述)によりユニットをパワーアップできる。

ランクアップの条件を満たすのがなかなか大変ではあるが、強化後は大幅にステータスが上昇するユニットもあり、使いこなせれば強力だ。

基本的には、ユニットによる正面からの攻めが得意。ランクアップの存在により、バトル後半も強さを発揮していける属性だ

こんな人におすすめ!

  • カードゲーム中級者
  • ストレートに攻めつつ、アクセントも加えたい人

デッキレシピ

シールド名LP
奇跡の光1
死の指先1
時間逆行1
暗闇の覆い2
東方の覚悟3
カード名種類レベル枚数
光の精霊ユニット13
火の精霊ユニット12
制圧の重装歩兵ユニット23
落ちこぼれの勇者ユニット23
長距離銃の騎士ユニット33
狼族の剣士ユニット33
六装填銃の騎士ユニット33
復讐の子『ユーニ』ネームド22
炎の息魔法11
魔力武器魔法11
炎の竜巻魔法51

序盤は「火の精霊」や「炎の息」で相手の低レベルユニットをさばきつつ属性値を上げ、後半にランクアップ持ちユニットで勝負をかけていくデッキ構成。

「復讐の子『ユーニ』」のオープンスキルは、「落ちこぼれの勇者」に使っていくといいだろう。ユニット性能が飛躍的に高まるため、相手にとっても脅威になるはずだ。

注目カード:落ちこぼれの勇者

スキル

  • ランクアップ(消費SP:0)
    【ゴウエンの属性値9以上】[攻撃力+30][防御力+10][速さ+1]
  • アクション:スラッシュ(消費SP:2)
    [射程内]の相手ユニットからランダムに1体選びその[横一列]に居るユニットに《このユニットの[攻撃力]分》のダメージを与える。

通常時は平凡なステータスだが、ランクアップで爆発的な強さを発揮するユニット。

ただし、ランクアップに必要な属性値が9と非常に高いため、上でも触れているように復讐の子『ユーニ』のオープンスキルでランクアップさせるのがいいだろう。

相手も警戒するはずなので、このユニットを囮にしてほかのユニットで攻めていくという手も考えられる。

ランクアップとは

属性値が条件を満たしているとユニットのステータスが上昇する、ゴウエン独自の強化システム。

ランクアップを持っているユニットは多いため、ゴウエンは属性値を上げる意味がほかの神族よりも大きい。

ランクアップは基本的にゴウエンの属性値上昇で発生するが、復讐の子『ユーニ』のオープンスキルを使えば属性値に関係なく発生させることもできる

魔法の発動がカギを握る「ファルカウ」

ファルカウには魔法カードが多く存在し、魔法を使った変則的な攻めが得意。ユニットも、魔法の発動回数がスキルの発動条件になっているものもある。

魔法は自分のユニットにも効果を及ぼす場合もあり、上級者向け。カードゲームの熟練プレイヤー向けの属性と言える。

初心者デッキは、戦いやすいようユニットでの戦闘重視で構成されている。これはこれで、なかなか強い

こんな人におすすめ!

  • カードゲーム上級者
  • 魔法で変則的に戦いたい人

デッキレシピ

シールド名LP
闇からの啓示1
竜殺しの矢1
精神の集中1
暗闇の覆い2
邪悪な占い3
カード名種類レベル枚数
光の精霊ユニット13
水の精霊ユニット12
魔術の使い手ユニット23
深海の悪魔ユニット23
海割の爪ユニット33
白鳥の魔法戦士ユニット33
海底の猟師蟹ユニット33
魔術師見習い『ジェニー』ネームド22
飛行魔法11
返却魔法31
大突風魔法21

ファルカウは魔法が得意な属性ではあるが、初心者デッキはユニットによる戦闘を重視したシンプルなタイプ。

序盤は「魔術の使い手」で魔法の発動回数を増やしつつ、「深海の悪魔」や「海割の爪」を展開していく。

強敵に対しては、「水の精霊」のオープンスキルや「返却」などで対応。ただし、ファルカウならではの強みが出しにくいため、早めに強力な魔法カードを組み込みたいところ。

注目カード:返却

スキル

  • オープン:返却(消費SP:0)
    [レベル3以下]のユニットから1体選び[デッキ]に戻す。

レベル3以下のユニットが対象なので、初心者デッキに入っているユニットならほとんどすべてをデッキに戻すことができる。

ステータスアップしたユニットなど、強敵を一瞬でバトルエリアから除外できるのはありがたい。

返却とは

レベル3以下のユニットをデッキに戻すことができる魔法。

手強い相手ユニットに対して使うのが基本だが、オープンスキルが強い自分のユニットをデッキに戻して再利用するという使い方もできる。

ユニットだと、「魔術師見習い『ジェニー』」が似たようなアクションスキルを持っている。初心者デッキ同士であれば、大抵のユニットは対象になるので便利だ

(C) Coreedge Inc
(C) So-net Game Studio Limited
※画像は開発中のものです。正式サービス開始時のものと異なる場合があります。