アルテイルNEO徹底攻略

アルネオ【攻略】: 神殿騎士が台風の目に!?「聖域攻防戦」注目カード先取り情報!

『アルテイルNEO』(以下、アルネオ)にてまもなく追加予定の新カードパック「聖域攻防戦」では、N、HNのカードも大量追加され、最大規模のアップデートとなる。今回は、追加されるカードの中でも特に注目度が高いリフェスの神殿騎士タイプのカードについて、先取り情報を公開していこう!

  1. 神殿騎士団1番隊
  2. 神殿騎士団2番隊
  3. 神殿騎士団3番隊
  4. 聖域の鍵
  5. 騎士隊長『シャーティア』
  6. 騎士隊長『リドレーア』
  7. 遊撃隊長『ニヴェス』
  8. 観測騎士『アーノ』
  9. 強襲作戦
  10. 1~3番隊→リドレーア→ニヴェスの流れが強そう!

速さで攻めるリフェスデッキが作れる!

これまでの追加カードパックは、ユニットカード8枚+シールドカード2枚という計10枚の小規模構成だったが、今回の「聖域攻防戦」ではなんと合計100枚以上のカードが追加予定。

N、HNのカードも大量に追加されており、各属性気分を一新してプレイできることだろう。

本稿では、新カードの中でもかなり強そうな、リフェスの神殿騎士タイプのカードについて紹介していこう。今までのリフェスとは違い、速さで攻められるアグレッシブなデッキが組める。

HNの「神殿騎士団○番隊」のカードは、相互にバフ(強化効果)を与え合うことができ、低レア度ながらも強力な布陣を敷くことができる

HNの注目カード

神殿騎士団の1~3番隊カードが追加されている。低レア度の割に、3枚でそろえると高いシナジー(相乗)効果を得ることができ、使いやすさは満点。

神殿騎士団1番隊

隊員の中では最もHPが高いため、前衛に向く。オートスキルで神殿騎士のユニットの数だけ攻撃力が上げられるため、盤面が整えば火力も侮れない。

最初に出して、前線を守りつつ場を固めていくというのが主な使い方になるだろう。

神殿騎士団2番隊

こちらはオートスキルで防御力を上げることができ、神殿騎士ユニットが3体いれば15も防御力をアップできる。

場を固めた状態で「守備力強化」なども併用すると、かなり強そうだ。

神殿騎士団3番隊

3番隊はHPが低いものの、速さが4ととても速い。さらに、オートスキルで神殿騎士の速さを2アップし、味方全体をスピードアップできる。

ローティアの「混沌の美女『アンナローゼ』」のような感覚で使えるだろう。

射程が2なので、1~2番隊を先頭に並べて、その後ろにつけるのがよさそうだ。3番隊まで出し切れれば、強固な前線を築くことができる。

聖域の鍵

ユニット1体の攻撃力を0にしつつ、防御力を20アップするという特殊な魔法カード。

ターンをまたいでも効果が継続するので、リフェスが苦手な「深淵の剣士『ジルヴェスタ』」に超有効なのがうれしい。

SP調整は必要になるが、「竜皇帝『ジュッズヴァー』」に対しても使えそうである。

R~LRの注目カード

高レア度帯には、神殿騎士の隊長カードが追加される。

墓地回収や攻撃無効の付与など、隊長だけに強力なスキルが使えるので、フィニッシャーとして使っていきたい。

騎士隊長『シャーティア』(R)

シャーティアのスタートスキルは、味方すべての神殿騎士のHPを増加させられるという超強力な内容だが、速さが1以下になっていないと発動できない。

待機すると自分の速さを1にすることができるので、余裕があるときに待機させて耐久力を増加していこう。

騎士隊長『リドレーア』(R)

リドレーアは、速さが4と高めなのに加えて、場に神殿騎士が3体以上いた場合に攻撃無効を付与するスタートスキルが使える。

スタートスキルが発動できれば、前線はそうそう崩されないだろう。重ねがけできるテキストスキルも強力だ。

遊撃隊長『ニヴェス』(SR)

SRカードのニヴェスは、リフェスでは初となるオープンスキルでダメージを与えられるユニット。

初期攻撃力は0だが、オートスキルでかなり上昇できるので実際は相当の火力が出せる(神殿騎士が4体いれば60まで上昇)。

後半に出して、フィニッシャーとして運用していくのがメインになるだろう。墓地回収のテキストスキルもありがたい。

観測騎士『アーノ』(LR)

LRのアーノは、バトルエリアに関連するスキルを所持した特殊なユニット。

オートスキルで指定した相手ユニット1体をランダムに移動させることができ、これで移動させた相手をアクションスキルで攻撃、というスタイルを得意としている。

アクションスキルの範囲攻撃が強烈なので、ニヴェスと同じくフィニッシャー向け。スキルやステータスが神殿騎士の数に影響されないため、さまざまなデッキで使えるだろう。

注目のシールド

「聖域攻防戦」では、なんと合計20枚ものシールドカードも追加される。今回は、その中でも神殿騎士デッキと相性がよさそうな1枚を紹介しよう。

強襲作戦(SR)

指定した1体の相手にダメージを与えつつ、墓地回収ができるという新しいタイプのシールド。今回紹介している神殿騎士ユニットは全員レベル3以上なので、回収対象だ。

墓地回収という性質上、3~4枚目の後半にセットするのがいいだろう。前半戦で墓地送りになった1~3番隊を回収できれば、継戦能力が大幅に上がる。

1~3番隊→リドレーア→ニヴェスの流れが強そう!

実際のバトルでは、1~3番隊を順番に出していき、そこからリドレーアで攻撃無効を付与していくのが強そうだ。

終盤はニヴェスを出し、高火力で殴りつつ墓地回収していく。

シャーティアとアーノは使い方にクセがあるので、上級者向けと言える。

ノートに何が書かれているかは不明だが、リドレーアのスタートスキル発動条件を満たせればだいぶ有利になる

しっかりユニットが展開できているなら、終盤のニヴェスはかなり強い。HPが低いので、後ろに配置することを心がけよう

うまく機能させれば、ローティアのような速度バフ+ゴウエンのようなオープンスキル攻撃ができるので、強力デッキのいいところを寄せ集めたような形になる。

これまでのリフェスにはなかったタイプのデッキが組めるので、新カードが追加されたらみなさんもぜひ神殿騎士デッキを使ってみよう!

(C) Coreedge Inc / (C) So-net Game Studio Limited
(C) Coreedge, All Right Reserve
※カードのステータスやスキル内容は開発中のものです。正式サービス開始時のものと異なる場合があります。