アルテイルNEO徹底攻略

アルネオ【攻略】: 再アクションが強烈!「聖域攻防戦」版戦闘用魔法少女デッキ解説

『アルテイルNEO』(以下、アルネオ)の第2弾カードパック「聖域攻防戦」では、戦闘用魔法少女シリーズにも、強力な新カードが追加されている。今回は、初心者にも使いやすい新型の魔法少女デッキについて解説していこう。

  1. デッキ構成
  2. 戦闘用魔法少女【霊体型】(HN)
  3. 指揮官『スカーレット・ローズ』(SR)
  4. 地獄の炎『ベルフィーナ』(LR)
  5. 死者の息吹(LR)
  6. デッキの戦術
  7. 入手しやすい強化型もおすすめ!

魔法少女の指揮官が強力!

第2弾では、ローティアの戦闘用魔法少女シリーズに指揮官のネームドユニットが追加。それぞれが強力なスキルを持っており、魔法少女デッキが大幅にパワーアップしている。

また、クローズしている魔法少女ユニットを全員復活させてしまう驚異のユニットも登場していて、復帰力も高い。ローティアの新たな流行デッキになっていきそうだ。

第1弾ではローティアのSR、LRの魔法少女ユニットがおらず(「調整体『ノゼ』」は属性がファルカウ)、強力なデッキが組みにくかったが、今回はラインナップが充実!

また、第2弾では神殿騎士にも大量にカードが追加されていて、使いやすいデッキが組める。こちらもぜひチェックしておこう!

初心者の方は、こちらの記事を読んでルールやバトルの基本を覚えていこう。

デッキ構成

シールド名LPシールドスキル
死者の息吹
1[未アクション]の相手ユニットから1体選び40ダメージを与える。ダメージを与えた場合、相手の[SP]を2減らす。(ダメージが0の場合も含む)
冥府の小匣
1すべての相手ユニットを[アクション終了]する。自分の[SP]を1増やす。
強襲作戦
1相手ユニットから1体選び40ダメージを与える。自分の[墓地]から[レベル3以上]の[カード]をランダムに3枚[デッキ]に戻す。
生命の雨
1[クローズ状態]のすべての自分ユニットを[復活]する。
同盟条約
3すべての自分ユニットの[防御力]を0にする。
カード名枚数主なスキル
光の精霊
3オープン:自分の[SP]を2増やす。
戦闘用魔法少女【霊体型】
2テキスト:このユニットは[攻撃]の効果を受けず対象にならない。
混沌の美女『アンナローゼ』
3スタート:このユニット以外の[ローティア]のすべての自分ユニットの[攻撃力]を10、[速さ]を1増やす。この効果はターン終了時まで持続する。
原型の魔法少女『オペレッタ』
3スタート:[戦闘用魔法少女]のすべての自分ユニットの[攻撃力]を10、[速さ]を1増やす。この効果はターン終了時まで持続する。
指揮官『ヴァイオレット×2』
3オート:[戦闘用魔法少女][ネームド]のすべての自分ユニットの[攻撃力]を20増やす。この効果はターン終了時まで持続する。
指揮官『スカーレット・ローズ』
3オート:[戦闘用魔法少女][アクション終了]の自分ユニットから1体選び[未アクション]にする。
指揮官『ホワイト・リリー』
3オープン:[戦闘用魔法少女][ネームド]の自分ユニットから1体選び[最大HP]を20、[攻撃力]を10、[レベル]を2増やし、[HP]を20回復する。
戦闘用魔法少女/狙撃型
1オープン:【発動条件:自分のバトルエリアに[戦闘用魔法少女]が2体以上居る】相手ユニットからランダムな1体を[アクション終了]する。
地獄の炎『ベルフィーナ』
2オープン:[戦闘用魔法少女][クローズ状態]のすべての自分ユニットを[復活]させる。
魂の契約
1オープン:自分ユニットから1体選び[墓地]へ送る。送った場合、自分の[SP]を3増やす。
破棄再生
1オープン:自分の[墓地]から[戦闘用魔法少女]の[カード]をランダムに3枚[デッキ]に戻す。

初ターンに「戦闘用魔法少女【霊体型】」を出して相手ユニットを足止めしつつ、後続ユニットを展開して速さバフ(強化)をかけていく。

強烈なのが、「指揮官『スカーレット・ローズ』」のオートスキルによる再アクション。未アクションにすることでオートスキルも再度発動するので、うまく使えば攻撃力の増加量がすさまじい数字になる。

メインとなるカードを紹介していこう。

戦闘用魔法少女【霊体型】(HN)

攻撃力が0だが、レベル2かつ攻撃無効を持っているので、初ターンから壁として活躍してくれる。クローズスキルがあるため、相手としては撃破も迷うところだろう。

攻撃力は「混沌の美女『アンナローゼ』」「原型の魔法少女『オペレッタ』」のスタートスキルで増強できるため、場が固まってくれば攻撃にも参加できる。

指揮官『スカーレット・ローズ』(SR)

アクション終了している魔法少女ユニットを、未アクションに戻すという驚異的なオートスキルを持つ。

速さが3なので、速さ4以上の魔法少女は確定で再アクション可能、同じ速さ3の場合はランダムだ。

速さ4の「指揮官『ヴァイオレット×2』」は確実に2回アクションさせられるので、これでコンボを組み立てていく。

地獄の炎『ベルフィーナ』(LR)

こちらは魔法少女ではないが、オープンスキルでクローズしている魔法少女ユニットをすべて復活させることができる。

強力な全体攻撃を受けて自陣が壊滅しても、ベルフィーナを出せば即時復活だ。

アクションスキルですべての相手ユニットの射程を減らすこともでき、オープンスキル使用後も活躍していける。

加えて、第2弾ではシールドカードも大量に追加されているので、新シールドを組み込んでみた。今回はこちらのシールドを使っている。

死者の息吹(LR)

未アクションの相手に40ダメージ与えつつ、SPも減らせる新シールド。

今回のデッキはすばやく展開したいので、相手のSPを減らせるのは非常にありがたい。

霊体型が攻撃無効なので、シールド発動タイミングが安定させやすい点もグッド。

デッキの戦術

本デッキの戦術は、非常にシンプル。初ターンに霊体型をセットして相手ユニットを足止めし、そこからアンナローゼ、「光の精霊」、オペレッタを展開。

そこから魔法少女の指揮官ユニットを出してバフをかけながら、ひたすら攻撃していくという流れだ。

アンナローゼとオペレッタで速度バフをかけられるため、ほとんどのデッキに対して速さで勝てる。ほぼ攻撃していくだけでいいので、攻め方もシンプル

全体的にユニットのHPが低いため、強力な全体攻撃を受けると一気にクローズさせられてしまうが、そういった場合はベルフィーナを出して即復帰。

バフが切れると弱体化してしまうので、フォーメーションを乱されないように注意しよう。

序盤:霊体型からオペレッタまで出して下地を整える

今回のデッキは、初手から4ターン目までは決まったパターンでOK。

  1. 霊体型(前列)
  2. アンナローゼ(後列)
  3. 光の精霊(前列)
  4. オペレッタ(中列)

の順で出していこう。同型デッキでないなら、バッティング(※)の心配はまずない。

※同じターンにお互いに同ユニットをセットした場合「バッティング」が発生し、両者のユニットが墓地送りになってしまう(オープンスキルも発動しない)

霊体型は攻撃無効な上、魔法やシールドスキルを受けてもクローズスキルで反撃できる。序盤では安定の壁役だ

中盤:指揮官ユニットを出して攻撃開始!

光の精霊からは、ヴァイオレットとスカーレット・ローズを出して、本格的な攻撃を開始。

行動順は、ヴァイオレット→オペレッタorスカーレット・ローズという流れになるので、スカーレット・ローズのオートスキルでヴァイオレットを再アクションさせられる。

ヴァイオレットを未アクションにすると、オートスキルでさらに攻撃力が20アップ。アンナローゼ、オペレッタの強化分と合わせると、なんと60も上がってしまう……!(霊体型はネームドではないので対象外)

アンナローゼとオペレッタが健在なら、先手を取り続けて相手にほぼ何もさせないといったことも可能だ。

魔法やオープンスキルで、この2人がやられないように気をつけよう。

終盤:ホワイト・リリーをセットしてフィニッシュ!

スカーレット・ローズまで出せたら、いよいよ大詰め。あとは「指揮官『ホワイト・リリー』」をセットして、オープンスキルでスカーレット・ローズを強化し、とどめを刺しにいく。

ホワイト・リリーのオープンスキルは、HPと攻撃力だけでなく、レベルも上げることができる。返却に強くなるので、前線がより強固になる

ホワイト・リリーは速さが2のため、攻撃力バフをフルに受けきった状態で行動できる。

フル強化状態の「リリー・ウィップ」が超強力なので、強敵相手にはアクションスキルで対応していこう。

リリー・ウィップは、防御無視ダメージを2回繰り返す。攻撃力をフルに強化していれば、一気に2体ずつ相手ユニットをクローズさせていける

入手しやすい強化型もおすすめ!

第2弾では、今回使用しているカード以外にも「戦闘用魔法少女/強化型」が追加されている。

HNなので入手しやすく、不死・霊体ユニットで言うリフレッシュ持ちなので使いやすい。

攻撃力は平凡だが、バフで大幅にアップできるのでじゅうぶんと言える。アクションスキルはクセがあるが、威力はなかなかである

スカーレット・ローズやホワイト・リリーが入手できなかった場合、こちらで代用していくといいだろう。

(C) Coreedge Inc / (C) So-net Game Studio Limited
(C) Coreedge, All Right Reserve