モダコンVS徹底攻略ガイド モダンコンバット Versus 公式Twitter

モダコンVS【攻略】: タイプ別エージェント解説 チャプカ編

3月13日(火)、『モダンコンバット Versus』(以下、モダコンVS)にスペシャリストの新エージェント「チャプカ」が追加された。敵を引き寄せる性能を持った罠を仕掛けることができ、射撃も強力。今回は、チャプカの性能と使い方について解説していこう。また、バージョン1.4.20アップデートのエージェント調整内容についても、まとめて紹介する。

  1. チャプカの性能
  2. ゾーンコントロールでの戦い方
  3. バウンティでの戦い方
  4. チャプカ対策
  5. バージョン1.4.20アップデート内容について

ショットガンと設置型の罠が強力!

チャプカは、高火力のショットガンに加えて、設置型のアビリティ「ザップトラップ」(以下、トラップ)を搭載している。

トラップは周囲にダメージを与えるだけでなく、敵を中心に引き寄せるという特殊な効果を持つ。

火力が高いため、攻めていくことはもちろん、トラップを使った待ち伏せ、奇襲も得意。

スペシャリストらしく、幅広い戦術が取れるエージェントである。

くわしくはアビリティの項目で解説するが、トラップはとにかく強烈。アビリティを絡めたオフェンス力はトップレベルだろう

チャプカの性能

ステータス

  • タイプ:スペシャリスト
  • アンロックに必要なダイヤ:1,500

チャプカは、「クルト」「セブン」に続く第3のスペシャリスト。

体力は低めだが、ショットガンの火力が非常に高く強烈だ。

全体的には、「スイフト」にクルトのアビリティを持たせたような性能で、攻撃面に特化している。

武器:DIO-32 SHOTGUN

  • 装弾数:8
  • ダメージ:1,300(260×5、レベル1の状態)

弾速が速く、精度も高いショットガン。当てやすく、使い勝手は良好。

距離が近くなると威力が上昇するという特性があり、至近距離でフルヒットさせたときのダメージは壮絶だ。

射程距離は短めなので、なるべく接近して当てるようにしたい。

威力が高い上に、弾速、精度のおかげで命中させやすい。近距離でのキル力は相当なもの

アビリティ:ザップトラップ

  • アビリティコスト:6

自分の前方に、電磁波を発するオーブを設置する。持続時間は4秒ほどで、範囲内にいる敵はダメージを受け続ける(自分、味方には影響なし)。

また、オーブには敵を引き寄せる効果があり、少しの間敵をトラップ内に釘付けにできる。

トラップを発動すると、銃から前方にオーブを射出する。照準の少し下に設置されるため、上を向いていると遠くに、下を向いていればすぐ近くに置くことができる

トラップに捕まった敵は、少し浮いたような状態になり、ほぼ移動不可能に。集中砲火の大チャンスだ

電磁波の広がる範囲はかなり広く、敵の密集地帯で使えばまとめて拘束できる。

重要なダメージソースになるので、発動までにかかる時間や攻撃範囲はしっかり頭に入れておこう。

代替アクション:照準をのぞく

チャプカの代替アクションは、照準をのぞいての精密射撃。

体力が低いので、常時狙うのは危険だが、トラップで拘束した敵を狙い撃ちにするなど、アビリティと組み合わせることによって真価を発揮する。

ショットガンのフルヒットダメージは壮絶なので、チャプカの扱いに慣れてきたら使ってみよう。

銃の射程が短いため、狙撃には向かない。アビリティと組み合わせて、確実にキルを取るときに使うべきだろう

チャプカの戦い方:ショットガンで攻めつつ敵陣にトラップ!

チャプカはショットガンが高性能なので、通常射撃だけでもだいぶ戦っていける。

普段は味方と協力して、敵に接近する機会をうかがおう。

「タワー」や「ローネン」など、接近戦が得意なディフェンダーと組むと戦いやすい。切り込んでもらって援護するもよし、自分が敵を引きつけて味方に攻撃してもらうもよしだ

高火力だが体力が低いため、1vs1はなるべく避けたい。特にディフェンダーとの戦いは体力差から不利になるので、早めに味方と合流しよう

アビリティがたまったら、敵が密集しているところを狙っていく。

ゾーン内のように、敵が集まりやすい場所が狙い目だ。

うまく複数の敵を巻き込めたら、それだけで試合が決まることもある。トラップの扱いにはしっかり慣れておこう。

ゾーン周辺は敵が集まりやすいので、トラップをうまく使えば2人、3人と敵を巻き込める。この状態で味方と一斉射撃すれば、一網打尽だ

チャプカを使うコツ!

  • 味方と組んで接射を狙う!
  • 体力が低いので単独行動&突撃は避ける!
  • トラップは複数の敵を巻き込むように設置!
  • トラップからの一斉射撃で大量キルを取る!

ゾーンコントロールでの戦い方

トラップの性質上、チャプカはゾーンコントロールのほうが強みが出しやすい。

防衛でも奪還する場合でも、トラップが大活躍してくれるだろう。

防衛時は、ディフェンダーと組んで戦える状況も増えるため、非常にやりやすい。侵入してきた敵をトラップで確実に仕留めておくのもアリだ

ゾーンを奪還しに行く際、敵が複数固まっている状況はほかのエージェントだとピンチだが、チャプカならトラップを狙うチャンスでもある

防衛時は、味方と組んで侵入してきた敵を撃破しつつ、複数の敵が突撃してきたらトラップ。

奪還するときも、敵が固まっているところにトラップを設置することで一気に崩せる。

ゾーンコントロールで逆転の糸口がつかめないときは、チャプカでトラップを狙いにいくといいだろう。

バウンティでの戦い方

バウンティの場合は、敵が固まっている状況が少なくなるので、トラップの使い所が難しい。

基本的には、敵1人を確実にキルするために使っていくべきだろう。

ローネンは、得意距離が似ている上に、こちらは「ディフレクトアーマー」の対抗手段がほぼないのでかなり苦手。バウンティでローネンに遭遇したら、トラップの使用も考えよう。発動までタイムラグがあるので、早めに使うこと

逆に、ローネンが味方だと、心強いことこの上ない。敵がローネンに気を取られているスキに、ショットガンで撃ちまくろう

バウンティでは、味方といっしょに行動しつつ、要所要所で確実にキルを取るためにトラップを使っていこう。

もちろん、敵が密集していたらそこで使い、一気に巻き込むのを忘れずに。

マップの特徴を覚えておき、待ち伏せでトラップを使うのも手だ。

チャプカ対策

トラップが無法な強さを誇るチャプカではあるが、体力が低く射程距離も短いという弱点がある。

対策としては、主に

  • タワー、ローネンなど高体力エージェントでパワー勝ちを狙う
  • 「セブン」「モナーク」などで遠距離から狙撃して倒す

の2つ。要は、極端な接近戦、遠距離戦は苦手である。

人気が高いタワー、強化されてこれから使用率も上がりそうなローネンが苦手なので、チャプカはPvPだと意外と苦戦するかもしれない。

迫り来るローネンは、チャプカだと恐怖の対象。トラップは発動までが遅いため迎撃に向かず、射撃も跳ね返される可能性が高い。逃げようにも、足が速くもなく……と不利な要素が満載だ

ショットガンは射程が短いため、モナークの狙撃にもお手上げ。相手チームにチャプカがいたら、セブンやモナークでの狙撃で撃退するのもおすすめ

ほかのエージェントを使っている場合は、遠距離戦が苦手というところを突いていこう。

ある程度離れるとショットガンがまったく届かなくなるため、大抵のエージェントなら射程勝ちできる。

トラップも、遠距離の敵に的確に当てるのは激ムズなので、離れていればだいぶ安全だ。

バージョン1.4.20アップデート内容について

今回のアップデートでは、チャプカの追加以外にも、エージェントのバランス調整やバグ修正などが実施されている。

エージェントの調整内容についてまとめていこう。

チャプカ

  • 「ザップトラップ」の半径を8メートルから6メートルに減少
  • 弾薬を10から8に減少

チャプカは、トライアルのバージョンから修正が加えられている。

トライアル版では、今よりもさらに強かったようだ。

クリーパー

  • 体力が14%減少
  • 「ボルテックスラトル」のストック数が3から2に減少

クリーパーは若干弱体化。アビリティでの撹乱や奇襲が、少しやりにくくなっている。

とはいえ、武器の火力は変わっていないので、ていねいに立ち回ればまだまだ戦えるだろう。

ストック数が減ってしまったものの、ボルテックスラトル後の射撃強化は健在。以前ほど乱用ができなくなっただけで、まだ第一線で戦っていける

ノックス

  • 銃のダメージが4%増加
  • タレットのダメージが10%増加

アップデートのたびに弱体化されてきたノックスだが、今回は少しだけ上方修正。通常射撃もタレットもダメージが上がり、キルが取りやすくなっている。

ノックスは装弾数が多いので、少しのダメージアップでも総合的な火力で見るとかなり大きい。正確に射撃をヒットさせていこう

ローネン

  • コンボの1段目、2段目のダメージが13%増加
  • 攻撃範囲を1.5メートルに縮小

前回のアップデートで大幅強化されたローネンであるが、今回はなんと火力がアップ。

攻撃範囲が狭くなっているものの、違和感は特にない。ストックできるようになったディフレクトアーマーと強烈コンボで、大暴れできそうだ。

強化続きのローネン。新エージェントのチャプカにも有利に戦えるので、今バージョンでは大活躍できるだろう

セブン

  • 「トラックナイフ」のアビリティコストを5から4に変更(たまりやすく修正)
  • トラックナイフの持続時間を6秒に短縮

セブンは、アビリティに微修正が入っている。

トラックナイフの持続時間がさらに短くなってしまったが、コストが減少しているため、発動できる回数が増えた。

射撃に関する不具合も修正され、快適に連射することができる。狙撃に探知にと、今回のバージョンでは忙しくなりそうだ。

周辺から敵がいなくなったら、とりあえずトラックナイフを投げておけばOK。余裕があれば、直接ヒットも狙ってみよう

(C) 2017 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries.
(C) KAYAC Inc. All Rights Reserved