逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 新エリア「策略の森」ステージ・ドロップ情報

  • 2016年07月06日

7月6日(水)14:00より、クエストに新エリアが追加されている。こちらの記事では、エリア13をクリアするとプレイできるようになるエリア14「策略の森」の情報をお届けしよう。

  1. STAGE1
  2. STAGE2
  3. STAGE3
  4. STAGE4
  5. STAGE5

新エリアで「狗神」と「鬼童」を入手しよう

クエストに新たなエリアが2つ追加されているが、敵がガチャやウィークリーイベント(闘技場)のキャラクターを使ってくるので、どちらも難易度は高めだ。

エリア14は魔属性リーダーのステージとなっているので、カウンター・罠ばかりを使用してくる。そのため、竜属性をメインとしたデッキで挑むときは気をつけよう。

ここからは新エリアのステージの詳細と、ドロップするキャラクターを紹介していこう。

STAGE1 「紅い悪魔」

消費体力: 27 バトル数: 1 獲得経験値:589 獲得ゴールド: 5,689

相手のデッキのHPは10,098。使用してくる駒はリーダーのベリトがメインだ。この他にはラミア、マーナガルム、ダークアサシンを使用してくる。

もちろん相手の初手はベリトなので、こちらはATKの低いキャラクターを初手で置き、罠スキルによるダメージを少しでも抑えるようにしよう。

ここでは「ベリト」が一定確率でドロップ。この他にも以下の進化アイテムがドロップする。

  • アメジスト
  • ペリドット
  • ラピスラズリ
  • エメラルド

STAGE2 「冥界の神」

消費体力: 27 バトル数: 2 獲得経験値:1,224 獲得ゴールド: 11,829

相手のデッキのHPは、バトル1が10,785、バトル2が10,870。このステージで使用してくる駒はリーダーのアヌビスではなく、罠スキルを持ったカミュがメインだ。

両バトルともにカミュを初手から2連続で使ってくるので、それまでは大ダメージを与えられるキャラクターは控えておこう。

ここではキャラクターのドロップはなく、マナストーン以外の宝石が一定確率でドロップする。

※ リーダーのアヌビスはドロップしないので、アヌビス目当てで周回はしないこと

STAGE3 「呪詛の魔犬」

消費体力: 27 バトル数: 2 獲得経験値:1,315 獲得ゴールド: 12,743

相手のデッキのHPは、バトル1が11,760、バトル2が12,371。このステージで使用してくる駒は、リーダーの罠スキルを持った狗神がメインだ。

このキャラクターはひっくり返さなければこちらにはダメージが返ってこないので、避けながら攻撃をしていこう。

ただし、相手の3手目以降は攻撃時にダメージを与えるカミュを使ってくるので、こちらは積極的にひっくり返していく。

ここでは、今までガチャでしか排出されなかった「狗神」が一定確率でドロップ。この他にもマナストーン以外の宝石が一定確率でドロップする。

STAGE4 「鞍馬の鬼火」

消費体力: 28 バトル数: 3 獲得経験値:2,253 獲得ゴールド: 21,916

相手のデッキのHPは、バトル1が13,412、バトル2が13,537、バトル3が14,813。ここからは盤面も変わってくるので確認しておこう。

各バトルで使用してくる駒は、リーダーの鬼童がメインだ。この他には、前回までのステージにも登場したラミア、カミュを使用してくる。

長期戦になると、超駒パレード限定のキャラクター「ポーリュプス」も使ってくるので、なるべくひっくり返さないようにしていこう。

ここでは「鬼童」が一定確率でドロップ。この他にもマナストーン以外の宝石が一定確率でドロップする。

STAGE5 「恨み連なる黄泉神」

消費体力: 28 バトル数: 3 獲得経験値:2,505 獲得ゴールド: 24,431

相手のデッキのHPは、バトル1が14,396、バトル2が15,314、バトル3が15,848。各バトルで使用してくる駒はリーダーのイザナミがメインだ。

5手目ぐらいまではイザナミとラミアしか使ってこないので、なるべくひっくり返さずに自身の駒のコンボスキルを使ってダメージを与えていこう。

ここではキャラクターのドロップはなく、マナストーン以外の宝石が一定確率でドロップする。

※ リーダーのイザナミはドロップしないので、イザナミ目当てで周回はしないこと

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse