逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

逆転オセロニア【攻略】: 「決戦!ヤシ」上級攻略速報

  • 2017年07月05日

7月5日(水)12:00より、決戦イベント「ヤシ」が開催されている。このヤシは、今回のエクストラパックから排出されるフィーニアの闘化素材となっているので、闘化に必要な数を集めておこう。

決戦イベント「ヤシ」に挑戦

「決戦!ヤシ」をクリアすると一定確率で竜属性のA駒の「ヤシ」が入手できる。

この駒は、同時開催の「エクストラパックVol.10 -太古の豪傑-」で排出されるS駒「フィーニア」の闘化素材となっている。

ヤシは、決戦イベントでは初となるコンボスキルが備わった回復のオーラスキルをもつ駒だ。

ガチャから排出されるウケモチよりも回復力の上昇率は高く、コンボスキルの条件もお手軽なので、回復デッキを使ってみたいと思っている人は、育てておくといいだろう。

フィーニアの闘化素材

  • ヤシ×4
  • オデット×2
  • ゴディア×3

【上級】リザレクトティーに挑戦

注意しておきたい相手の駒

今回のステージでは、2種類の像が設置されている。

回復効果をもった女神像はあまり脅威ではないが、防御スキルをもつ像は通常攻撃が70%まで抑えられてしまう。

ただ、貫通スキルをもつ竜駒ならその効果も受けないので、火力に特化した竜デッキ、もしくは回復スキル対策をした魔属性デッキで挑戦するといい。

攻略デッキ

相手が毒や回復スキルをメインとしたデッキなら、魔属性のアンデッドスキルが効果的!

今回の相手は、毎ターン回復スキルを使ってくるため、フレデリカとミヤビで対策しつつ、ダメージマスで自滅を誘うことが目的のデッキで攻略していく。

盤面の駒数が多くなってくると、闘化レムカや進化コギトなども使ってくるので、特殊ダメージ専用の罠スキルも用意しておくと、よりスムーズに攻略できるはずだ。

おすすめ助っ人駒(魔属性デッキの場合)

  • 剛羅(闘化)
  • ドルシー(闘化)
  • フルカス

ステージ情報と攻略のポイント

バトル1

最初のバトルでは、毎ターン相手のHPが200回復していく女神像が、盤面の右下に設置されている。

この像自体は脅威ではないが、攻略に使っているデッキだと大きなダメージを与える駒自体が入っていないため、悠長に構えているとなかなか相手のHPを削りきれない事態に陥りやすい。

そのため、序盤からダメージマスを生成していき、相手がどこに打っても必ずダメージを受ける盤面にしていこう。

盤面すべてのマスを敵用ダメージマスで埋めてしまえば相手は避けようがない

バトル1の駒の順番

  1. 闘化アシュナリー
  2. エルフリーデ
  3. 進化キムン・カムイ
  4. 豹尾
  5. ケット・シー
  6. オーフェル
  7. 闘化ザフキエル
  8. 周瑜

バトル2

バトル2になると、以下の効果をもつ女神像が設置されている。

  1. 毎ターン200回復する
  2. 受けた通常攻撃を70%にする

盤面に永続防御スキルをもつ女神像にくわえて、進化フィーニアをひっくり返せない位置に置かれてしまうと、相手にダメージを与える手段が大きく限られてしまう。

その上、今回の攻略に使用したデッキだと、ダメージマスをうまく生成できないと逆にHP差で負けてしまう可能性も高い。

序盤から手駒の状況がよくない場合は、盤面の総駒数が増えていくのを待ちつつ、相手の出す駒にあわせて特殊ダメージ専用の罠スキルを仕掛けてみるのも有効。

特殊ダメージ罠以外の選択肢だと、大幅な回復を狙ってくるタイミングにアンデットスキルを発動するという戦法もありだ

バトル2の駒の順番

  1. ウンディーネ
  2. タロス
  3. サルース
  4. クロード
  5. 闘化トライアド
  6. フィーニア
  7. エフィー
  8. 天照大神
  9. エルピス

上記の魔属性デッキは確実に攻略することを目的としたデッキなので、周回にはやや不向きである。

もし、早く周回したいという人は貫通スキルをメインとした竜デッキを用意してみるといい。

ヤシのスキルレベルアップ確率は1体合成で50%、それ以上は5%ずつしか上がらないため、最大数まで素材にしても失敗する可能性もある。

上級さえクリアできるなら高い確率でドロップするため、スキル上げをする際は基本的に1体ずつ合成していこう。

参考動画

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse