逆転オセロニア 勝利のカギがここにある!逆転オセロニア 公式ツイッター
逆転オセロニア

2017年リアルイベントの締めくくり!「オセロニアンの宴 SPECIAL TOURS」東京会場レポ

  • 2017年12月19日

2017年12月17日(日)、『逆転オセロニア』の公式リアルイベント「オセロニアンの宴 SPECIAL TOURS」の東京会場が開催された。「オセロニアンの戦」ファイナリストや公式プレイヤーとの対戦をはじめとした楽しいコンテンツ盛りだくさんだったイベントの模様をお届しよう。

全国ツアーのファイナルは東京で開催!

南は福岡、北は札幌まで、日本全国7か所で開催された「オセロニアンの宴 SPECIAL TOURS」。

最後の会場となった東京会場には、多くのオセロニアンが終結。イベント開始前からあちらこちらで対戦が繰り広げられていた。

来場者同士での対戦は、スタンプラリーのスタンプを集める手段の1つとなっていた

スタンプを集めると、限定デザインのファウストがゲットできた

ステージ上には、けいじぇいPをはじめ、オセロニア公式イベントでお馴染みの面々が登壇。

ステージイベントのほか、来場者との対戦ブースも設けられ、演者とユーザーが一体となってイベント全体を盛り上げた。

また、今回の宴は、「オセロニアンの戦 2017夏」のファイナリストたちも駆けつけ、対戦ブースで来場者と対戦。こちらも大盛況だった。

出演者(敬称略)

  • けいじぇいP
  • 高梨悠介(オセロ世界チャンピオン)
  • タイガー桜井
  • 宮坊
  • ちゅうにー
  • みそしる
  • ごはん

「オセロニアンの戦 2017夏」ファイナリスト

  • ぱてぃちえーる
  • キキ
  • いっせー@耐久
  • ほそドゥン
  • 社畜坊主@登山部
  • スコフィールド

左から、ごはん、けいじぇいP、タイガー桜井、宮坊、ちゅうにー、みそしる

オセロニアンの戦のファイナリストたち。左から、スコフィールド、社畜坊主@登山部、ほそドゥン、いっせー@耐久、ぱてぃちえーる、キキ

宴限定で販売されたパーカーとフェイスタオルをデザインしたハジメ☆ファンタジーさんも登場

こちらがハジメ☆ファンタジーデザインのパーカーとフェイスタオル。これを着れば、オセロニアンであることが一目でわかる!

初心者必見!高梨悠介オセロ講座

ステージでは、オセロ世界チャンピオン高梨悠介氏のオセロ講座も開かれた。

プレイヤーの中でも支持されている『攻略アプリ〜逆転の書〜 for 逆転オセロニア』のオセロ修行場を使って、初心者向けに駒の置き方が解説された。

序盤の駒の置き方は、過去にGame Deetsでも記事にしているが、後半で解説された、高梨氏が最近よく使っているという展開を紹介しよう。

自分が後攻(白)だとして、E3→D6と定石どおりに駒を置いていき、相手(黒)も3手目に基本どおりにB3に置いたらこの展開を仕掛けることが可能。

普通であれば、辺のA2にバフ・デバフや防御スキルなど、ひっくり返されたくない駒を置きたくなるが、あえてB4に駒を置く。

白がB4に置くと、黒は辺を取ることができる。これを逆手に取るのが、この戦略の肝となる

黒がA5の辺に駒を置いたら、次はD2に打ち、さらに相手を辺(C1)に誘う

ここまで進んだら、B2のX打ち。

相手にA1の角を取られてしまうが、相手の打ったA5の駒を利用して、左の辺とA6の角を取ることができ、かなり有利な盤面を作ることができるのだ。

ここでX打ち。一見すると悪手のようで、A1を黒に取られてしまうが、白の狙いはA6

A1を取られてしまい、盤面的に黒が優勢かと思いきや、ここまでくれば左の辺は白のもの

左辺の展開に注目。A5の黒があだとなり、白に独占されてしまう

A6の角だけでなく、辺のほとんどを取れる展開だが、欠点もある。

黒からしてみれば、左辺を白に譲る代わりに、2回ほどコンボスキルを決めることができる。

黒のデッキや引き次第では、白が左辺を攻める前に勝負がついてしまうこともあるだろう。

回復スキルが豊富な耐久デッキであれば、この展開に持ち込むと非常に有利になるはず。

もちろん、相手が竜デッキなどで、序盤からX打ちをしてきた場合は使えない戦略だが、覚えておいて損はない。一度、攻略アプリを使って、流れを確認しておこう。

宮坊VSタイガー桜井のチーム戦も

宴では、各会場で宮坊、タイガー桜井のそれぞれが来場者とチームを組んで戦う「最凶チーム決戦!」も開催。

来場者同士で対戦する「決戦!オセロニアンの輪」で3連勝したプレイヤーが両者とチームを組み、3VS3もチーム戦を行う企画だ。

これまでの会場では、すべてタイガー桜井チームが勝利を収めており、最終決戦となるこの日の勝負に、来場者の熱い視線が注がれた。

タイガー桜井チームのタカ(中)とむひたん(右)

宮坊チームのアズマ(左)とみさべがす(右)

どの対戦も、紙一重の攻防だったが、結果は2勝1敗で宮坊チームの勝利!

最後の宴の会場で一矢報いる結果となった。

「引きが良すぎてどれを出すか迷ったほど」というむひたんに、宮坊は「完敗でした」と一言

闘化スパルムや闘化ブランジェッタなど、毒で攻めたみさべがす。甘寧のアンデッドで回復に変換され万事休すかと思われたが、終始落ち着いたプレイでタイガー桜井に勝利

宮坊チームのアズマは第2回オセロニアンの戦で優勝した実力者。貫録を見せつけ、宮坊チームを勝利へ導いた

宴の会場は、これらのステージイベントのほか、射的やストラックアウト、高梨氏とのオセロ多面打ちなど、さまざまなコンテンツが用意されており、どれも大盛況。

それぞれ長蛇の列ができており、すべてのコンテンツを周りきれなかった人もいたくらいだ。

今後、宴に参加する際は、空いているところから周るのがおすすめ。

どのイベントもかなりの盛り上がり。今回のツアーでは、高梨氏の多面打ちで高梨氏に土をつけた人はいないとのこと

戦のファイナリストと公式メンバーとの対戦も大人気。筆者も来場者に紛れて、キキさんと対戦したが歯が立たなかった……

物販コーナーも設置。最近、グッズとしてハンドスピナーが用意されることが多いが、オセロニアもロゴ入りハンドスピナーを販売中! 宴でしか買えないものもあるので、オセロニアンなら一度は訪れたいイベントだ

取材を終えて、改めてオセロニアはユーザーの熱量が高いタイトルだと実感。

何人かの来場者と対戦をさせていただいたが、今回は負け越してしまったため、次回へ向けて精進したいところ。

話を聞くと、オセロニアを始めてから2ヶ月くらいの人も参加しており、初心者でも気兼ねなく楽しめたようだ。

2018年は2周年を迎えることもあり、ゲーム内だけでなく、リアルイベントも含め、さらなる展開に期待しよう!

今回、筆者が用意したデッキ。どちらもA、B駒を見直す必要があると感じた。魔デッキにハロウィン・アルカードとルキアを両方とも採用するのは、あまり機能しないことが多い印象。次回へ向けて調整を重ねる所存だ

(C) 2016 DeNA Co.,Ltd.
オセロは登録商標です TM & (C) Othello,Co. and Megahouse