• パズドラ【攻略】: 「極限大和ラッシュ」超絶地獄級 サリアトールパーティー ソロノーコン攻略

パズドラ【攻略】: 「極限大和ラッシュ」超絶地獄級 サリアトールパーティー ソロノーコン攻略

今回はサリアトールパーティーで「極限大和ラッシュ」に挑戦。本ダンジョンは五右衛門や大天狗など、究極進化した降臨ボスが立ちはだかる高難易度ダンジョンとなっている。

  1. ダンジョン攻略:1バトル目
  2. ダンジョン攻略:2バトル目
  3. ダンジョン攻略:3バトル目
  4. ダンジョン攻略:4バトル目
  5. ダンジョン攻略:5バトル目
  6. ダンジョン攻略:6バトル目
  7. ダンジョン攻略:ボス戦

耐久力と火力が要求される高難易度ダンジョン

本ダンジョンには、タイプバインドや全体バインドの攻撃が多く、バインド回復スキル1個だけで耐えしのぐことは難しい。バインド回復覚醒も併用して乗り越えていこう。

さらに先制大ダメージや、根性による持久戦で3万を超えるダメージにも耐え続けなければならず、高いHPも要求される。

さらに、ボス戦は1ターンで倒さないと全体バインドされてしまうため、1,800万以上を出せる火力もほしい。

ソロで挑戦するなら、耐久力強化のあるリーダーにエンハンスや強力な変換スキルも編成したパーティーで挑もう。

パーティー編成

今回使用するのは、リーダーとフレンドにサリアと覚醒トールを組み合わせたサリアトールパーティー。

両方合わせて光属性のHP2倍、攻撃力6.25倍、回復力2.5倍。スキル使用時、さらに攻撃力が2.25倍にアップする。

サリアトールは耐久力が高く、バトル6で受ける先制大ダメージ(37,414)を防御スキルなしで耐えることができる。

サブは属性強化中心の編成で、回復欠損防止として回復生成ができるモンスターやバインド回復役、そして攻撃変換役も入れてあらゆる場面の対策をしておく。

また、ラファエルや孫悟空のようなバインド回復の覚醒もあると便利だ。

※バアルには覚醒アマテラスのスキルを継承

1バトル目

「義愛の知将龍・カネツグ」が登場。先制で10ターンの間、状態異常を無効にしてくる。

カネツグはランダム1色を回復に変換しながら攻撃してくる。攻撃力はあまり高くないが、HP85%以下になると攻撃力を2倍にしてくる。2倍時は最大で35,472ダメージ。

それでも今回のパーティーでは余裕をもって耐えられるので、生成してもらった回復ドロップを使い、スキルを節約しながら倒した。

なお、HP50%以下では悪魔タイプ5ターンバインドを使ってくる。覚醒トールがバインドされたが、バインド回復覚醒を利用して対応。

2バトル目

2バトル目は以下の3種類のうち、どれかがランダムで登場する。

  • 「万物の妃神・イザナミ(光)」:先制10ターンスキル封印
  • 「黄泉の主神・イザナミ(闇)」:先制10ターン操作時間2秒減少
  • 「超絶キングメタルドラゴン」:先制999ターンの間攻撃力2倍

今回は光イザナミが登場。封印耐性が5個以上(100%)のパーティーなので、先制攻撃は無効化。

光イザナミはHP30%以下になるとお邪魔変換を使い、その後55,415ダメージを与えてくる。それ以外は25,000を超えるダメージがないので、持久戦に持ちこめる。

HP50%以上では光変換を使ってくるので、生成されたドロップを利用して攻撃する。50%を切ったら、後はスキルを使って一気に倒す。

なお、闇イザナミが出現した場合、攻撃は最大でも30,070ダメージ。HP50%以下で使ってくる神タイプバインドにさえ気をつければ、問題なく倒せる(今回は両リーダーとも神タイプではない)。

超絶メタドラの場合は、攻撃力が低いかわりに6ターン以内に倒す必要がある。防御力が1,500,000もあるが、アポロンの変換を使った2列消しでも簡単に貫通できる。

3バトル目

「竹取の翠月花・かぐや姫」が登場。先制で味方のHPを100%回復させてくれる。特性で根性(HP75%以下で解除)も持っている。

かぐや姫の基本行動は、闇を回復に変換したり、逆に回復を消したりしながらダメージを与えてくるほか、現HPの99%ダメージも使ってくる。

最大でも回復生成の21,965ダメージなので、サリアトールでは簡単に耐えられる。ただし、HPが減ってくると以下の行動をしてくる。

  • HP75%以下:悪魔タイプ2~3ターンバインド(1度のみ)
  • HP30%以下:35,144ダメージ+縦3と5列目を光に変換

バインドはカネツグの時同様、バインド回復覚醒で解除。30%以下の攻撃は耐えた後、生成されたドロップを利用して倒す。

4バトル目

「覚醒ワダツミ」が登場。先制で4コンボ以下の攻撃吸収を発動。

ワダツミにも回復ドロップ生成の攻撃があるため、HP3万以上を維持していれば基本的な攻撃はすべて耐えられる。生成された回復ドロップを使いながら耐久し、少しずつダメージを与えていく。

HP25%以下になると、77,356ダメージがいきなり飛んでくるので、確実に倒せるようHPを50%削ってから弱点ダメージで一気に攻撃する。

5バトル目

「覚醒ヒノカグツチ」が登場。先制で0~4ターンスキル遅延を使ってくる。また、特性で根性(HP50%以上)をもっている。

覚醒カグツチは根性を発動させても大ダメージの反撃はしてこないが、代わりに99ターンのスキル遅延を受ける。なるべく根性を解除させてから倒そう。

ただし、HPが約480万しかないため、うかつに光の列を組むと根性を発動させてしまう。

火力を出しすぎないよう気をつけながら、HPを削っていこう。不安なら、遅延スキルを使ってもいいだろう。

敵の基本行動は火と闇のランダム生成と、お邪魔や毒変換。ランダム生成で回復ドロップが消される場合もあるが、最大でも17,202ダメージまで。問題なく耐えられるだろう。

HP50%以下まで減らすと、全体2ターンバインドを使ってくる。

スキルでバインドを回復したいところだが、次の五右衛門戦でも全体バインドがあるので、なるべくスキルなしで耐えたい。

HP30%以下になると即死ダメージが来るので、バインドを解除したら一気に倒そう。

なお、次のバトルで先制37,414ダメージを受けるので、倒す前に回復や、必要であれば防御スキルを使っておくこと。

6バトル目

「天下御免の大泥棒・石川五右衛門」が登場。先制で999ターンの間状態異常を無効にし、37,141ダメージを与えてくる。また、特性で根性(HP50%以上)も持っている。

五右衛門は、HP80%以上だと毎ターン37,141ダメージを与えてくる。サリアトールの耐久力でも、これだけのダメージをしのぐことは難しい。

スキルを使って一気に根性を解除したいところだが、HP30%以下になると56,121の大ダメージがいきなり飛んでくる。削りきらないよう、火力は多少セーブしながら攻撃していく。

HP80%~30%の間、最大ダメージは33,672まで下がるが、代わりにランダムで3体を2~4ターンバインドの行動も追加される。

バアル(バインド回復)がたまっていない間は、バインド回復覚醒で解除させないといけない。回復ドロップはなるべく残すように意識して戦うこと。

次のボス戦では1ターン目で決着をつけたいので、サリアとアポロンのスキルをため、五右衛門は覚醒トールのスキルで攻撃力を上げてから倒す。

ボス戦

「無間の破戒神・大天狗」が登場。先制で999ターンの間状態異常を無効にする。

最初のターンでは全体4~5ターンバインドを使ってくる。5ターン以上のバインド回復スキルは限られており、即座に解除するのは困難。

リーダーフレンドがバインドされた状態では、大天狗の3万を超えるダメージは耐えられない。

開幕からたまっているスキルをすべて使い、1ターン目で決着をつけよう。大天狗のHPは約1,800万あるので、1体あたり平均300万以上ダメージを出せれば倒せる。

今回は、サリアの陣からアポロンの変換で2色陣を作り、横2列消しを含めた攻撃をした。前のバトルで使った覚醒トールのエンハンスも持続しているので、少し余裕をもって倒すことができた。

他のラッシュ系(ゴッドやデビルなど)に比べると経験値は控えめで、手に入るモンスターもバトル2以外は降臨カーニバルで簡単に手に入ってしまう。

しかし、五右衛門と大天狗の2種類が進化後で手に入る貴重なダンジョンなので、究極進化素材としてこの2体が必要になった時に挑戦してみるのがいいだろう。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.