• ソフトバンクショップとワイモバイルショップが『ポケモンGO』対応に! 「ポケストップ」「ジム」として登場

ソフトバンクショップとワイモバイルショップが『ポケモンGO』対応に! 「ポケストップ」「ジム」として登場

  • 2016年09月08日

ソフトバンクはNianticとポケモンの『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)において、日本全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」「ジム」としてゲーム内に実装されたことを発表した。

ソフトバンクショップとワイモバイルショプ全国約3,700店舗が「ポケストップ」「ジム」として登場!

[以下、リリースより]

本日より、全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが『ポケモンGO』の「ポケストップ」「ジム」となりましたのでお知らせします。

※ 一部店舗を除く。

[参考:以下、過去のリリースより]

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、スマートフォン向けゲームアプリケーション『ポケモンGO』において、Niantic, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)および株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 恒和)とパートナーシップ契約を締結しました。

これにより、全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが『ポケモンGO』のゲーム内で「ポケストップ」または「ジム」として2016年9月以降に登場します。

『ポケモンGO』には、ポケモンを捕まえるのに必要なアイテムなどを入手できる「ポケストップ」や、ほかのプレーヤーのポケモンと戦う「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されています。

この度のパートナーシップ契約締結により、ソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」または「ジム」となります。

また、今後、ソフトバンクならではの『ポケモンGO』とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討してまいります。

『ポケモンGO』では、遊んでいただく際に守っていただきたいルールを「Pokémon GOトレーナーガイドライン」や「Pokémon GOサービス利用規約」に明記しています。

ソフトバンクとNiantic, Inc.および株式会社ポケモンでは、プレーヤーが法令、ルール、マナーを守り、安全に楽しく遊んでいただけるように、注意喚起に努めてまいります。

※一部店舗を除く。
※お客さま向け特設サイトで今後、各種ご案内をしていきます。
ソフトバンクの会社概要はこちらNiantic, Inc.はこちら株式会社ポケモンはこちらをご覧ください。をご覧ください。

(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokémon.
(C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)SoftBank All rights reserved.
SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。