• 東海テレビとプロゲーミングチーム「DETONATOR」がメディアサポート契約を締結

東海テレビとプロゲーミングチーム「DETONATOR」がメディアサポート契約を締結

  • 2017年12月12日

東海テレビ放送は本日12月12日(火)、プロゲーミングチーム「DETONATOR」との間のメディアサポート契約に合意したことを発表した。この協業によって、新たな事業の拡大と「e-Sports」市場の発展を促進するメディア展開を行なっていくとのことだ。

e-Sports業界に地上波テレビ局が参入!

「以下、リリースより]

東海テレビ放送株式会社(本社:名古屋市東区 代表取締役社長:内田優)が、プロゲーミングチーム「DETONATOR」(代表:江尻勝 住所:愛知県尾張旭市)との間のメディアサポート契約について2017年12月12日に合意したことをお知らせします。

プロゲーミングチーム「DETONATOR」は、コンピューターゲーム等を使った「e-Sports」界を牽引する日本の強豪プロゲーミングチームです。

「e-Sports」は、2022年に中国・杭州で開催されるアジア競技大会で正式メダル種目にも選ばれているもので、今後、さらにその市場規模やメディア展開規模は拡大するものと思われます。

東海テレビは、この度「e-Sports」ビジネスに参入するにあたり、国内外で活躍するなど屈指の実力を持ち、また自ら大会やファンとの交流会等のイベントを積極的に企画・運営するなど、「e-Sports」の普及や発展に努める「DETONATOR」と協業することで、新たな事業の拡大を図るとともに「e-Sports」市場の発展を促進するメディア展開を行います。

メディアサポート契約について

具体的には、2018年1月より東海テレビが「DETONATOR」をメディアエージェントとしてサポートすることとし、放送エリアである愛知・岐阜・三重におけるスポンサー契約、イベント興行の斡旋、メディア露出、物販等に関する代理店業務を行って参ります。

両者の協業によりまして、まずプロゲーミングチームが得意とする、ネットを使った「e-Sports」に関する各種情報発信と、東海テレビが半世紀以上にわたって行ってきた放送によるマス向けの情報発信との相乗効果が期待できます。

さらに「DETONATOR」が精力的に企画し、大変な集客力がある各種イベントについても、東海エリアの地域特性に明るく、同地域で様々なイベントを成功させてきた地元・地上波テレビ局のノウハウを生かし、「e-Sports」ビジネスの新たな可能性やステージにも挑戦することが可能となります。

世界的なモノづくりの街である東海エリアを、東海テレビと「DETONATOR」が、『世界的なe-Sportsの街』とする礎をつくるべく、しっかりと手を携え、力を尽くして参りたいと考えております。

東海テレビ 深谷弘プロデューサーのコメント

e-Sportsビジネスは地上波テレビ局としては完全なる新天地であり、世界的なプロゲーミングチームであるDETONATOR様をパートナーとして、ともに最初の一歩を踏み出せることに大変感謝しております。

またDETONATORご所属の皆様の足元にも及ばないレベルではございますが、社内随一を自称するゲーマーとしてもe-Sportsの魅力やアツさを、地上波テレビ局として愛知・岐阜・三重の皆様に知っていただくお手伝いができるというのは、感激の至りでございます。

東海テレビが培ってきた「伝えること」に関する知識や秘訣を新たなムーブメントであるe-Sportsに生かし、同業界の発展に寄与できましたら幸いです。

DETONATOR 江尻勝代表のコメント

この度、東海テレビ様とのパートナーはかねてよりゲーミングチームとメディアと、どのように取り組むべきかを考えておりました。

その答えが今回の東海テレビ様との協業になります。テレビメディアの影響力、番組、イベントなどに適切でかつ的確な情報をしっかりと伝えていくことが重要です。

今までのチームに蓄積された経験値や業界の情報などを、DETONATORを通して伝えられることに責任を感じます。

それと同時にDETONATORが進むべく世界への道や日本のe-Sports業界へのメッセージも含めてより多くの方に認知していただけるように頑張ります。

私の地元でもある愛知県の企業様との活動に身の引きしまる思います。

長く良い関係が築けるように、地域にも貢献できるようにDETONATORのペースで頑張らせていただきます。