『にゃんこ』や『釣り★スタ』も!「LINE QUICK GAME」で今プレイできるゲームまとめ【ゲームレビュー】

インストール不要で、LINE上でゲームが楽しめる「LINE QUICK GAME」。『にゃんこ防衛軍』や『釣り★スタ QUICK』、『LINEで発見!! たまごっち』といった人気IPもラインナップに並んでおり、どのようなゲームか気になる人も多いはず。この記事では、今遊べるゲームタイトルの内容をまとめて紹介していこう。

今遊べる8タイトルをまとめて紹介!

2018年10月現在、「LINE QUICK GAME」のプレイできるタイトルは8つ。

この記事では、過去の先行プレイで紹介した『LINEで発見!! たまごっち』『探検ドリランド ブレイブハンターズ』『Jetpack Bandits』以外の5タイトルについてレビューしていこう。

  1. にゃんこ防衛軍
  2. 釣りスタ QUICK
  3. Dino Ballz
  4. LINE みんなでクイズ
  5. LINE 今日のナンプレ

なお、ゲームをプレイするには、「LINE QUICK GAME」のLINE公式アカウントを友だち登録するだけでOK!

登録すると、LINEのトークに「LINE QUICK GAME」が追加され、そこからゲームを選択できる

にゃんこ防衛軍

キモカワにゃんこが大暴れする人気スマホタイトル『にゃんこ大戦争』をモチーフにしたゲーム。

本家はディフェンスゲームだが、こちらは縦スクロールシューティングとなっており、敵撃破時に入手できるコインを集めて、ハイスコアを目指していく。

敵が上から続々と迫ってくる敵を左右にスワイプしながら迎撃していく。敵にぶつかったり、攻撃を受けるとゲームオーバーとなり、その時点で獲得しているコイン数でスコアが決定する

一定時間敵に倒されずにいると、巨大なボスも登場!「ぶんぶん先生」や「ニャンダム」など、本家おなじみの敵キャラも

操作する防衛ロケットには、攻撃のメインとなるキャプテンにゃんこと、サブとなる隊員にゃんこ2体を編成することができる。

にゃんこごとに性能が異なり、ボスの属性に応じて編成を変えていくといった攻略要素も存在している。見た目はカジュアルだが、ゲーム性はなかなか高い印象だ。

編成したにゃんこは、コインを使ってレベルアップさせていくことができる。弾丸の威力が目に見えて上がるので、先に進むためには欠かせない要素だ

キャプテンにゃんこや隊員にゃんこは、集めたコインで回せるガチャから入手することができる。少しずつコレクションしていくのも楽しみ方の1つ

釣り★スタ QUICK

ラインナップ内のIPものを扱ったタイトルは、ゲームジャンル自体が変わっているものが多いのだが、『釣り★スタ QUICK』は本家を忠実に再現されている。

スワイプでルアーをキャストする場所を決め、掛かった魚をタイミングよくタップして釣り上げていく、おなじみのシステム。グラフィック、演出などはこちらの方がゴージャスな印象

釣り場は1つではなく、次々と開放され増えていく。場所によって釣れる魚も変わっていくので、魚図鑑を埋めていくことが、プレイヤーの目標の1つとなる

魚を釣り上げたときには、宝箱やコインも入手することができ、これによって新たな釣り具を入手することもできる。釣り具を整えて、大海のヌシに挑んでみよう

縦画面・片手操作可能というところも踏襲されているため、「これぞ釣りスタ!」という内容を手軽にプレイすることができる。

過去に遊んでいた方、これまで触れてこなかったどちらにもおすすめだ。

Dino Ballz

『Dino Ballz(ディノ ボールズ)』は、顔の付いたボールをぶつけていくブロック崩しゲーム。

ボールに特性・育成といった概念が存在しており、見た目とは裏腹に、考えてプレイする面白さがあるのが印象的だ。

ドラッグ操作で顔の付いた「リーダーボール」をぶつける場所を定め、画面上部にある数字の付いたブロックにダメージを与えて壊していく

跳ね返ったボールが赤線まで戻ってくると、再び狙いを定めて投げ直すことができる。ただし、ブロックは、ボールを1回投げるたびに徐々に下へと迫ってくるため、赤線に到達される前に壊して先へと進んでいくことになる。ある程度進むと、巨大ボスが登場することも

50レベル(ステージのようなもの)進むたびに用意されている、コミカルなストーリーにも注目。主人公「ディノ」が宇宙で大暴れ!

本作の面白さは、大きなリーダーボールの後ろに、同じ軌道でたくさんの「ミニボール」が追従していくところにある。

これのおかげで、一度の攻撃で、一見ぶつけられないような角度、壊しにくそうな形のブロックも壊していくことが可能になる。

単純にブロックをぶつけるだけではない、ある種の戦略性のようなものが味わえる、新しい形のブロック崩しを体験できるはずだ。

リーダーボールでブロックを壊した後、さらに同じ軌道で小さなボールによる攻撃が可能になる。三角形のブロックのような、壊しにくそうなブロックにも対処ができる

イナズママークは、ボールが通るたびに縦や横一列のブロックにダメージを与えられる。こういったギミックもうまく利用していこう

リーダーボールは、たくさんある中から選択でき、ステージの進捗やガチャなどで徐々に開放されていく。それぞれブロックに与えるダメージ値が異なるほか、固有スキルのようなものも持っており、育成することも可能だ

LINE みんなでクイズ

ハイスコアを目指していくシンプルなクイズゲーム。

タイトルのとおり、大人数が参加できるクイズ大会が毎日開催されており、全国のプレイヤーとの知識対決が手軽にできるというところが魅力だ。

基本はひとりでステージを1つ1つクリアしていく形式。1ステージにつき、2択、4択問題が全部で5問ほど出題される。ヒント機能があるほか、クリアした問題をLINE友だちへ出題することもできる

スコアは、出題ジャンルごとに編成できるカードの性能で決まる。カードのレベルを上げたり、ガチャで新たなカードを入手したりと、RPGのような側面も

みんなで対戦するモードとなるのが、「全国一斉クイズ大会」。複数のプレイヤーが出題される問題にリアルタイムで答えていき、スコアで決定する順位を競い合っていく。

参加者同士でチャットが打てたり、順位が随時更新されたりと、画面内ではあるが「今、クイズ大会に参加している」感が非常に強いのが印象的。

想像のナナメ上をいく面白さを味わえるので、ぜひ一度味わってみてほしい。

クイズ大会は1日に複数の大会が開催され、規定の開始時間までにエントリーすることで参加可能となる。300人を超えるプレイヤーが参戦したことには正直驚いた

開始前にチャットであいさつし、一斉にクイズに回答し一喜一憂していく。知らない人同士でもワイワイと楽しめるのが魅力だ

LINE 今日のナンプレ

『今日のナンプレ』は、シンプルにナンプレ(ナンバープレイス)を楽しむことができるタイトル。

ランキング以外に特徴的な機能はないが、雑誌とペンなしで簡単に頭の運動ができるところが魅力だ。

数字をタップして、縦、横に1から9の数字がかぶりなく並ぶように配置していく。クリア時間やミスの回数などでスコアが決定する

「今日の」とあるように、1日1回のみプレイが可能。カレンダーが表示されることもあり、日課にしやすいかもしれない

スコアによって、LINE友だちのほか、国内や世界ランキングまで決まる。ナンプレ世界一を目指してみよう!

(C) Game Closure Inc. & (C) PONOS Corp All Rights Reserved.
(C) WFS / Developed by Game Closure
(C) SundayToz Corp
(C) CoolGames
(C) LINE Corporation