• ネクソンが「G-STAR 2018」に『テイルズウィーバーM』など新作14タイトルの出展を発表!

ネクソンが「G-STAR 2018」に『テイルズウィーバーM』など新作14タイトルの出展を発表!

  • 2018年11月07日

ネクソンは、韓国最大規模のゲームショウ「G-STAR 2018」に、初公開を含む新作14タイトルを出展することを明らかにした。日本でもおなじみのMMORPG『テイルズウィーバー』や『マビノギ』の新たな姿を披露される!!

今年のテーマは「Through Your Life」!注目タイトルが目白押し!!

[以下、リリースより]

ネクソンは、11月15日(木)~18日(日)の4日間、韓国釜山広域市 BEXCOにて開催される韓国最大のゲームショウ「G-STAR 2018」に、会場最大規模となる300ブースで、計14タイトルを出展いたします。

今年のネクソンブースのテーマは「Through Your Life(スルー ユア ライフ)」

ネクソンが世界初のグラフィックMMORPGとして1996年にローンチした『風の王国』を皮切りに、22 年以上にわたって、多くのプレイヤーの方が、ネクソンのゲームタイトルを通じて沢山の思い出をつくってくださいました。

これまでも、そしてこれからもネクソンのゲームが皆様の人生の近くにあるように、との想いを込めたスローガンです。

G-STAR 2018 ネクソンブースの見どころ

ネクソンの名作IPが新たな姿をお披露目

世界最長寿グラフィックMMORPGでギネス登録もされている『風の王国』のモバイル版『風の王国:Yeon』をはじめ、2002年のサービス開始以来、その音楽性にも強い支持が集まる『テイルズウィーバー』のモバイル版『テイルズウィーバーM』、さらに、ほのぼのとした世界観が2004年の配信開始以来愛されている『マビノギ』のモバイル版『マビノギモバイル』がお披露目となります。

テイルズウィーバーM

自社開発の新規タイトルが勢ぞろい

ネクソンらしさを全面に出した自社開発タイトルを複数出展します。

NEOPLE傘下のStudio42が開発し、米国の「ナショナルジオグラフィック協会」と協業した海洋アドベンチャーモバイルゲーム『Dave The Diver』をはじめ、 『マビノギ』等の開発を手がけたdevCAT Studioが送る、ギリシア神話にSF要素を加えたMOBAタイトル『ASCENDANT ONE』や、RPGタイトル『Dragonhound』などが勢ぞろいします。

Dave The Diver

変化著しい市場に送り出す強力な配信ラインアップ

『リネージュ 2』でアートディレクターを務めた Juno Jeong 氏が参加した収集型 RPG『Lyn:The Lightbringer』をはじめ、パステルトーンの美しいグラフィックが魅力のMMORPG『Spiritwish』、30 種類以上の「ASTEL」を召喚して協力プレイで戦うMMORPG『Astellia』など、変化著しい市場に多様な強力なラインアップで挑みます。さらに鋭意制作中の新作『TRAHA』も初公開いたします。

TRAHA

出展タイトル一覧(計14作品)

今回のネクソンの「G-STAR 2018」の出展内容発表に際し、NEXON Korea Corporation 社長のイ・ジョンホンは、次のように述べております。

「今日のネクソンを、ネクソンたらしめる所以である歴代のゲームタイトルたちを、新しい姿でお披露目できるように念入りに準備しています。

期待の新規IPタイトルを含め、初公開となるものもあるので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。」

G-STAR 2018 でのネクソン出展内容及びイベントに関する詳細は、下記特設ページ をご参照ください。

(C) NEXON KOREA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.