• あの「無双」をスマホで!ネクソンが出展した『Project 真・三國無双(仮) 』の出来は?【G-STAR 2016】

あの「無双」をスマホで!ネクソンが出展した『Project 真・三國無双(仮) 』の出来は?【G-STAR 2016】

コーエーテクモゲームスの代表シリーズ『真・三國無双』のスマホ版が、ネクソンブースにプレイアブル出展。あの多数の敵の敵の動きや爽快感は? スマホでの操作感は? など、実プレイでわかった内容をレポートする。

スマホでもあの爽快無双アクションが楽しめる!

本作は、コーエーテクモゲームスの人気シリーズ『真・三國無双』の『真・三國無双 7』をベースにしたタイトル。開発は台湾のXPEC Entertainmentが行う。

XPEC Entertainment ディレクターのCosmos ChenとクリエイティブディレクターのTony Wang

家庭用ゲーム機向けゲームのスマホ化で最初に気になる操作感についてだが、これについてはかなりこだわって開発されていると感じた。

左下のバーチャルパッドで移動、右下のアクションボタンで攻撃、無双乱舞、武将の切り替えを行うが、スマホアクションRPGでは定番の操作配置なので、違和感なくプレイできる。

実際、操作感については開発初期段階から議論・テストを重ね、モバイルでの操作感覚を追求したという。モバイルデバイスゆえの限界もあったが、本作の一騎当千アクションについては自信があるようだ

『Project 真・三國無双(仮)』プレイ動画

原作のボリュームもかなりのものだが、モバイル版ではリアルタイムPvP、ボスレイドなど、モバイルアクションRPGに不可欠な要素も追加される予定

フォーカスしているのはアクションの部分だけにとどまらず、プレイヤーが3人の戦国武将を選んで操作できる「タッグマッチシステム」を採用。各武将の特性を組み合わせることで、高度な戦略性を持たせている

『Project 真・三國無双(仮)』プロモーションムービー

開発陣によると、「真・三國無双の秘蔵武器の収集システムをモバイル版でも実現しようとしている。家庭用ゲーム機版そのままではないが、モバイルに最適化したシステムにする予定」だという。

配信は、2017年第1四半期を予定しており、配信時に50人の武将が用意される。原作にあった80人の武将は、配信後のアップデートで順次追加されていく

(C)KOEI TECMO GAMES CO.,LTD. All Rights reserved.
(C)NEXON Korea Corporation Co., Ltd. All Rights reserved.
(C)XPEC Entertainment ING. All Rights reserved.