• 2016年AKB48ステージファイター特別劇場公演で大島涼花がksgkイベントプロデュースを発表!

2016年AKB48ステージファイター特別劇場公演で大島涼花がksgkイベントプロデュースを発表!

12月3日(土)に秋葉原のAKB48劇場にて、AKB48ステージファイター特別劇場公演が行われた。今年で5年目に突入したグリーが配信している『AKB48ステージファイター』のゲーム内で、8月16日から31日にかけて行われたイベント「第6回センター争奪バトル」で上位入賞したメンバーのパフォーマンスを見ることができる1日限りの特別限定公演。衣装やセットリストもスペシャルな内容で、2公演が行われた。

出演メンバー、衣装、セットリストすべてスペシャルな公演

2016年10月25日に配信5周年を迎えた、グリーの『AKB48ステージファイター』(以下、ステファイ)。同ゲーム内で、8月16日から31日にかけて行われた「第6回センター争奪バトル」で入賞した上位16名が、一夜限りの特別劇場公演を行った。

劇場のデコレーションも特別! 入り口はこの日のために用意された入賞メンバー全員のポスターが

チームステージファイター

順位順入賞メンバー(かっこ内はセンター争奪過去入賞回数と前回順位)

  1. 大島涼花(3回目:3位)
  2. 島崎遥香(4回目:5位)
  3. 宮脇咲良(2回目:圏外)
  4. 渡辺麻友(4回目:12位)
  5. 川本紗矢(2回目:4位)
  6. 向井地美音(初)
  7. 木崎ゆりあ(3回目:9位) ※休演
  8. 岩立沙穂(3回目:10位)
  9. 高橋朱里(3回目:8位)
  10. 柏木由紀(6回目:15位)
  11. 白間美瑠(2回目:11位)
  12. 坂口渚沙(2回目:1位)
  13. 込山榛香(初)
  14. 小栗有以(初)
  15. 岡田彩花(初)
  16. 村山彩希(初)
  17. 兒玉遥(初) ※繰り上げ出演

この公演は、ステファイ内イベントやログインボーナスで配布された応募券を元に抽選で選ばれた500名のユーザー限定で行われた(各回250名で2公演)。

overtureから3曲連続で一気に盛り上がる!

公演開始前のナレーションは、今回1位に選ばれた大島涼花が担当。ゲーム内の設定を活かして、お客さんを「コーチ」と呼ぶなど、ファンは公演開始前からボルテージが上がる。

AKB48のライブでは定番の『overture』が流れると、息の合ったコールで公演はスタート。そこから、『フライングゲット』『永遠プレッシャー』『希望的リフレイン』と3曲連続で披露された。

フライングゲットのパフォーマンス

永遠プレッシャーのパフォーマンス

希望的リフレインのパフォーマンス

1回目のMCで、各メンバーによる自己紹介が始まった。今回のお題は、ステファイのガチバトルにちなんで、「今年いちばんガチだった出来事」を紹介した。1位の大島涼花は、「今回のステージファイターの結果を見たときに、ガチで目を疑った」とコメント

2017年1月に卒業を発表している島崎遥香もこの特別劇場公演に登場。また、AKB48で唯一、初回から6連続ラインクインしている柏木由紀は、自ら「ステファイ古参」と称し、「特別公演では普段あまり披露しない曲やメンバー構成が特別だったりで、昔の曲が踊れなくなってきて年齢を感じる」と本音を漏らすワンシーンも

大島涼花のリクエスト『アボカドじゃねーし』を向井地美音と披露

MC1の後は、大島涼花センターごほうび曲『アボカドじゃねーし』を披露。この曲は、2012年発売のアルバム『1830m』に収録されている曲で、オリジナルは渡辺麻友と指原莉乃のコンビが担当している。

今回は大島涼花のリクエストで、向井地美音とのコンビで本楽曲をパフォーマンス。大島はAKB48加入前からステファイプレイヤーだったと告白。小嶋陽菜のオーラを集めていたとか

その後は、ステファイのCM曲が披露された。

2011年第1弾CM曲『風は吹いている』のパフォーマンス

2012年第2弾CM曲『君のために僕は…』のパフォーマンス

ステファイCMのために書き下ろされた幻の30秒楽曲『ありふれた愛』ステージファイター特別劇場公演でしか披露されたことがない楽曲で、生で見れる機会はほとんどないレア楽曲

鼻歌イントロドンで実証された渡辺麻友の驚異記憶力!?

続いて行われたMCでは、「特別講演でもガチバトル。瞬発力を鍛えよう『鼻歌イントロドン』」と題し、AKB48グループの楽曲イントロクイズが行われた。

入賞メンバーを2チームに分け、各チームから3名が決勝に進出するというルール。

最初の回答チームは上位8名。鼻歌の出題は、回答チームからのご指名を受けた「鼻歌お姉さん」こと、柏木由紀が担当。

柏木からの鼻歌の出題で、『RIVER』を宮脇、『しぇからしか!』を渡辺、『Must be now』を大島が正解回答。イントロクイズに自信があるといっていた向井地は、決勝進出ならず。

後半は下位8名が回答に挑戦。鼻歌の出題は、これまた、回答チームからのご指名で出題は渡辺麻友が担当。

渡辺からの鼻歌の出題は、『ラブラドール・レトリバー』を込山、『12月のカンガルー』を兒玉、『挨拶から始めよう』を坂口が見事正解。

決勝戦は、勝ち上がった6名が1曲勝負で対戦。ここでの鼻歌出題は、またまたご指名を受けた柏木が担当。わかりやすい(?)出題で、鈴懸なんちゃらだということはすぐにわかったが、このクイズは「正式タイトルを回答しなければならない」ルール。

回答権を得た渡辺。ゆっくりと自分で確認しながら、『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』を間違えずに回答!

優勝者の賞品として、舞浜の夢の国年パスか大阪の夢のスタジオ年パスのどちらかを贈られる。渡辺は、舞浜の夢の国年パスを選択。

その後、Youbeガチバトルのテーマソングになっている『LOVE TRIP』『君のことが好きだから』とパフォーマンが続き、本編は終了した

大島涼花によるゲーム内イベントプロデュース発表!

本編終了直後、サプライズ映像が公開され、その中で大島涼花によるゲーム内イベントプロデュースが発表された。

期間限定ゲームプロデューサーに任命された大島が手がけるゲーム内イベントは、「日本全国ksgk化計画」。

この大島プロデュースイベントは、2017年春に開催される予定で、詳細までは明かされなかった。ksgkとは、大島の代名詞(?)ともいえる「クソガキ」を評した略称で、ファンにとっては楽しみなイベントになりそうだ

アンコールではファンへのクリスマスプレゼントも

アンコールでは、11月16日に発売された、AKB48の46thシングル『ハイテンション』を披露

今回の特別公演を締めくくる『恋するフォーチュンクッキー』に。楽曲披露中には、コーチのみなさん(来場者)にクリスマスプレゼントも

アンコール終了後には、サイングッズが当たる抽選会が行われ、今年の特別劇場公演は幕を閉じた。

2016年AKB48ステージファイター特別劇場公演セットリスト

0overture
1フライングゲット
2永遠プレッシャー
3希望的リフレイン
4アボカドじゃねーし
5風は吹いている
6君のために僕は…
7ありふれた愛
8LOVE TRIP
9君のことが好きだから
10 (EN1)ハイテンション
11 (EN2)恋するフォーチュンクッキー

(c)AKS
(c)GREE, Inc.