• みんゴル【初心者攻略】: 勝率100パーセントになれるランクマッチ完全攻略マニュアル

みんゴル【初心者攻略】: 勝率100パーセントになれるランクマッチ完全攻略マニュアル

『みんゴル』のランクマッチで30連勝中の筆者が、誰でもできる簡単な攻略法を伝授! ショットでウサギとカメを出さなければ、勝率100パーセントも夢ではない!?

  1. ショットポイントの獲得方法
  2. 勝率アップのコツ
  3. 100パーセント勝てるマル秘テクニック

ポイントを稼いで同スコアの戦いに勝利しよう!

ランクマッチで勝つために覚えておきたい、プレイの基本的な知識とテクニックを紹介していく。

この記事を読めば、確実に勝率がアップするはずだ!

戦い方の簡単なコツを覚えて、対戦相手のキャラクターをボコボコにしてやろう!

ショットポイントの獲得方法を覚えよう

ランクマッチでは、同スコアのとき(お互いがバーディーなど)はショットポイントが高い方の勝利となる。

まずは、どうやったらショットポイントを獲得できるかを覚えよう。

アプローチとパッティングのショットポイントは、以下の方法で獲得できる。

名前獲得する条件獲得ポイント
ナイスショットインパクトを成功させる100
グレートショットピンから1メートル以内500
ウルトラショットピンから2メートル以内400
スーパーショットピンから3メートル以内300
ファインショットピンから5メートル以内200
ナイスオングリーンに乗せる(ピンから5メートル以上の場合のみ)100
ロングパット10メートル以上のパッティングを成功させる1メートルにつき50
(10メートルなら500)

通常、最も多くショットポイントを稼げるのは、ピンから1m以内の場所に打つ「グレートショット」だが、ロングパットを決めるとそれよりも多く稼ぐことができる。

ロングパットを決めると、ピンの近くに完璧に寄せるグレートショットよりもポイントを稼げる!

また、フェアウェイに打つことでもポイントがもらえるので、ティーショットなどでは「ナイスショット」と「フェアウェイキープ」がポイント稼ぎの基本になる。

ランクマッチ勝率アップを目指すためのコツ

ランクマッチで勝つためには、以下の2つのポイントを意識してプレイすることが重要になる。

  • アプローチを相手よりもあとに打てるようにする
  • 勝てなさそうなときはロングパットで逆転を狙う

では、それぞれを詳しく解説していこう。

1.飛距離を上げて相手よりもあとに打てる場所を狙おう

ランクマッチでは、アプローチが「後攻」の方が圧倒的に有利。

後攻になれば、相手のショットの結果を見てから打てるので、状況に合わせて狙いを変えることができる。

そのためにも、ティーショットでは「相手よりもグリーンに近い場所」を必ず確保するようにしよう。

相手がピンにどこまで寄せたかわかっているかどうかで、戦いやすさが圧倒的に変わってくる

あまり傾斜が激しいところはおすすめしないが、基本的には最短ルートのフェアウェイを攻めて、ピンに近い位置を確保するのがおすすめだ。

2.相手がグレートを出したらロングパット狙いに切り替えよう

相手がアプローチでグレートショットを出した場合、同じやり方で勝つのは不可能になる。

勝つ方法は、チップインを決めるか、グレートショットの500ポイントを超えられる10メートル以上のロングパットのみ。

チップインは現実的ではないので、ここから逆転するなら「ロングパット」を積極的に狙ってみよう。

ロングパットを決めれば、グレートショットのポイントを少しだけ上回ることができる

カップまでの距離は、緑色の数字で表示されている。これが「11ヤード」になる位置が、だいたい10メートルの距離になっている

ただし、グリーンが難しいホールのロングパットの成功率はほぼ絶望的。

そのため、ランクマッチではパットが決めやすいホールを選ぶことも重要だ。

ロングパットを狙いやすいホール

ロングパットの位置取りを狙いやすく、さらにグリーンが簡単なコースをいくつか紹介していこう。

東京グランドゴルフガーデン:HOLE1

ランクマッチだけでなく、みんなでゴルフの3ホール対戦でもおなじみなので、どんどんロングパットを狙っていきたいコースだ。

グリーンの左手前か右奥が狙いやすい。右奥は行き過ぎると傾斜があるので注意

東京グランドゴルフガーデン:HOLE8

ショートホールなのでこちらが先攻になってしまうが、もっともロングパットを決めやすい。

最初からロングパット狙いでいけば、ホールインワンを決められない限りは勝てるはずだ。

グリーンの左右は傾斜があるので、ピンの手前か奥を狙おう

ほかのホールは、ピン位置によってはロングパットに必要な10メートルを確保するのが難しかったり、若干傾斜があったりするので、簡単に勝つならこの2つのコースがおすすめだ。

勝率100%!? ランクマッチ攻略法

ランクマッチ30連勝中の筆者が実践している戦い方を紹介していく。

ある程度の飛距離があれば勝率はほぼ100パーセントなので、時間に余裕がある人は試してみてもらいたい。

この方法なら、普通にプレイするだけで圧倒的大差で勝利できる

選ぶコースは東京グランドゴルフガーデンの「HOLE9」

対戦場所に最適なのは、東京グランドゴルフガーデン、ビギナーのHOLE9だ。

約450ヤードのPAR5で、グリーンが簡単なので2オンできればイーグルを狙いやすい。

PAR5の中では、もっとも攻略しやすいのがこのコースだ

対戦相手は飛距離が伸びないクラブ持ちを選択

対戦相手は、レベルやランクは関係なく、基本的には「装備しているクラブ」だけを見て選んでいく。

「ベーシッククラブ」をはじめとした、性能が低いクラブを使っているプレイヤーを狙い撃ちしよう。

パワーが低そうなクラブを持っている人を探してみよう

これくらいのパワーなら、負ける気がしない!

プラチナランクのクラブ、特に「ピコハン」「スーパーショット」「ストレングス」と表示されているクラブを装備しているプレイヤーは避けるのが無難だろう。

対戦相手はホーム画面に戻ると更新される

ランクマッチの対戦相手は、一度ホーム画面に戻るとリセットされ、新しい対戦相手とコースが表示される。

戦いたい相手がいなかったら、ホームに戻って出直そう(ゲーム画面は撮影時のもの)

少し時間は掛かるが、この方法なら狙ったコース&弱そうな相手を確実に選択できるようになる。

飛距離は220ヤード以上を推奨

HOLE9の攻略に必要な飛距離はおよそ220ヤード。パワーショットを使えば確実に2オンが狙えるようになる。

パワー系のクラブを持っていない筆者だが、ギアと能力ボールでこれくらいまで強化できた

飛距離が足りていない人は、以下の記事を読んでパワーを強化してみよう。

コース攻略の流れを簡単に解説

1打目は、最短ルートを通ってできるだけピンに近づけるようにして打とう。

とりあえずフェアウェイキープさえできていればOK

2打目をグリーンに乗せるコツは、残り距離よりも5ヤードくらい強く打つこと。

多少ピンをオーバーするくらいの気持ちで打つ方が確実にグリーンをとらえられる。

立っている場所の傾斜でボールが左に飛んでいくので、狙いを少し右の方にずらそう。ボールの打点は右下がおすすめだ

グリーンに乗せてしまえばこちらのもの。

ほぼ平坦なので、パッティングは簡単に決められるはずだ。

グリーンに乗せてしまえば、その時点で勝利はほぼ確定と言っていいだろう

もしパットを外してしまった場合、相手がグレートショットを出しているとポイントで並んでしまうため、そこだけは注意しておこう。

イーグルゲット! ショットポイントはなんとプラス3,000!

慣れてくればほぼ確実にイーグルを取れるようになるので、なんとも気持ちの良い勝ち方ができるコースだ。

ランクマッチの勝率が高くなればランクアップが早くなって、ギアレベルや能力ボールでキャラクターを強化しやすくなる。

この記事を読んだら、さっそく連勝を狙ってランクマッチにチャレンジしてみよう!

※画像は掲載時のものです。現状のものと異なる場合があります。

(C) Sony Interactive Entertainment Inc.
(C) 2017 ForwardWorks Corporation  Developed by Drecom Co., Ltd.