セガゲームス新作3タイトルとスマホ版『女神転生』の続報が発表!

20

本日11月21日(火)、セガゲームスはスマートフォン向け新作発表会を開催。人気シリーズの新タイトルや、完全新規タイトルなどが発表された会の模様をお届けする。

『D×2 真・女神転生リベレーション』はAR対応と世界展開を発表

最初に発表が行われたのは、『真・女神転生』(メガテン)シリーズ初のスマホ向けタイトル『D×2 真・女神転生リベレーション』。

開発を手掛けるチーフプロデューサーの山田理一郎氏が登壇し、新公開の悪魔のイラストや今後の展開について紹介した。

『D×2 真・女神転生リベレーション』チーフプロデューサー 山田理一郎氏

紹介された悪魔は、「アリス」「バロン」「スサノオ」の3体。

いずれも、レアリティ星5の悪魔であるという。

シリーズ過去作でもおなじみの悪魔が多数登場。すべての悪魔が最高レアリティの星6まで進化するとのことだ

開発中のものだが、実機によるデモプレイも。相手の弱点を突くと行動回数が増えるプレスターンバトルシステムも、本作に向けて改良されているそうだ

バトル時に悪魔を仲間にできることも!

さらに、スペシャルニュースとして、AR対応と海外での展開決定が明かされた。

開発中のデモでは、スマホのカメラで捉えた光景に悪魔を表示させるというよくあるARコンテンツであったが、メガテンシリーズ特有のバーチャル感をユーザーに提供したいと山田氏は語る。

悪魔それぞれの設定を忠実に再現したサイズ感で表示される。どのような形でアプリに実装されるのかは、続報を待ちたい

海外での配信は、東京ゲームショウ 2017出展時の反応などから決まったもので、本日より台湾・香港・マカオで事前登録を開始している。

日本でのリリースを待たずして海外で事前登録を始めるのは、セガとして初の試みだそうだ。

『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』

続いて、新作タイトルの紹介へ。

まずは、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の開発などで知られるf4samuraiが開発するRPG『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』が発表された。

f4samurai代表取締役(CEO)金哲碩氏からゲームの特徴が語られた

こちらはf4samuraiとして初のオリジナルRPGとなっており、タイトルの「グラビティ」(重力)がキーワード。

主人公の少年ヒューゴは、重力使いなるところから物語は始まり、壮大な空の世界を冒険するのが本作の世界観となっている。

主人公たち人間の他、星から生まれた小さき種族「ピノ」が多数登場。デブリと呼ばれる本作での敵キャラクターは、ピノでなければ倒せないのだ

重力使いは重力を操ることで物を浮かすことができ、戦闘でもその能力を存分に発揮するようだ。

舞台となるウイトラストは、大陸や海がない、広大な空の世界。

空に浮かぶ森やさまざまな国が物語を彩るようだ。

12月3日に開催される「f4ファンフェスティバル」では、本作の声優陣が登場するほか、続報が公開されるとのことなので要チェックだ。

ティザームービー

『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』

続いて発表されたのは、人気サッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!』(通称、サカつく)のスマホ向け新作タイトル『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』。

こちらのタイトルは、『D×2 真・女神転生リベレーション』同様、山田理一郎氏がチーフプロデューサーを務める

本作のコンセプトは「正統派『サカつく』の面白さを、スマートフォンで手軽に!!」。

ゲーム画面など詳しい情報は明かされなかったが、スマホでもシリーズの面白さを再現したものを目指していることが語られた。

「Jから世界へ。」のキャッチフレーズのもと、シリーズ初の世界同時展開が決定しているなど、気合が伺えるタイトルだ。

シリーズのポータルサイト「サカつく.com」のオフィシャルTwitterも解説されているので、続報が気になる人はフォローしておこう。

リリースは2018年春を予定している。

タイトルロゴとイメージ画像のみ公開。ワールドカップが開催される2018年にリリースされるとのことで、サッカーファンの注目を集めそうだ

『共闘ことば RPG コトダマン』

最後に発表されたのは、「ことば」を作って戦う新感覚RPG『共闘ことばRPG コトダマン』。

プロデューサーの中村たいら氏が登壇し、まず最初にスマートフォンゲームの歴史を振り返ることからプレゼンが幕開け。

『共闘ことば RPG コトダマン』プロデューサーの中村たいら氏

中村氏によると、2012年~2015年は○○〇×RPGの時代。

パズル×RPGのように、バトルのゲーム性や遊びで、各社がしのぎを削っていたという。

そして、2015年から現在は、IPの時代。

確かにアプリストアの人気ランキングの上位には、アニメやゲームなどのIPを活用したゲームが数多くランクインしており、ユーザーからのニーズもある印象だ。

しかし、魅力的なIP、キャラクター、世界観が求められている中、「ほんとうにそれだけでいいのか?」という疑問を抱き、もう1度ゲーム性と遊びで勝負するに至ったという。

『共闘ことばRPG コトダマン』は、4人のプレイヤーで協力して、ことばを作って敵と戦うRPG。

各プレイヤーは、手札に4つのひらがなが与えられ、画面中央の文字列の空き部分にいずれかのひらがなをセットして何かしらのことばを作っていく。

7文字のことばを作るのではなく、2文字~6文字のことばでもOK。

4人のプレイヤーが順番にひらがなを入れていき、より多くのことばを作ることで敵にたくさん攻撃できるというわけだ。

この場合、7文字の中に6個のことばが作られているので6コンボが発動。「めがてん」(真・女神転生の略称)など、セガにまつわる言葉も収録されているようだ

また、作った文字の長さもダメージに影響するようなので、2文字ばかりだけではなく、なるべく3文字以上のことばを作るように協力するのが楽しいところ。

今回の試遊では、4人1組で顔を合わせてプレイしたため、「誰か”は”持ってる?」のような会話が弾んだ。

スタンプチャットによりオンラインでも簡単な意思疎通は出来そうだし、他のプレイヤーのターンにも、自分のターンに出す予定のひらがなをアナウンスできるという、チームプレイを手助けする機能も搭載されている。

協力プレイの雰囲気は、公式プロモーション映像を見るとイメージしやすいだろう。

プロモーション映像

なお、本作のリリースは2018年春を予定。

すでに、「新日本プロレス」や『ウルトラマン』シリーズ、「セガオールスター」とのコラボが決定済み。

従来のスマホゲームのように、ただ単にキャラクターが実装されるだけでなく、コラボ先にまつわることばが収録されるといった新しい形のコラボも展開されるようだ。

(C) SEGA