• ダチョウ倶楽部がVRをPR! Galaxy Studioのオープニングイベントをレポート

ダチョウ倶楽部がVRをPR! Galaxy Studioのオープニングイベントをレポート

aikyatti

2016年5月19日、サムスン電子ジャパンは、「Galaxy S7 edge」や「Gear VR」など、最新のスマートデバイスを体験できるエンターテインメントパーク「Galaxy Studio」のオープニングイベントをKITTEで開催した。本記事では、イベントの様子とGalaxy Studioで体験できた内容をレポートする。

最新モデルやVRを体験できるGalaxy StudioがKITTEに期間限定オープン!

Galaxy Studioは、Galaxy S7 edgeやGear VR、Gear 360といった、Galaxyの最新スマートデバイスを、一度に体験できるエンターテインメントパーク。

今まで日本以外にも、ロンドンやシンガポールなどで開催されてきた。

今回のオープニングイベントでは、初めにサムスン電子ジャパンの代表取締役、最高経営責任者である堤浩幸氏が登壇。

本日5月19日から発売されている、「Galaxy S7 edge」の特徴についてプレゼンを行った。

堤氏は、Galaxy S7 edgeの長所として、「5.5インチの大画面ながら片手で操作しやすいデザイン性」「スマホで世界初の一眼レフカメラ技術」「3,600mAhの大容量バッテリー」の3つを挙げた

さらにイベントでは、ダチョウ倶楽部の3人がゲストで登場。Galaxy S7 edgeのよさについて、コントを交えながらわかりやすく解説した。

その中で、特に力を入れていたのが、Galaxy S7 edgeの防水性能について。わざわざ大型の水槽まで用意され、上島竜兵氏が体を張って、防水性能の高さをアピールした。

実際に、Galaxy S7 edgeを水中にいれて遊ぶことができる「デジタル金魚すくい」を、ダチョウ倶楽部の3人がプレイ。上島氏の持ちネタである「押すなよ!」も、生で見ることができた

大型筐体を使った本格VRを体験

Galaxy Studioでは、新作スマホである「Galaxy S7 edge」以外に、「Gear VR」や「Gear 360」「Gear S2」などを、実際に体験することができる。

本記事では特に、今年の「CES 2016」でも公開されていた、「Gear VR」と4D機材を連動させた「VR 4D Theater」に注目。

Galaxy Studioのブースで体験した内容をレポートする。

Gear VRブース

昨年末に発売されたヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」。

このブースでは、体験型の映画館などで使用されているムービングシートとGear VRを連動させた、ジェットコースターの本格VRを体験できる。

筆者の前に、ダチョウ倶楽部の方々が先行体験。高所恐怖症の上島氏はあまりのリアルさに、息も絶え絶えになっていた

ムービングシートは、4人掛けが2台。計8名が同時に体験可能

ムービングシートがけっこう揺れるので、しっかりとシートベルトを着用。また、搭乗者が見ている風景は、後ろにあるモニターで確認できる

実際に筆者が「VR 4D Theater」している様子。ムービングシートによる振動で、ガタガタと上に登っていくときの緊張感、高所から一気に急降下するときのなんともいえない浮遊感なども感じられた

視覚と聴覚、それに体全体への振動が組み合わさったことで、VRの世界がより現実味を帯びたものへと進化。そのあまりのリアルさに、思わず悲鳴を上げた人もいた。

時間はわずか数分と短いが、本当にジェットコースターに乗った後のように、プレイ後は体がグッタリとしてしまった。

またGear VRブースでは、サーフボードを模した筐体を使った、サーフィンのVR体験も可能だ。

サーフィンのVR映像を見ながら、ユラユラと揺れるサーフボードの上でバランスをとる

こちらは映像の中で波にもまれても、それが振動になって伝わるということはない。VR映像に合わせて、サーフィンをするような感覚を楽しめるといった内容だ。

Galaxy S7 edgeブース

本日2016年5月19日に発売が開始された、Galaxy S7 edgeの機能を体験できる。

体験できるのは、防水性能やカメラのオートフォーカス性能など。イベントでダチョウ倶楽部の方がプレイしたデジタル金魚すくいも、ここで体験できる。

デジタル金魚すくいは、Galaxy S7 edgeを水中にいれると出現する金魚を、すくい上げるというアクションゲーム。端末を水平に保つのが、うまくすくうコツだそうだ

Gear 360ブース

Gear 360は、360×180度の動画を撮影できる全天球カメラ。撮影した動画は、Gear VRなどで視聴することができる。

ここでは、Gear 360による動画撮影が可能。またGear VRを使い、360度動画コンテンツを見ることもできる

Gear S2ブース

Gear S2は、サムスンが発売した最新のスマートウォッチ。文字盤の周囲にUIを回転させるベゼルを設け、非常に小さいタッチ部分を解消している。

アラームや心拍といった、Gear S2とGalaxy S7 edgeの連動アプリを体験できる

Galaxy Studio概要

  • 場所:KITTE 1階アトリウム
  • 期間:2016年5月19日(木)~6月8日(火)
  • 時間:11:00~21:00(日曜日は20:00まで)

※諸事情により時間が変更する場合があります。