『BLAST×BLAST』はアトラクション感覚で楽しめるVRシューティング【TGS2016】

アイキャッチ改

VRコーナーで、ひと際大きなマシンが目を引く『BLAST×BLAST』。試遊することができたので、その模様や魅力をお伝えしていこう。

風までなびく疾走感と圧倒的な浮遊感を体験

VRコーナーを歩いていると嫌でも目に入るほどの強い存在感を放っているのが、積木製作ブースにある『BLAST×BLAST』(以下、ブラスト×ブラスト)。

その存在感の理由は、この椅子にある。「SIMVR」(シンバ)と呼ばれるこのマシンは、スピーカーを搭載しているだけでなく、プレイ状況と合わせて「動く」のだ

本タイトルは「Unity VR EXPO Shibuya」で最優秀コンテンツにも選ばれた作品であり、TGS2016ではさらに進化した姿となって出展している。

そのためか、人気の高いVRコーナーでも、ひと際長い列ができていた。

早めに優先体験パスをゲットしておこう

普通に並ぶと、かなりの時間待つことになる可能性が高い本作だが、書かれた時間になればすぐに試遊できる「優先体験パス」が配布されている。

あるとないでは効率が段違いなので、試遊したい方は午前中にパスをもらっておくことをおすすめする。

本作は、大迫力で味わえる「爽快感」と「疾走感」をウリにしているライドシミュレータータイプのFPSシューティングゲーム。

操作は見慣れない形のコントローラーを使って行う。親指で丸いボタンに触れている間自動射出する「ショットブラスト」と、人差し指でトリガー型のボタンを長押しした時間で威力と範囲が変わる大技「チャージブラスト」を使い分けて出現する敵を倒していく

このコントローラーを両手にそれぞれ持って戦うことになり、2つで同時に限界までチャージブラストをためて放つ超必殺技「マルチブラスト」も用意されている。

また、武器には銃だけでなく、剣もある。武器種はコントローラーごとに選べるので、二丁拳銃の「BLAST×BLAST」、二刀流の「BLADE×BLADE」に加え、銃と剣をそれぞれ持った「BLADE×BLAST」の3とおりから好きなスタイルを決定できる

BLAST×BLASTスタイルで挑戦!

事前に、剣は攻撃が届かないこともあって難しいとのことを教えていただいたので、最もスタンダードなスタイルであろう「BLAST×BLAST」でゲームスタート。

プレイ開始と同時にフワッと浮いてような感じがしたと思っていたら、さらにどこからか強い向かい風が吹いて追い打ちをかける!まるでジェットコースターに乗っているかのような不意に訪れたふたつの感覚に度肝を抜かれた

実際にプレイしはじめて感動させられたのが、チャージブラストだ。範囲、威力がともに高いこのブラストを使うと、その反動を生で体感できるのだ。

まさにドカン!と撃った反動が、シンバによって伝えられる。その動作は実に自然で、はじめに教えてもらってなければ何が起こったのかわからなかっただろう

徐々に操作にも慣れ、順調に現れる敵と打ち倒していく。射程範囲内の敵が自動的にロックオンされるので、腕に自信がない方でもサクサクと敵を一掃していく爽快感を味わえるはずだ。

実際目で見ている景色を見せられないのが非常に残念だが、描写も細かく、本当に戦場に投げ出されて戦っているような錯覚を覚えるほどだった

試遊のラストには、超巨大なボスが出現!2つのブラストを駆使して、なんとか勝利できた

クリア後には敵の撃破数などを合わせたスコアが表示され、ランキングへと登録される。見事10位以内に入賞できればネット上のランキングにも名前を載るので、TGS2016ランカーを目指してみてほしい。

今後の稼働をチェック!

本作はすでに、期間限定ではあるが「スペースクリエイト自遊空間NEXT 蒲田西口店」や「梅田ジョイポリス」などで実際に稼働していた。

今後もアミューズメント施設を中心に展開が予定されているので、TGSに参加できないけど遊んでみたい……という方は随時情報を確認しておこう。

今年のTGSで必ず体験しておきたいVR作品

ブースの試遊台は1台のみ。最初に紹介したとおり、かなりの人だかりができているので、プレイ中は多くの人の目にさらされることになる。

しかし、個人的にはそれを加味しても、おつりがドカンと来るぐらい面白い作品に仕上がっているように感じたので、18日にTGSへ足を運ぶ方はぜひ立ち寄ってほしいブースだ。

非常に爽快感があり、ストレス解消にももってこいの良作。あっという間だが、別世界に飛ばされたかのような感覚にどっぷり浸れる本作を体感してみよう。

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) TSUMIKI SEISAKU