• マンガにアニメにプロ認定大会と2018年は『パズドラ』シリーズが新展開!

マンガにアニメにプロ認定大会と2018年は『パズドラ』シリーズが新展開!

1月11日、 都内の「CROKET MIMIC TOKYO(コロッケミミックトーキョー)」にて、2018年における『パズドラ』シリーズの展開を発表するイベントが開催された。プロ認定大会の日程が発表されたほか、新作マンガ、アニメも展開と、内容盛りだくさん。その様子をお届けしていこう。

シリーズのすべてを包括した『パズドラ』が始動!

2018年2月20日をもって、『パズル&ドラゴンズ』(以下、パズドラ)はリリースから6周年を迎える。

本日1月11日、6周年記念よりひと足早く、2018年の展開を発表するイベントが開催された。

最初に登場したのは、イベントではおなじみの、ガンホー代表取締役社長である森下一喜氏と、『パズドラ』シリーズプロデューサーの山本大介氏。

6周年を迎えられた喜びと、これからのパズドラの展開を語った。

おめでたい紋付袴で登壇した森下一喜氏(左)と、山本大介氏(右)。帯が相当きついらしい……

最初に公開されたのは、新しくなったロゴ。

これまで、ゲームのほかにアニメやマンガ、玩具など幅広く展開してきたパズドラだが、今後はそういったコンテンツすべてを『パズドラ』と称して展開していくとのこと。

新しいロゴは、だいぶシンプル。シリーズの総合ロゴとして使われるということで、今後はこれを見かけることが多くなるだろう

パズドラの本編だけでなく、『パズドラレーダー』や『パズドラチャレンジ』、その他マンガやアニメもすべて含めて『パズドラ』として展開していく

パズドラe-Sportsプロジェクトが始動!

続いて発表されたのは、e-Sportsに関するプロジェクト。

現在、「闘会議2018」でプロ認定大会が開催されることが決定しているが、2018年はほかにも多くの大会を実施していく予定だそう。

e-Sports競技の認定タイトルとしても決定され、今後は多くの大会が開催されることが予想される

競技は、パズドラレーダーの対戦モードで行われる。大会は3種類が予定されていて、

  • 誰でも参加可能なプロ認定大会「チャレンジカップ」
  • 認定プロと一般プレイヤーが参加できる「オープンカップ」
  • 認定されたプロだけが競い合う「チャンピオンズカップ」

を実施していくとのこと。闘会議2018では、最初のチャレンジカップが開催される。

最高峰の大会であるチャンピオンズカップは、2019年に開催予定!

闘会議2018の話題となり、続いてはゲストとして闘会議2018のエグゼクティブ・プロデューサーを務める浜村弘一氏が登壇。

アジアではモバイルゲームがe-Sportsに盛んに使われているということで、今後認定されるパズドラのプロ選手を応援してほしい、と語った。

Gzブレイン代表取締役社長の浜村弘一氏

闘会議2018では、パズドラレーダーのランキング上位者を招待して、チャレンジカップを実施。

チャレンジカップで1位~3位に入賞すると、プロライセンスの認定権利が授与されるとのこと。

ランキングの開催日程や、闘会議2018チャレンジカップの詳細については、後日発表される。公式サイトやツイッターの情報に注目しよう!

初のプロ認定大会ということで、さまざまなプレイヤーから注目が集まっていることだろう

また、大会の大まかな年間スケジュールも発表された。

4月8日(日)の九州地区大会を皮切りに日本各地で予選を行い、最終予選が5月27日(日)に幕張メッセで実施予定。

日本全国から、スゴ腕のパズドラーが集結することだろう。

こちらも、詳細は後日公開予定。公式の情報を見逃すな!

新マンガ&アニメもスタート!

続いて、マンガとアニメの新シリーズがスタートすることも発表された。

マンガは、パズドラレーダーの対戦を題材として、『コロコロコミック』にて連載を開始する。

コロコロコミック編集長の和田誠氏が登壇し、マンガのシーンの一部が先行公開された。

小学館『コロコロコミック』編集長の和田誠(まこ殿様)氏

連載は、2月15日発売予定のコロコロコミック3月号よりスタート。1月15日発売の2月号では、予告編が掲載される予定だ。

パズドラの対戦を題材に、アツいバトルが展開されていく。井上桃太先生が執筆を手掛ける

さらに、マンガと並行して、4月よりTVアニメも放映を開始する。

テレビ東京の川崎由紀夫氏、ぴえろの本間道幸氏が登壇し、アニメ版『パズドラ』を紹介。放映に先駆けて、熱い思いを語った。

テレビ東京アニメ局長の川崎由紀夫氏(左)と、ぴえろ代表取締役社長の本間道幸氏(右)

川崎氏は、e-Sports関連のコンテンツに力を入れていきたいと思っていたところに、パズドラアニメ化の話が来て、即承諾したそう。プロゲーマーの認知度を高めていきたいとのことだった。

本間氏は、『パズドラクロス』のアニメでもおなじみの、ぴえろの代表取締役。ドロップでのバトルシーンをどう描くかに注目してほしいとコメント。

主人公の明石タイガ。下町に住むたこ焼き屋の息子で、熱血少年。声優は泊明日菜さん

タイガの相棒を務める、謎の生物トラゴン。柿原徹也さんが声を担当

新グッズ「モンスターメモリー」発売!

マンガとアニメの展開に合わせて、タカラトミーより新しい玩具も発売!

タカラトミーより、高原文彦氏が登壇して新グッズ「モンスターメモリー」を紹介した。

タカラトミーボーイズ事業部 ボーイズ第2企画部の高原文彦氏

『パズドラクロス』のアーマードロップは、累計でなんと434万個も出荷されたそう。

モンスターメモリーも、かなりの人気商品になることが予想される。

モンスターメモリーは、パズドラレーダーだけでなくパズドラ本編とも連動。アニメとマンガでは、キーアイテムとなって登場する

単体でも遊ぶことができ、QRコードを読み込むことでゲームと連動する。リーダー、モンスターの2種類が登場予定

サイズはコインくらいで、とても小さい。たくさん集めても場所を取らないのはウレシイ

リーダーメモリーは、パズドラレーダーでプレイヤーのソウルアーマーとして使え、モンスターメモリーはモンスターとしてパーティーに入れられる。

パズドラレーダーで強力なパーティーを組むためには、今後必須になってきそうだ。

アポカリプスのリーダーメモリーを入手すると、アポカリプスのソウルアーマーが使えるようになる。モンスターメモリーは、そのままモンスターが入手できるのでわかりやすい

モンハンコラボ第2弾を実施!

最後に、パズドラ本編の発表があった。

1月26日に発売する『モンスターハンター:ワールド』に合わせて、モンハンコラボ第2弾を開催!

しかも、モンスターハンター:ワールドの新モンスターも追加されており、その性能に注目だ!

氷牙竜 ベリオロス

金雷公ジンオウガ

浮空竜 パオウルムー

滅尽龍 ネルギガンテ

さらに、パズドラレーダーでは初のコラボソウルアーマーが登場する。

コラボは、モンスターハンター:ワールドの発売より少し早い、1月22日(月)開始予定だ。

プロ認定大会にマンガ、アニメ、新グッズにコラボと、今後もパズドラから目が離せない!

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Rese
(C) 井上桃太/小学館
(C) ガンホー・オンラインエンターテイメント/パズドラプロジェクト・テレビ東京
(C) TOMY
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.