すべてのセガファンに対する里見会長の4つの答え【セガフェス2018】

Eye

4月14日(土)、セガフェス2018のオープニングステージ「すべてのセガファンに感謝をこめて SEGA Fan Meet-Up 2018」に同社の里見会長が登壇し、メガドラミニや新サクラ大戦プロジェクトなどが発表された。セガファンから寄せられた熱い想いや期待に対して、いくつかの「答え」を見せる場として、発表前から注目されていたその詳細をレポートする。

セガファンの前で里見氏が4つの発表!

本日から2日間にわたって開催されているセガのプライベートイベント「セガフェス2018」のオープニングステージに、同社代表取締役会長CEOの里見治紀氏が登壇。

ファンの前で4つの発表を行う、セガホールディングス代表取締役会長CEOの里見治紀氏

事前情報として、セガファンからの期待に応える形で、極秘プロジェクトの始動やリバイバル作品、各種取組みなど、いくつかの新規発表があるということで注目されていた。

今回、同氏から発表された内容は、以下のとおり。

Switchで新生「SEGA AGE」始動

2018年夏から順次配信が開始される計画で、全15タイトル以上が予定されている(すべてダウンロード販売)。日本だけでなく、北米、ヨーロッパでの同時展開だ。

本日発表されたタイトルは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『サンダーフォースIV』『ファンタシースター』の3つ。このうち、『サンダーフォースIV』は開催中のセガフェス2018で試遊可能となっている。

開発はエムツーが行い、全タイトルで追加要素を搭載することも発表された。
4月15日の15:40から配信される番組内で追加ラインナップや詳細が発表される模様だ。

メガドラミニ発売

2018年に30周年を迎えるメガドライブ。これを記念して、メガドライブミニ(仮称)が発売予定であることを発表。

収録ソフトはゲーム業界を席巻したものから、マニアもうなる名作まで、ユーザーの声を反映していくと宣言。

詳細は近日発表される予定だ。

シェンムーI、IIがPS4で復活

里見氏いわく、「世界初のオープンワールドゲーム」であるシェンムーI、IIをPS4で復活することが発表された。

ステージには、セガヨーロッパパブリッシング部門Evective Vice PresidentのJohn Clarkが芭月涼のコスチュームで登場し、このプロジェクトに関われることを誇りに思うとコメント。本作も2018年に発売が予定されている。

新サクラ大戦始動

ファンから復活の要望が耐えなかったサクラ大戦がついに動き出す。

舞台は太正29年の帝都・東京。サクラ大戦のDNAを受け継ぐ完全新作として開発される。里見氏自ら陣頭指揮を執り、セガあげてのプロジェクトになるようだ。

(C) SEGA
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。