• e-Sportsを題材にした漫画『バトル・アリーナ(仮)』が「マガポケ」にて2018年夏より連載開始!

e-Sportsを題材にした漫画『バトル・アリーナ(仮)』が「マガポケ」にて2018年夏より連載開始!

  • 2018年05月16日

講談社は、マガジン公式漫画アプリ「マガポケ」において、2018年夏よりe-Sportsをを題材にした漫画『バトル・アリーナ(仮)』を連載開始すると発表した。東京・渋谷の学校に通う高校生4人組が、架空のMOBAゲームを通じて成長していく姿が描かれる青春群像劇で、気鋭の新人・皆本形介氏が執筆を担当する。

架空のMOBAゲーム『バズログ』を通じて描かれる青春群像劇

[以下、リリースより]

コンピュータゲームで勝敗を競うスポーツ「e-Sports(エレクトロニックスポーツ)」。近年全世界で爆発的な人気を誇り、オリンピックなどのビッグスポーツイベントへの正式種目登録も検討されていて、日本でも注目が急速に高まっています。

この21世紀型の新競技を題材にした漫画『バトル・アリーナ(仮)』が、2018年夏、マガジン公式漫画アプリにて連載が開始されます。

東京・渋谷の学校に通う高校生4人組を主人公とし、彼らが架空のMOBAゲーム(※1)『バズログ』をプレイすることを通じて、競技者としても人間として成長していく青春群像劇です。

漫画を描くのは気鋭の新人・皆本形介氏。

グローバル展開を視野に入れた新感覚の漫画作品に是非ご注目ください。

  • 作品タイトル: 『バトル・アリーナ(仮)』
  • 漫画:皆本形介
  • 配信開始:2018年夏(予定)
  • メディア展開:マガジン公式漫画アプリ「マガジンポケット」(通称マガポケ)にて配信。(※2)
  • 担当部署:講談社 第三事業局 シリウス・ラノベ編集部

※1=戦略性とアクション制を兼ね備えたゲームで、複数のプレイヤーがチームを組んで各自のキャラクターを操作し、相手チームの拠点の破壊を目指す。e-Sports種目として人気が高い。代表的なタイトルは「League of Legends」など。

※2=「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」連載作品他、オリジナル作品や過去の人気漫画が基本無料で読める講談社の漫画アプリ。

2018年2月現在、累計ダウンロード数 約480万、MAU(月間アクティブユーザー数) 約80万人。