• パズドラ【攻略】: 「冥と海の鉄星龍【闇属性強化】」超地獄級 覚醒パンドラパーティー周回攻略

パズドラ【攻略】: 「冥と海の鉄星龍【闇属性強化】」超地獄級 覚醒パンドラパーティー周回攻略

3月28日(月)0:00~4月10日(日)23:59の期間で、「冥と海の鉄星龍【闇属性強化】」が登場。ここではハマル、アクベンス、シーン、カラットのスキル上げができるので、持っている人は周回しておこう。

  1. ダンジョン攻略:1バトル目
  2. ダンジョン攻略:2・4バトル目
  3. ダンジョン攻略:3バトル目
  4. ダンジョン攻略:5バトル目
  5. ダンジョン攻略:6バトル目
  6. ダンジョン攻略:ボス戦

ハマルとアクベンスのスキルを上げよう

本ダンジョンのボス「アリエス」「キャンサー」は、星機神シリーズのハマルとアクベンスのスキル上げ素材となっている。

これらの他にも、宝石姫シリーズの「カラット」と「シーン」のスキル上げをすることも可能だ。対象モンスターを持っている人は、ドロップ率が上がっているときに周回して集めておこう。

ドロップモンスター
【スキル名】
スキル上げ対象モンスター
白羊の鉄星龍・アリエス
【メテオチャージ・ダーク】
ハマル
巨蟹の鉄星龍・キャンサー
【スターダスト・アクア】
アクベンス
パープルガジェット
【沈着のアレキサンドライト】
シーン
ブルーガジェット
【崇高のサファイア】
カラット
ファントムキーパー
【グラビティワールド】
※ まれに出現
覚醒ハーデス

覚醒パンドラで周回攻略に挑戦

パーティー編成

今回は、本ダンジョンの特性である「闇属性強化」を利用した覚醒パンドラパーティーで挑む。

覚醒パンドラの最大倍率を出すためには闇ドロップを8個つなげないといけないので、サブには闇ドロップ変換を持ったモンスターを入れておこう。

陣スキルはリーダースキルによる補正もかかるズオーがおすすめだ。ドラゴンキラーも持っているので、6バトル目の機械龍が倒しやすくなる。

今回もパンドラには「明智光秀」のスキルを継承してある。

道中で秘密の箱を使わなければ、ボス戦にはスキル2がたまるので、ズオーのスキルと合わせて使おう(覚醒パンドラのヘイスト効果はどちらか使っておくこと)。

※ ズオーにもスキル継承してあるが、このダンジョンでスキル2を使うことはない。

1バトル目

「サファリット」と「アメリット」がランダムで7体出現する。ここは特に問題はないので、倍率を発動させて突破してしまおう。

全体攻撃ができる闇の5個消し(6.25倍)でもじゅうぶん倒すことが可能だ。

2・4バトル目

ここはランダムで以下のモンスターが出現する。

  • メタルドラゴン
  • サファイアドラゴン
  • ペンペンドラ
  • ヤミペンドラ
  • ブルーガジェット(先制:ランダムで毒ドロップを3個生成
  • パープルガジェット(先制:4109ダメージ+暗闇

先制で暗闇にされると少々やっかいだが、解きながら倍率を発動させられるように操作時間延長はたくさん搭載させておこう。

今回は2バトル目で覚醒パンドラ、4バトル目では闇ヴァルキリーのスキルを使って突破。どちらも1列(16倍)あれば倒せるだろう。

3バトル目

「ムーンライトカーバンクル」「マーキュライトカーバンクル」が登場。

ここはこれまでもモンスターよりHPは高くなっているが、闇属性強化のダンジョンなので、闇ドロップ1列を含めたコンボでも余裕で倒すことができる。

5バトル目

「パープルガジェット」「ダブアメリット」「ブルーガジェット」が1体ずつ出現する。先制は2・4バトル目と同様だ。

暗闇状態からパズルをしなければならないので、少しでも組みやすくするために変換スキルを使って闇ドロップを増やしておこう。

ここで使うスキルは、相手が生成してきた毒ドロップを変換することができる覚醒アヌビスのスキルがおすすめだ。

ダブアメリットだけ高防御ではあるが、闇属性強化のダンジョンなので最大倍率を出しておけば貫通できるはず。

6バトル目

ここは「氷砕機龍・アルデバラン」と「殲滅機龍・ハダル」のどちらかがランダムで出現。

どちらが出現してもドラゴンタイプには変わりないので、ドラゴンキラーを持っているズオーの敵ではない。

今回は最大倍率を発動させた4コンボを決めてみたが、ズオーだけでも200万以上のダメージを叩き出した。HP120万ほどしかない相手は、確実にオーバーキルだ。

ボス戦

「白羊の鉄星龍・アリエス」「巨蟹の鉄星龍・キャンサー」が出現。先制攻撃は以下のとおり。

  • アリエス: 3ターンの間、状態異常無効
  • キャンサー: 3ターンの間、4コンボ以下の攻撃吸収

ボス戦用に残しておいたズオーのスキル1とパンドラのスキル2を使ってとどめを刺しにいく。このとき、必ず5コンボ以上組むことを忘れないこと。

闇と木ドロップの2色陣を画像左のように組んだところ、落ちコンで闇の6個消しが決まったため、単体で500万以上出しているモンスターが4体も出ている。

相手のHPはそれぞれ385万ほどしかないので、ここでもオーバーキルとなった。

このダンジョンの特徴である闇属性強化を生かせば、サクッとクリアすることが可能だ。闇属性パーティー以外で周回するのであれば光か木属性のパーティーがおすすめ。

今回のSランク基準は少々高め。操作時間延長を大量に搭載させたパーティーで、平均コンボ数を増やしてスコアを稼ごう。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.