• 『Red Bull Air Race The Game』におけるフライトテクニックを解説! 千葉ステージでの勝利を目指せ

『Red Bull Air Race The Game』におけるフライトテクニックを解説! 千葉ステージでの勝利を目指せ

2016年6月4日(土)と5日(日)の2日間にかけ、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の2016年シーズン第3戦が千葉県立幕張海浜公園にて開催される。高まる期待感をさらに盛り上げるべく、フライトアクション『Red Bull Air Race The Game』をミニ特集!

極限のスピードを体感するフライトゲーム!正確無比な操縦テクを見せつけろ

TVのCMや電車の車内広告で、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」のことを知った方も多いのではないだろうか?

これは、世界トップクラスの実力を持つ14名のレースパイロットたちが一堂に会し、高速かつ機動性に優れたレース専用の飛行機を使用して操縦技術を競い合うレースイベントだ。

今週末、千葉・幕張海浜公園にその一大イベントがやってくる!

チャンピオンシップでは順位に応じてポイントが与えられ、その合計で年間優勝を競い合う形式。

日本からはエアロバティックス(曲技飛行)のエアショーパイロットとして活躍する室屋義秀選手が出場する。

昨年の最終順位は6位で、今年は第2戦までに3ポイントを獲得して現在11位につけている。ここからの巻き返しをぜひ期待したいところだ。

  • 優勝者:12ポイント
  • 2位:9ポイント
  • 3位:7ポイント
  • 4~8位:5~1ポイント(1点ずつ減)

千葉での開催は今年が2回目。昨年は延べ12万人が来場し、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」史上でも最高の盛り上がりを見せた

世界最速のモータースポーツ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」では、空気で膨らませた高さ25mのパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを最高速度370km/h、最大重力加速度10Gで飛行し、技術と体力、判断力、そして精神力の限りを尽くしてタイムを競い合うことになる。

幕張海浜公園の会場では、その迫力を間近に体感することが可能だ。すでにチケットを入手して楽しみにしている方もいることだろう。

さて、そのスリリングな体験をゲームでも楽しめるのはご存じだろうか? それが、『Red Bull Air Race The Game』である。

Red Bull Air Race The Game

このゲームではプレイヤー自身がパイロットとなり、その興奮をリアルに味わうことができる。開発は、『Project CARS』で知られるSlightly Mad Studiosが担当。

リアルなグラフィックと、迫りくるパイロンをギリギリでかわしていくスリルを味わえるのが特徴となっている。

リリースされたのは2014年だが、常にアップデートが行われており、2016年度シーズンのデータで最新のワールドチャンピオンシップツアーに参加することが可能だ

千葉大会でチャレンジャークラス出場を目指せ! ゲームの基本をレクチャー

ゲームを開始すると、いきなり千葉会場でのエキシビションレースがスタート!

操作方法はシンプルで、右手でスロットル(加速)、左手で左右の方向舵を制御。ゲームオプションから、端末本体を傾けるジャイロ操作に切り替えることも可能だ。

最初のエキシビションはチュートリアルを兼ねており、10本のパイロンを無事通過すればクリアとなる

基本ルールは、すべてのパイロンを通過して、より早いタイムでゴールに到達するというもの。ただし、パイロンの通過時には指定された範囲内に機体を収めなければならない。

パイロンに接触してしまうと、ペナルティーとして+2秒のタイムが加算される(チュートリアルではペナルティーなし)。

また、コースから大きく逸脱してしまったときには、残念ながら即座に失格となる。

実際のパイロンはバルーンで出来ており、破損した場合には90秒程度で即座に修復される。その手際のよさはレース会場での見どころの1つだ

パイロンの横を通過するときは、指定された範囲を飛ばなければならない。連続で「パーフェクト」を取ればボーナスアップ!

パイロン通過時にパーフェクトを狙うなら、機体を傾けないと内側の翼が接触してペナルティーを課されてしまうので注意しよう。

機体の中心を画像の青いエリア収めればパーフェクトとなり、レース終了時にボーナスのシルバーを受け取ることができる

海上に設置された千葉会場のレースコースは、5本ずつ2列に並んだパイロンを楕円のように周回するというシンプルな構成だ。リズムよく機体を左右に振っていけばそれなりのタイムが出せる。

折り返しの宙返りも、操作マーカーが出現したときに指で下へスワイプするだけでOK。次に左右どちらかへスワイプすれば、機体を水平に戻すことができる

なお。2本のパイロンの間を通過する「ゲート」では、機体を水平に保つ必要がある。

ゲーム中で特に説明などがないので、これに気づくまでは「高さが異なります」と注意されてペナルティーを課されてしまうことがあるだろう。

この点にも配慮しつつベストタイムを狙っていこう。

各パイロンは内側が垂直になるよう設計されており、高度の違いによって通過できる幅が変化しないように工夫されている。上昇から下降に移る直後のゲートではスピードを控えないと機体が浮いてしまい、想定した枠から機体がはみ出てしまう

最初にもらえる飛行機は「Extra 330LX」。性能は決して高くないが、全体的なバランスがまとまっているという印象だ。

レースで賞金を獲得してシルバーをためていけば、MAXで20段階のアップグレードを施すことができる。

場合によっては機体の性能がレース出場の条件の1つとなっていることもあるので、より上位の成績を収めるためにも積極的に強化していこう。

また。この機体はクラスAに分類されており、レースによってはクラスBやCの機体を別途手に入れておく必要がある。

初期状態と最大アップグレード時の比較。最大となるステージ20まで改良しても、最高速度は305km/hまで。クラスAに分類されるレースであっても、最高速度が306km/h以上の機体でないと出場できないものが少なくないので、別の機体もぜひ手入れておこう

機体はレースに出場するごとにメンテナンスが必要となる。シルバーやコインを使って修理することも可能だが、ある程度の時間をおけばレース開始直前に広告動画を見ることで、無料にてメンテナンスを済ませることが可能だ

各レースで上位に入賞すると、順位に応じてトロフィーが獲得できる。このトロフィーが、新たな会場やレースのアンロック条件となっているので、まずは機体のアップグレードを進めながらトロフィーを集めていこう。

  • 1位:ゴールドトロフィー
  • 2位:シルバートロフィー
  • 3位:ブロンズトロフィー

千葉会場のチャレンジャークラスに挑むには、49個のブロンズトロフィーが必要となる。マスタークラスには77個、スーパークラスには95個のブロンズトロフィーが必要だ

より速く、よりスムーズに飛ぶためには?

パーフェクトを狙いつつ、ベストなタイムを狙っていくには、空中に描かれたガイドを目印に機体を理想のラインにのせていくことが大事だ。

常に機体がガイドの中心に来るように操作して、大きく外れるようであれば迷わずスロットルを緩めよう。次のパイロンがある方向へ、やや寄せておくようにすればベスト!

またゲートを通過する手前ではコースの内側のラインに翼端を合わせつつ旋回し、手前で機体を水平に戻すのがおすすめだ。

白い矢印で描かれたガイドを常に意識しておくように。ややパイロン側へ機体を寄せておくとスムーズに飛行できる

千葉のエキシビジョンで室谷選手と対決!

千葉会場ではチャレンジャークラスに挑む前に、エキシビジョンクラスでいくつかのレースをプレイできる。

ここでは「パイロットと対戦」で室谷選手と対決した動画を紹介。ここまでで紹介してきたテクニックを生かしたフライトの様子を、ぜひチェックしてもらいたい。

腕前に自信がついたら「トーナメント」に出場

通常のステージはすべてNPC相手のレースとなっているが、本作にはほかのプレイヤーと競い合う「トーナメント」も用意されている。

「トーナメント」はすべて一発勝負のスリリングなレースで、期間内に上位の成績を収めれば、実際の「ワールドチャンピオンシップ」のように「トップ14」→「スーパ8」→「ファイナル4」とステップを踏んで勝利を目指していくことになる。

ただし、一度挑戦するごとに「燃料」を消費する。

燃料は1日につき2つしか支給されないので、必然的に挑める回数も制限される(広告動画を視聴する、コインを使用するなどの方法で追加可能)。

貴重な挑戦の機会をむだにしないよう、慎重にかつ大胆にフライトしよう!

6月1日の時点では「ワールドバーチャルトーナメント」として千葉ステージのトーナメントが開催中!

千葉大会限定グッズはグッドスマイルカンパニーから発売!

今年の日本での開催を記念して、千葉大会限定グッズがレッドスマイルカンパニーのプロデュースによって発売される。ラインナップは3種類。発売時期はいずれも2016年6月予定となっている。

Red Bull Air Race transforming plane

  • 10,000円(税込)

レッドブル缶が飛行機に変形! レッドブル缶とレッドブル・エアレースの飛行機のフォルムを精巧に再現した完成品変形モデル。シンプルな手順で缶から飛行機、飛行機から缶への変形が可能だ。飛行機形態ではレッドブル缶を台座にしてディスプレイすることもできる。

Red Bull Air Race transforming mini plane

  • 1,000円(税込)

小さなレッドブル缶がワンタッチで飛行機に変形! 小さなレッドブル缶キーホルダーが、ワンタッチで缶から飛行機、飛行機から缶へ変形する。

Red Bull Air Race Team Yoshi Muroya Commemorative Aircraft Model

  • 3,000円(税込)

2015年シーズンTeam Yoshi Muroyaの飛行機を精密に再現した完成品ミニチュア飛行機モデル。シングルパイロン2基が付属し、パイロンの間を駆け抜けるレッドブル・エアレースの迫力を再現できる。

そのほかにも、多彩な公式グッズが発売。Tシャツやキャップなどのアパレル製品のほか、マグカップや腕時計なども千葉会場で販売される。もし当日に会場で手に入れられなかった人はこちらのページにて購入可能だ。

Red Bull Air Race Chiba 2016(レッドブル・エアレース 千葉2016)

  • 日程:6月4日(土)予選、6月5日(日)決勝
  • 開場:10:00(予定)、競技開始13:00(予定)、競技終了16:00(予定)
    ※雨天決行、荒天中止
    ※上記時間は天候などにより変更になる場合がございます。
  • 会場:千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)
  • 内容:国際航空連盟(FAI)公認の飛行機レース世界選手権、全8戦の第3戦目
    世界トップクラスのレースパイロット14 名が参加
  • 主催:レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会
    (グッドスマイルカンパニー、ローソンHMV エンタテイメント、Zepp ライブ、エアレース・ジャパン)
  • 特別後援:千葉市、浦安市
  • 後援:オーストリア大使館、千葉県(予定)、レッドブル・エアレース千葉後援会
  • ナショナルパートナー:FALKEN、AVIREX、JTB
  • グローバルパートナー:BREITLING、DHL

(C) 2016 Red Bull
(C) Red Bull Air Race Chiba 2016
(C) GOOD SMILE COMPANY
Red Bull(R) Marks and the Red Bull Air Race Logo are licensed by Red BullGmbH/Austria