• 会場限定の『パズルオブエンパイアVR』でパズエンキャラとお風呂に入れる!? 恥ずかしさに負けずに突撃してきた【TGS2016】

会場限定の『パズルオブエンパイアVR』でパズエンキャラとお風呂に入れる!? 恥ずかしさに負けずに突撃してきた【TGS2016】

TGS2016の芸者東京エンターテインメントブースでは、9月9日にリリースされたばかりのパズルRPG『パズルオブエンパイア』のプロモーションが、VRを使って行なわれていた。ゲームに登場するあのキャラクターと、2人きりで入浴を……!?

中学3年生の「アウグストゥス」とムフフな入浴タイム!

なかなかキャッチーな会社名が印象的な芸者東京エンターテインメントのブースでは、先週より配信が始まったばかりの新作パズルゲーム『パズルオブエンパイア』のプロモーションが行なわれていた。

ブースに到着してもゲームの試遊などはできず、そこにあるのは子ども用のビニールプールと、お風呂に入っている女の子の映像のみ。プールには水も入っておらず、かなり怪しい空気を醸し出していた……。

ブースの様子はこちら。VRぱずえん温泉 ローマ風……なんかすごそうだ!

お気づきの方もいるかと思われるが、今回出展されたのは、『パズルオブエンパイア』のキャラクター「アウグストゥス」といっしょにお風呂に入れるという画期的なVRコンテンツ。

それだけでなく、なんと今回の東京ゲームショウ2016のためだけに作られたというから驚きだ。

アウグストゥスは、ローマ女学院に通っている中学3年生の女の子。ゲーム開始時に選べるキャラクターの1人だ

やっていることはスゴイのだが、芸者東京エンターテインメントはいったいどこを目指しているのか、非常に気になって仕方がない。

ということで、さっそくVRを体験プレイ!

臨場感はバツグン! 恥ずかしさはさらにスゴイ!

かなり目を引くのだろうか……。この展示の周囲には常に大勢の人だかりができていた。できれば、ほかの人がいないときにプレイしたかったのだが、思い切ってスタッフさんに声を掛けてみることに。

セクシーな衣装を身にまとったコンパニオンの方もたくさんいたので、せっかくだからと写真を撮らせていただいた

ゲーム画面の操作などは必要なく、とりあえずゴーグルを着けるだけでいいとのことなので、ビニールプールに飛び込んでVRゴーグルを装着してみる。

ゲーム画面を見せられないのが残念ではあるが、その出来はかなりのもの。たまにアウグストゥスが話しかけてくれるので、ゆっくりとお湯に浸かりながら(?)癒しのひと時を楽しめる。

頭を上下左右に動かしてみると、ちゃんとお風呂の周りの様子も見れるので、体験するときは正面以外もしっかり見渡しておこう。

本編のゲーム画面と見比べると、その差は一目瞭然。ぜひとも、この姿のアウグストゥスをゲーム本編にも登場させてもらいたいものだ

といった感じでVR体験が終わったのだが、気分はお風呂上がりのようにスッキリ!

……とはいえ、かなり恥ずかしかったのだが。

「反省しました」キャンペーンの理由を聞いてみた

先日、『パズルオブエンパイア』のゲーム内で、「反省しましたジェムもらってくださいキャンペーン」という謎のキャンペーンで、ジェムが大量に配られていたのは、本作のプレイヤーなら記憶に残っているだろう。

今回は、せっかくなのでスタッフの方に、このキャンペーンを行なった理由を聞いてみることに。果たして、芸者東京エンターテインメントは何に反省しているのか。

唐突に大量のジェムが! 多くのプレイヤーを驚かせたこのキャンペーン

ガチャが渋いという意見は運営にもしっかり届いていた!

本作では、キャラクターが入手できるガチャで最高レアリティーを獲得できる確率が約0.2%と、スマホゲームの中ではかなり低め。

ユーザーからは、「ガチャが渋い」という声が聞こえることも多かった。

この意見は運営にもしっかり届いているようで、ゲームを存分に楽しめるようにジェムを配布することにしたそうだ。

今なら、ゲーム開始直後から何度もガチャが引けるので、武将もたくさん手に入る!

今後のアップデートにも気合が入っているとのことなので、より面白いゲームにしようというスタッフの意気込みが強く伝わって来た。

……それにしても、今回のVR体験は素晴らしかった!

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) 2002-2016 CESA / Nikkei Business Publications, Inc.
(C) 2016 Geisha Tokyo Entertainment, Inc. All Rights Reserved.