• 大橋歩夕さんと荒浪和沙さんが発表会で生アフレコ! 台湾で大人気の『レルムクロニクル』が日本上陸【TGS2016】

大橋歩夕さんと荒浪和沙さんが発表会で生アフレコ! 台湾で大人気の『レルムクロニクル』が日本上陸【TGS2016】

台湾のゲームパブリッシャー・Mobimon Inc.は株式会社シーナ・ゲームスと共同で、東京ゲームショウ2016においてメディア発表会を開催した。シミュレーションRPG『レルムクロニクル』の日本サービスに加えて、ミュージックRPG『トリオ・ソナタ』や対戦艦隊シミュレーション『フラッグシップ』の発表も!

台湾の大手パブリッシャーが独立系開発会社とタッグを組んで日本進出

Mobimon Inc.は、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』や『乖離性ミリオンアーサー』、『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』『チェインクロニクル』『SDガンダム ジージェネレーションフロンティア』などの人気ゲームを台湾・香港・マカオで配信している大手パブリッシャーだ。

また、同社の日本市場開拓のパートナーとして選ばれたシーナ・ゲームスは、台湾で有名な独立系開発チーム。同社が開発を手掛ける『レルムクロニクル』はサービス開始前から注目を集めており、リリース後には見事に台湾ナンバー1シミュレーションRPGを受賞している。

今回の発表会では、この両社がタッグを組み、台湾の優れたゲームを日本に向けて提供していくことがアナウンスされた。

シーナ・ゲームスの呉以尋プロデューサーは、「私自身が日本のゲームを長年にわたって遊んでおり、Mobimonと協力して日本市場を開拓するということで、聖地巡礼のような気分を味わっています。これを機会に、日本のプレイヤーと交流していきたいと考えています」と語った。

『レルムクロニクル』はすでに台湾でサービス中となっており、日本では2016年の第4四半期にリリースされる予定。また『トリオ・ソナタ』と『フラッグシップ』はそれぞれ2016年と2017年にリリース予定となっており、日本でも順次配信されるのことだ。

ファンタジー戦略シミュレーション『レルムクロニクル』

『レルムクロニクル』は、剣と魔法の世界で戦争を続けている「エルバラン王国」を舞台にしたタイトル。主人公はとある重大な事件に遭遇し、自分探しの旅に出かけることになる。

旅の途中で多くの仲間に出会い、協力したり真っ向からぶつかり合ったりして、旅を続けていく。仲間のキャラクターそれぞれに用意された専用シナリオを楽しむことも可能だ。

登場キャラクターは100人以上。また100万字以上の膨大なシナリオテキストが存在し、メインストーリーと外電シナリオで仲間との深い絆が描かれる。

バトルモードは正統派のシミュレーションRPG。地形の優劣やキャラクター属性、仲間のスキル、能力を増強する装備品など、さまざまな要素で深い戦略性が組み立てられている。ただし、背後からの攻撃が強いといった分かりづらい要素は排除されているとのこと。

そのほかにも独自のシステムとして、異世界からの強敵に挑む王家騎士団クエストや、世界各地に散らばった謎めいた詩を集めて「詩歌魔法」を完成させる詩歌システムが搭載されている。

刻々と変わる戦局、無限大の戦略……多様なスキルの組み合わせで最強のパーティーを作り上げ、並みいる敵を撃破していこう!

共闘で楽しむ音楽RPG『トリオ・ソナタ』

人類はついに未開拓地域「新世界」の存在を発見した……というプロローグから始まる『トリオ・ソナタ』のストーリー。

新世界の淵では、任意に形を作ったり消したりする不思議な鉱石を見つけることができる。技術や知識をこの鉱石に書き込み、この石と共鳴する「適格者」に渡すと、その能力を自由に扱うことができるというのが本作の世界観だ。

プレイヤーは適格者を集めて訓練し、新世界探索の先駆者となって、凶悪な原生種や第二文明の精霊族と出会うことになる。

本作の特徴は、3人で戦う華麗な「共闘システム」だ。多用な武器タイプとコンボによって生まれるエネルギーが、刻々と変化するバトルを盛り上げる。

また武器の切り替えや回避などのアクションは、片手で簡単に操作できるとのこと。ちょっとした合間に楽しめるタイトルとなりそうだ。

●音律システム

音律システムを装備すると、必殺技を発動したときにこれが起動し、さらに効果がパワーアップする。

音律は「固有音律」と「誘導音律」に分かれており、固有音律はゲーム内で入手可能だが、誘導音律はプレイヤーの端末に保存された音楽によって設定される。そして、その音楽の波形によってランダムな補助効果(バフ)が発動!

●アバターシステムとカードスキル

キャラクターを着飾るアバターは、体(上下)、グローブ、足、頭、アクセサリーの部位に分かれている。バトルでアバターを入手し、能力を強化することが可能だ。

さらに素材による強化を通じて、装備品をアップグレードすることもできる。

ストーリー中に登場する人々は、バトル中にスキルカードとなって強力なパワーを発揮する。カードを装備することで、主人公の能力をより向上させることが可能だ。

リアル対戦艦隊シミュレーション『フラッグシップ』

『フラッグシップ』は、新進気鋭の司令官となった艦隊を編成して戦うリアルタイム対戦ゲーム。

プレイヤーは初陣で勝利を飾った新人司令官となり、深い戦略で自分の艦隊を導き、敵の勢力とぶつかり合うことになる。ゲーム開始時には、帝国陣営と統合連邦軍のどちらに所属するかを自由に選択可能だ。

この2つの陣営は1世紀以上にわたって互いにけん制し合ってきたが、ある日、この宙域に新たな軍隊が出現! 外域から来たこの勢力は侵略を目的として、両陣営の境界から侵入!

敵陣営をけん制しながら、どのように共有の外敵に対抗するのか……すべては指揮官の頭脳にかかっている。

●統合決断システム

同じ陣営に属する指揮官は、次に攻める惑星を同時投票で決定する。影響力の高い指揮官にはより多くの票が与えられるため、仲間と相談しながら戦略方針の相違を解決するという政治力の高さが問われることに。

●軍備運送および貿易システム

非戦時の艦隊は、宇宙海賊の撃退と物資の運送をクエストとしてこなしていくことに。各惑星で入手した特産品や貨物を、物資の乏しいエリアに輸送すれば、じゅうぶんな利益を含んだ価格で取引できる(価格は取引量に影響される)。

また、途中で宇宙海賊に遭遇したり、輸送艦を攻撃したりすることも可能だ。

●戦艦強化とラウンド制リアルタイムバトル

戦艦の改造と艦長の育成が、戦力を増大させる近道となっている。戦況に応じて艦隊の配置を変更することも必要だ。

また個性あふれる艦長たちは、それぞれ特殊能力を持っている。例えば、敵の動きを予測できる艦長であれば艦隊全体の回避力を上げ、戦略型の艦長なら相手の移動先で待ち伏せを行うことができる。

攻略戦はリアルタイムバトルで進行。双方の艦隊は3ラウンドの戦闘を行うが、艦隊の動きは行動力および武器の順位によって決定される。毎ラウンド引ける戦略カードをうまく使えば、一発逆転を狙うことも可能だ。

『レルムクロニクル』には大橋歩夕さんと荒浪和沙さんが出演!

発表会では、『レルムクロニクル』に出演する2人の女性声優、大橋歩夕さん(ローセ役)と荒浪和沙さん(マリー役)もゲストとして登場。ゲームの映像に合わせて、生アフレコによる演技を披露してくれた。

マリー役の荒浪和沙さん(左)とローセ役の大橋歩夕さん(右)

ゲーム中では何かとお転婆な所を見せるローセ姫だが、大橋さんは小さな頃から男の子と遊ぶ機会が多く、木登りも得意としていたとのこと。おしとやかな雰囲気からは想像しづらいが、お花見などに参加したときには「あの木はこうやって登れそう」と、自然に考えてしまうそうだ。

一方、荒浪さんの演じるマリーはローセ姫の身の回りの世話をしてくれるキャラクターだが、荒浪さん自身は「世話をされるほう」。ずぼらなところがあるので、いろいろケアしてほしいと話していた。

『レルムクロニクル』のバトルでは、彼女たちの熱演による華麗なセリフを聞くことができるので、今から楽しみにしておこう!

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) 2016 Sheena Games Ltd. All Rights Reserved. Published by Mobimon Inc.
(C) 2002-2016 CESA / Nikkei Business Publications, Inc.