『ミトラスフィア』独占インタビュー【8】:愛美さんに聞く!お姉さん風の「青いわね」のセリフに注目!?

004

バンク・オブ・イノベーションが開発中の新作RPG『ミトラスフィア -MITRASPHERE-』(以下、ミトラスフィア)。その特徴の1つである「なりきりボイス」を担当する声優・愛美さんにインタビュー!

愛美さんが演じたのは「お色気系のお姉さん」と「メイドさん」

『ミトラスフィア』事前登録サイトはこちら

「なりきりボイス」とは?

『ミトラスフィア』は、壮大でどこかなつかしい雰囲気の2Dファンタジーワールドで冒険とバトルを楽しめるオンラインRPG。そのコンセプトは「Re:アクションなりきりRPG」となっている。

プレイヤーは、スタンプ感覚で手軽に使える“定型文チャット”と“なりきりボイス”を組み合わせた新体験コミュニケーションツール「なりきりチャット」を使って、プレイヤー同士のリアクションを楽しみながら、なりたい自分になりきって遊ぶことができる。

なりきりボイスは30種類以上用意されており、さまざまな性格を再現した声を自分のイメージに合わせてチョイスすることが可能だ

シーンに合わせて自由に使えるボイスが、それぞれのなりきりボイスごとに40個も用意されているので、プレイヤー同士の会話が盛り上がること間違いなしだ。

愛美さんにインタビュー!

自分のアバター作成にはこだわりたい!

――今回のお仕事を依頼されて、このゲームに対してどんな印象を持ちましたか?

愛美さん(以下、愛美):自由にアバターを自分で作れるところが、すごく魅力的に感じました。私もそういうところにこだわるタイプなので(笑)。

1日中作っていたりすることもあるので、選択肢がいっぱいあるとうれしいですね。

――特定のキャラクターではないという点で、いつもの収録とは違う部分もあったかと思います。特に注意したところは?

愛美:これっていうキャラクターがあるわけではないので、最初にお話をいただいた段階で、あらかじめ自分の中でキャラクターをイメージしてきました。

いつもの現場では、キャラクターイラストがある場合は音響監督に演技のイメージをお任せしてしまうんですけれど、今回はそれがなかったので、自分でも軸をぶらさないように気をつけました。

――収録現場では、スタッフから「こんな風に演じてほしい」といった要望はありましたか?

愛美:2パターンのボイスを収録したのですが、メイドさんのほうは結構かわいらしい感じなのかなと思ったのですが、大人っぽくしっかりとした感じでと言われました。

もう1つのお色気のあるお姉さんは、低めの声で演じました。年下の男の子に対して余裕のある感じなのが、特徴的だと思います。

――2パターンのどちらも、ちょっと大人な感じの演技なのでしょうか?

愛美:そうですね! 最初、メイドさんのほうはもっとかわいく演じるつもりだったのですが(笑)。でも、大人っぽいキャラクターは好きなので、そのように演じられてよかったです。

愛美さんのゲームライフは雑食系?

――愛美さんが使っているスマートフォンは何ですか?

愛美:iPhone です。

――声優さんはiPhoneが多い印象です。普段、iPhoneでゲームをプレイしますか?

愛美:かなりやります(笑)。

――どんなジャンルですか?

愛美:雑食でいっぱい遊ぶんですけれど、今プレイしているのはRPG系のゲームです。あとは謎解きとか、ノベルゲームもけっこう好きです。

ほかにもリズムゲームとか。いろいろと手を出しています。

実はパズルゲームが不得意で、なかなか続けられないんです(笑)。

――今ハマっているのは?

愛美:キャラクターの嘘を見抜く恋愛アドベンチャーゲームと、位置ゲー要素もあるドラゴンが出てくるRPGです。それから、男性アイドルのリズムゲームとか。

――男性アイドルが登場するゲームなどでは、出演されているキャストの方が気になったりしますか?

愛美:あまり声優の方を調べたりすることがないんです。キャラクターの魅力から入るほうですね。

――キャラクターソングのCDやライブなんかも気になりますか?

愛美:けっこう、はい(笑)。好きですね。2.5次元を楽しんじゃうタイプです。

――謎解きミステリーも好きなんですね。

愛美:めちゃ好きですね。最近は、矛盾点を探し出して真実に迫るタイプがお気に入りです。脱出ゲームとかも好きなので……。

――わりと頭を使って遊ぶほうですか。

愛美:そうですね! そういうタイプのゲームが好きです。

でもパズルは苦手(笑)。感覚じゃなくて、研究しないとダメというところが合わないんです。

――いろんなゲームでオンラインの要素が盛り込まれていますが、対戦や協力プレイはいかがですか?

愛美:知らない人とオンラインで一緒にモンスターを倒せたりするのはいいですね。すごくうれしいというか、人の温かみを感じます(笑)。

――お友だちとゲームの話をすることはありますか?

愛美:私の周りだとスマホゲームをすごく遊んでいるという人は少ないんですけれど、やっている人は絶対課金しているみたいなのはあります。

私は全然課金しないほうなんですが。でもこの間、600円だけ課金しちゃいました(笑)。

ファンタジー世界に行ったら釣りがしたい!

――いろんなゲームでいろんなファンタジーの世界があるかと思いますが、愛美さんが異世界を訪れることになったら、どんな職業で活躍したいですか?

愛美:これはですねー、魚を釣る人ですかね。

私は魚を釣るゲームも好きで、以前にも家庭用ゲーム機の釣りゲームにハマっていたことがあるんです。牧場育成ゲームでも釣りばっかりやっています。

現実ではやったことがないんですが(笑)。

――ゲームの中の釣りが好き(笑)。今までゲームの中で釣り上げたもので印象に残っているものはありますか?

愛美:何だろう……タイヤとか(笑)。

――釣りをしている最中にモンスターが出現して、戦わないといけないときもあると思います。どんなモンスターに襲われそうですか?

愛美:出てくるとしたら、やっぱり竜みたいなモンスターがいいですね。がっつりボス系みたいな。

――どんなタイプの竜と戦ってみたいですか?

愛美:毒は嫌いだから……火とかのほうが避けやすくていいですね。

――逆に、苦手なタイプのモンスターは?

愛美:やっぱり毒系はいやですね。じわじわやられちゃうから。……毒消しを飲む手間が面倒なんです(笑)。

――現実の世界で苦手な生き物などはありますか?

愛美:意外と、犬や猫が不得意というか……。

小さい頃から苦手で、最近はだいぶ克服したんですけれど。やっと自然に触れ合えるようになってきました。

――何か苦手になってしまうようなエピソードがあったんでしょうか?

愛美:なんだかとても素直なので、自分の感情の鏡というか。それで自分が怖がってしまうと、向こうも吠えてきたりとか。それがちょっと苦手で。

――なるほど。お互い子どもだったね、みたいな。

愛美:そうなんです! こっちが大人になって少し余裕ができて、「意外と大丈夫なんだ」と気づいた感じです。

――なるほど! では、愛美さんのボイスを選んでもらえるようにアピールをお願いします。

愛美:1つひとつのボイスにこだわって収録しました。キャラクターにこだわりがある方は、ぜひ私の声を使っていただければと思います。

特に、お色気系のお姉さんのほうなんかは、できれば年下男子のプレイヤーの方に使ってほしいですね(笑)。

――このセリフをぜひ聞いてほしいというものはありますか?

愛美:「ふふ、青いわね」っていう、なかなか見下した感じのセリフがあるのですが(笑)、これを聞いて「あ、いいな」と思ってもらえるとうれしいです。

「誘ってるの?」というのも、頑張って色気を出したので注目してほしいです。

メイドのほうは「イエス、マイロード」がお気に入りですが、普段なかなか言わないセリフですよね(笑)。

「お帰りなさいませ」のセリフも、温かみを入れて何度も取り直したこだわりの演技になっているので、ぜひ聴いてほしいです。

――ゲームの中で聴けるのを楽しみにしています。本日はありがとうございました。

(C) 2016 Bank of Innovation