• 韓国のネットカフェPCバンはゲーセンとネカフェの融合施設?!【NDC17】

韓国のネットカフェPCバンはゲーセンとネカフェの融合施設?!【NDC17】

NDC2日目のセッション終了後、NEXON Korea近くにあるPCバン「3POP」の見学に参加した。そこには、日本のインターネットカフェとはまったく異なるゲーム空間が存在していた。現地の模様や担当者に聞いた利用実態を紹介していこう。

韓国版ネットカフェPCバンはゲーマーズヘブンな施設

今回訪れたのは、NEXON Koreaがあるソウル市パンギョの駅近くに構えるPCカフェ「3 POP」。

日本のものとそう変わらない雑居ビルの3階に、その店は構えている。

3POPが店を構えるビルの入り口。異国の地だから余計に感じるのかもしれないが、ちょっとあやしげなムードで、1人だと入るのに少し勇気がいる

韓国のPCカフェはPCバンといい、日本の漫画を読んだりするインターネットカフェとは異なり、PCオンラインゲームをプレイするための施設となっている。

日本のインターネットカフェの場合、基本的に1人で利用するので、PC1台ずつがブースで区切られており、静かに利用するのがルールとなっている。

対して、3POPではブースで分けられているわけではなく、グループで訪れてワイワイとプレイすることができるのだ。

利用料金が1時間あたり1,400ウォン(約140円)とかなり安い。

ユーザーによってばらつきがあるが、1回あたりの利用時間は平均で2時間程度であるそうだ。

ひらけたスペースにゲーミングPCがズラッと並ぶ店内。キーボードを叩く音や、話し声が響き渡り、日本のインターネットカフェとはずいぶん雰囲気が異なる

利用者層は幅広く、小学生が放課後に友だちと一緒にゲームを遊ぶために利用することもあるそうだ。

24時間営業のため、終電を逃した人が始発まで過ごす目的で利用することもあるそうだが、シャワーは設置していないため、日本でいうネットカフェ難民は存在しない。

訪れたのは平日の夕方。10代~20代の若者を中心に、多くのゲーマーが集まっている。女性客の姿も多く見受けられた

この店舗に限らず、PCバンでよく遊ばれる人気のタイトルは、『オーバーウォッチ』『League of Legends』『EA SPORTS™ FIFA Online 3』『Sudden Attack』など。

どれもe-Sportsの種目として採用されるタイトルで、友だちでチームを組んでプレイしているようだ。

すべてのPCが、各種人気タイトルが満足に動くスペック。ちなみに、韓国にはこういったPCバンがいたるところにあるため、個人向けノートPCが売れないという話もあるそうだ

また、この店舗は韓国に10,100店舗あるネクソン加盟店のうちの1つ。

ネクソン加盟店では、ネクソンのタイトルをプレイすると、MMORPGで獲得経験値が増えたり、特典アイテムが使えたりするとのこと。

自宅でプレイしているゲームでも、わざわざPCバンまで足を運んでプレイすることもあるそうだ。

ゲーム内で使用する通貨を購入する端末も設置。クレジットカードがなくても、この端末で現金決済をし、発行されるシリアルコードをゲーム内で入力することで購入ができる