• 原作再現を追求した『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』ステージレポート【AnimeJapan 2018】

原作再現を追求した『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』ステージレポート【AnimeJapan 2018】

02

人気TVアニメ『幽☆遊☆白書』を原作とした新作スマホRPG『幽☆遊☆白書 100%本気バトル』。AnimeJapan 2018のKLabGamesブース特設ステージにて、原作再現にこだわったという本作の紹介がされた。ここでは、ステージで明かされた本作の特徴を紹介していこう。

本気と書いてマジと読む魔界最強バトルRPG

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』は、KLabとアクセルゲームスタジオが共同開発する新作スマートフォン向けゲーム。

人気TVアニメ『幽☆遊☆白書』を原作としたRPGとなっており、浦飯幽助や桑原和真、蔵馬、飛影など、おなじみの登場人物たちがSDキャラクターとなって戦うゲームだ。

ステージ上に登壇したKLabGamesの小山卓也氏、柴田和紀氏によると、『幽☆遊☆白書』オールスターと言っても過言ではないほど、たくさんのキャラクターが登場する模様。

『幽☆遊☆白書』のファンも忘れているようなマイナーなキャラクターまで実装されるとのことなので、ファンであれば期待せずにはいられないだろう。

KLabGamesの小山卓也氏(左)と柴田和紀氏(右)

また、原作のストーリーを追体験できるシナリオや、バトルにおける必殺技など、あらゆる場面で原作を再現しているというこだわりに注目だ。

5キャラクターでチームを組んで戦うシステムとなっており、原作で関りの深いキャラクター同士を編成すると発動する「リンクスキル」や、戦闘には参加しないサポートキャラクターなどを選んで、より強いチームを目指していく。

バトルは基本的にオートで進行するが、ゲージが満タンになると発動できる必殺技はプレイヤーが任意のタイミングで使用する。

必殺技については、カットイン演出やSDキャラクターのアクション、セリフも見どころ。細部まで原作を再現するためにこだわって作っているとのことだ。

また、原作にも登場した格闘技トーナメント「暗黒武術会」は、ひとつのモードとして登場する模様。詳細は明かされなかったが、さまざまなアプローチで原作の魅力を再現しているようだ。

気になるリリース日については言及されなかったので、公式サイトや公式Twitterにて随時発表されるであろう続報に注目してほしい。

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』PV

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』PV第2弾

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
(C)Yoshihiro Togashi 1990年−1994年 (C)ぴえろ/集英社
(C)KLabGames/AXEL GameStudio Inc.