にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】:キャラの持つ妨害効果について解説!

『にゃんこ大戦争』には、相手の動きを止めたり、遅くしたりする妨害効果を持っているキャラが多数存在する。今回は、自分のキャラが敵に行う妨害効果を、効果ごとに解説。効果の内容がよくわからないという初心者の方は、ぜひ読んでみてほしい。

■目次
1.難しいステージをクリアするには必要不可欠!
2.主な妨害効果は4種類
 └ふっとばす
 └動きを遅くする
 └動きを止める
 └攻撃力低下

難しいステージをクリアするには必要不可欠!

『にゃんこ大戦争』では、さまざまな特殊効果を持ったキャラが登場する。中でも、敵を妨害する効果はステージクリアに大きく貢献してくれるため、需要が高い。

しかし、妨害効果自体は多くないのだが、似たような効果もあるため、どれが強いかわからないという人もいるだろう。

本稿では、そんな妨害効果を効果別に解説していく。本作を始めたばかりで、まだ効果をしっかりと把握できていない人などは、ここで妨害効果について知ろう。

暴風ステージなど、高難度のステージは基本的に妨害キャラが必須だ

主な妨害効果は4種類

味方が敵のキャラを妨害する主な効果は4種類。どれもステージの難易度を下げることにつながる強力なものなので、しっかりと効果を理解しておこう。

また、一部の効果は発動するとアイコンが敵に表示される。効果持ちを複数種類採用するときは、どの効果が発動しているかアイコンで見極めるといいだろう。

ふっとばす

一定確率で、敵をふっとばして後退させる効果。敵を自分の拠点から遠ざけることができるので、前線を押し戻す際に重宝する。

また、攻撃モーションを中断させることができるため、攻撃モーションの長い敵にも有効だ。

ただし、一定ダメージを与えてノックバックさせるときよりも、後退させる距離は短くなっている。

動きを遅くする

一定確率で、敵の移動速度を大幅に減少させる効果。足の速い敵に効果的で、一気に進軍してくる黒い敵などに特に機能しやすい。

注意点として、遅くするのは移動速度だけであり、攻撃速度には影響がない。そのため、敵と戦闘中の際に効果が発動しても、敵の攻撃回数を減らすことはできない。

イノシャシやぶんぶん先生など、攻撃速度の速いキャラを止めるときは、遅くする効果で移動速度を下げたあとに、ふっとばす効果で後退させて距離を取る方法がおすすめだ。

動きを止める

一定確率で敵の動きを止める効果。動きを止めると、攻撃や移動などのすべての動作を封じることができる。

動きを止めている間はこちらが一方的に攻撃できるので、一撃でこちらのキャラを倒すような敵と戦う際に発動すれば、攻撃するチャンスを増やせるだろう。

ただし、強力な効果であるが故に、発動確率が低かったり、効果時間が短かったりすることが多い。コストの低いキャラの場合は、量産して数で確率などを補っていこう。

攻撃力低下

一定確率で、敵の攻撃力を減少させる効果。ほかの妨害効果に比べて発動しやすく、効果時間も長いのが特徴的だ。

行動を妨害する効果に比べると地味ではあるが、壁役が1発でも多く敵の攻撃を耐えられるようになれば、戦闘がグッと楽になるステージも多い。

敵の攻撃自体は通常通り行われるので、こちらのキャラをふっとばしたりするような、妨害効果を持った敵には効果が薄いことを覚えておこう。

(C)PONOS Corp.