#コンパス攻略

#コンパス【レポート】: 超「#コンパス」ステージ1日目全貌レポート!30日参加者必見情報も!!

3年ぶりにオフライン開催が叶った「ニコニコ超会議2022」の「超『#コンパス』ステージ」1日目となる4月29日(金・祝)を写真をメインにレポート。29日に参加できなかった方はもちろん、30日(土)に現地参加、視聴参加を考えている方に一読してもらえれば幸いだ。

公認Discordでコットン太郎バー開催!


▲画像をタップ(クリック)してDiscordに参加しよう!▲

3年ぶりのオフライン開催は初日から大盛り上がり!

2019年以来、久しぶりのオフライン開催となった「ニコニコ超会議2022」。

今年も、超「#コンパス」ステージが出展し、初日からオフライン・オンラインともに活気あふれるイベントとなった。

MCを務めたのは、おなじみのコットン太郎さん(写真左)とまるこさん(写真右)。オンライン視聴者数とコメント数は3年前を大きく上回ったとのこと

本記事では筆者が実際に1日目をオープニングからエンディングまで満喫した模様をお届けしていこう。

筆者が後悔した早いうちに向かうことをおすすめしたい2スポット!

最初に紹介したいのが、30日(土)に現地参加する方に向けて、会場に着いたら優先して向かいたい2つのスポット。

どちらも人気で、遅い時間になると待ち時間が長くなってしまいがちなので注意しよう。

1.超物販

『#コンパス』ファンのみならず、超会議に参加する方の多くが最初に向かうであろう「超物販」は、会場オープンと同時に大行列になる。

定期的にチェックできたわけではないが、時間が経つほど列が長くなっていた印象があるので、開場から参加する場合は第一に行くことをおすすめしたい。

グッズ需要の高さからか、『#コンパス』専用のレジがいくつも設けられていた。今回、注文はレジで直接するシステムとなっていた

1日目で特に人気だったのが、WEGOコラボ商品や新しい『#コンパス』Tシャツ。

これらの商品がほしいかたは、特に優先度を高めて超物販へと向かおう!

終わり際もねらい目!?

あくまで一例だが、超「#コンパス」ステージが終わったあと、帰り際に超物販に向かってみたところ、運よく一切並ぶことなくグッズ購入することができた。

ただ、人気商品は当然売り切れで買えなかったうえ、明日も同じように買えるとは断言できないので、ステージ終了後にダメ元で向かうくらいの意気込みで狙ってみるのはアリかもしれない。

筆者が購入したのが、ランダム封入のアクリルステッカーとサウンドトラックなど。きららを2枚も引ける過去一とも言っていい、いい引きだった!

2.『#コンパスライブアリーナ』試遊コーナー

『超物販』同様、早ければ早いほど待ち時間少なく遊びやすいのが『#コンパス ライブアリーナ』の試遊だ。

メインステージでのオープニングが始まることには混み始め、タイミングによっては70~120分待ちになっていたこともあった。

プレイ模様は外からも見えるようになっているが、パワーアップしたライアリは、ぜひ自分の手でプレイしたいところ……!

結局、筆者は時間が取れずに諦めることになってしまったので、30日(土)朝イチでリベンジしてプレイインプレッションなどをお届けしていく!

ショッパーは必ず確保!!

超「#コンパス」ステージ付近で配られる、ライブアリーナ衣装に身を包んだヒーローたちが描かれたショッパーの中には、「マスクステッカー」や「フライヤー」が入っている!

ステッカーは、その名の通りマスクに付けてイベントをさらに楽しみやすくするほか、スマホやPCにデコレーションするのにも使えるものになっているので、ぜひぜひゲットしよう。

ショッパーを配るスタッフは一目瞭然!ステージに向かえば間違いなく目に入ると思うので、忘れずにいただきたい!

オープニングから満員御礼のメインステージ!

3年ぶりの超「#コンパス」ステージは、ステージ前が自由に座れる座席制にて行われたが、最初の企画である「踊ってみたステージ」が始まる頃には、ほぼ満員になるほどの人気っぷりだった。

写真をメインに各企画を振り返っていこう。

愛川こずえさんが初参戦!「踊ってみたステージ」

#コンパスリアルイベントの定番企画の踊ってみたステージには、ヒーローに命を吹き込んだアクターさんから人気の踊り手さんまで、さまざまな豪華メンバーが登場し、パフォーマンスを披露した。

今回初出演となったのが、現在はでんぱ組inc.に所属する愛川こずえさん。『だから言ったでしょ?』『キレキャリオン』を披露した

パフォーマンスの中には、新作リズムゲーム『#コンパス ライブアリーナ』のヒーローと連動したであろう演出も!

そのほかにも、YUMAさん、芝健さん、まさとさん、まなこさん、パンダドラゴンが登場し、開場は開幕から大いに盛り上がった!

セットリスト

  1. ダンスロボットダンス/芝健&まさと
  2. 萌す心/まなこ
  3. キミノカゼニナル/YUMA
  4. カンタービレパッシオーネ/まなこ
  5. グラーヴェ/芝健&まさと
  6. キレキャリオン/まなこ&愛川こずえ
  7. だから言ったでしょ?/愛川こずえ
  8. 天使だと思っていたのに/芝健&まさと
  9. ドクハク/芝健&まさと&まなこ&YUMA
  10. クレイジービート/パンダドラゴン
  11. アイロニック/まさと
  12. スティールユー/芝健&まさと

piccoさんとコスパスのコラボレーション!「Vocani#COMPASS×COSPLAY SHOW」

『#コンパス ライブアリーナ』楽曲コンテストで優勝楽曲に選ばれ、ゲーム内実装も決定している『Silver Lining』を手がけたpiccoさんがDJを務め、リミックス曲にあわせてテーマヒーローの公式コスプレイヤー(コスパス)が次々と登場する企画が、ニコニコ超会議のステージで再来!

超絶クオリティのコスプレイヤーを撮れる機会ということで、多くのファンが激写していた。

コスパスたちの破壊力は絶大!放送コメントは「尊い」「かわいい」「好き」といったワードで埋め尽くされた

ロールごとに登場して仲睦まじく絡む様子もパシャリ。ゲーム内では見られない繋がりを見れるのも魅力だ

【#コンパス 】picco – Silver Lining feat.初音ミク [Vocaloid Electro]

#コンパス痛車・ブース撮影会のチャンスも!

コスパスの撮影機会として、ステージイベントとは別に「超痛車天国」に展示された#コンパス痛車の前やメインステージ裏にある撮影ブースでの撮影会も用意されている。

より目線をもらうなどしながら撮影できるチャンスとなるので、コスパス好きなら絶対に押さえておきたい。

なお、ブース撮影会に必要な整理券は、メインステージのインフォメーションにて配布されていた。

オンライン参戦も可能だった参加型企画「#コンパス超合戦」

蒼チームのコットン軍と紅チームのまるこ軍に分かれ、総獲得ポータルキー数で争うユーザー参加型イベント「#コンパス超合戦」。

昨年、初めてコットン軍が勝利するという快挙がなされたが、これまでの勝敗はまるこ軍が5勝、コットン軍1勝と大きくまるこ軍が勝ち越している企画になる。

勝利チームの色がUR確定ガチャの属性を決定することもあり、大注目のイベントとなった。

サポートメンバーとして、コスパスや『#コンパス』好きなゲーム実況者が参戦。来場者や番組視聴者とチームを組んで、軍の勝利を目指していく。今回はコットン軍にフレントさん・ミヤさん、まるこ軍にAshさん・もこたんさんが加わった!

壇上に上がれるプレイヤーはその場で選ばれるシステムなので、ひとりひとりの思い思いのアピールをして盛り上がれるのも本企画ならではの魅力。今回は、番組視聴者(オンライン)参加募集も行われた

1試合1試合熱く楽しいバトルが繰り広げられ、状況としてはどちらの軍が勝ってもおかしくない状況に。

結果として、わずかポータルキー1本差で勝利をもぎ取ったのはコットン軍!

30日(土)の#コンパスニュースで正式発表があると思われるが、後日水属性のURカード確定無料ガチャのプレゼントが決定している。

2連勝を収め、通算の勝利数を2勝に伸ばしたコットン軍。今後のコットン軍vsまるこ軍の戦いにも注目しよう!

33人の来場者コスプレイヤーが参戦!「#コンパス超エンジョイステージ」

公式生放送「#コンパス エンジョイ部」との連動企画が、久しぶりに開催!

29日(金・祝)のステージでは、33人の来場者コスプレイヤーによるコスプレショーが行われた。

各々がこだわりぬいたコスプレで登場!カードに描かれたキャラクターや、なかなか観られないコスチュームバリエーションで着飾ったコスプレイヤーさんが見れるのはこのイベントならではだ

超エンジョイステージは30日(土)にも開催が予定されているので、どんなイベントが行われるか楽しみにしておこう!

グランドスラム級の熱い戦いのオンパレード!「#コンパス甲子園 南関東大会」

各地方の代表を決め、最終的に全国1位の地方・チームを決める2022年の「#コンパス甲子園」がこの南関東大会から始動!

最初の大会ということもあってか、有名プレイヤーが多く出場し、準決勝・決勝は年度の最強チームを決める「#コンパス グランドスラム」を想起させるようなヒリつくバトルの連続だった。

準決勝まで駒を進めたのは、上記の4チーム。各チームに所属したプレイヤーのほとんどが過去大会でも結果を残してきた有名プレイヤーだった

見逃した方には、1試合1試合ぜひタイムシフトで観てもらいたいほどの熱戦続き。

特に個人的に視聴を薦めたいのが、「ぴょぉぉぉんLight」と「ルミナス」の準決勝戦だ。

2019年のグランドスラムを制して手にした、唯一無二のオーダーメイドコスチュームで着飾ったVoidoll・忠臣・ルチアーノの編成で多くの試合に挑んだルミナス。薦めた試合以外のどの試合も本当に見どころだらけだったので、できれば全試合を目に通してほしい!

大会を通して印象的だったのが、キリト&アスナの連携と活躍。

そして、当然なのだがどの選手もテクニックがすごく、『#コンパス』ならではの駆け引きがぎっしりと詰まっていた。

ルチアーノの選出も多かった印象。選択ステージは「でらクランクストリート」がほとんどだったが、大会では選出機会が少ない「太鼓で祭りだドーン!」が選ばれる場面も

この熱戦を制したのは、やーむす選手・ぱーる選手・いつき選手からなる「お餅やむやむ」!

「#コンパス甲子園 全国大会」への出場権を最速で手に入れた。

いつき選手は、30日(土)開催の「#コンパス TEPPENバトル 1stステージ頂上決戦」にも出場する。そちらでの活躍も要チェックだ!

締めといえばこの企画!「Vocani#COMPASS」

数ある企画のなかでも特に盛り上がりが強い印象のある「Vocani#COMPASS」。

29日(金・祝)の締めを飾ったのは、トマスのテーマ曲『アブソリュート』を手がけたYASUHIRO(康寛)さんのDJプレイだ。

最初に流れたのは、『ダンスロボットダンス』をベースにしたであろうイントロ。DJによって生み出された、さまざまなリミックスが聴けるのが『Vocani#COMPASS』だ

曲と曲のつなぎ合わせのアレンジが素晴らしく、テーマヒーローに合わせて流れるように色が切り替わるペンライトとコメント弾幕。

これだけ一体感を感じられるイベントは、なかなかないはず。

もし参加しそびれたという方は、タイムシフトや鬱Pが担当する30日(土)の「Vocani#COMPASS」をチェックしてみよう。

カラフルな世界に包まれたのは、もはやラストといえばこの曲『ダンスロボットダンス』。30日(土)の「Vocani#COMPASS」も楽しみにしておこう!!

セットリスト

  1. グラーヴェ
  2. マチガイサガシ
  3. ハイスペックニート
  4. 欲望我慢スル事ナカレ
  5. アブソリュート
  6. 孤独毒毒
  7. アルカリレットウセイ
  8. やどりぎ
  9. 君はただ二回飛べばいい
  10. リアルにぶっ飛ばす
  11. ダンスロボットダンス

今日も現地&生放送で超「#コンパス」ステージを楽しもう!

1日目から大盛りあがりだった、超「#コンパス」ステージだが、本日30日(土)も同様にリアル&オンライン開催される。

おそらく重大発表があるであろう「#コンパスニュース」をはじめ、1日目にはなかった企画も開催されるので、今日も1日いっしょ『#コンパス』に染まろう!!

なお、『#コンパス』公認Discordでは、視聴チャンネルを用意している。

オンラインでももっとワイワイ放送を楽しみたいという方は、ぜひまずは覗いてみてほしい。

公認Discordでコットン太郎バー開催!


▲画像をタップ(クリック)してDiscordに参加しよう!▲

(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.