【Ingressアハ体験】第8回: 脳トレ効果も!? 5個のグリフハックも1個から

Eye

2015年10月29日、新たなアイテムに関する情報がアナウンスされました。Google+のIngress公式ページによれば、「キーロッカー」「フラッカー」「ビーコン」という3つのアイテムが新たに登場したとのこと。従来のアイテムはすべて無料でポータルから取得していたのに対して、新アイテムはなんと有料! スキャナのメニューの中に「STORE」というメニューが入り、そこから購入するみたい。自分のスキャナにSTOREが現れるタイミングは不明。私の周りでは「セクシー順」「エロい順」など勝手なウワサで盛り上がっております。私のスキャナはiPhone、Androidともに現在点ではまだ。ゆえに、具体的な利用イメージはつかめていないのがもどかしいです。早くオープンしないかしら。本稿が掲載される頃には広く普及していて、具体的な使用例がたくさん出ていそうで楽しみです。

Ingressに欠かせないグリフハック

みなさんはグリフハック得意ですか? グリフハックとは、ハックボタンを長押しすると出てくる脳トレみたいなゲームです。表示される図形を覚えて指定時間内に回答するのですが、ポータルのレベルに合わせて問題数が1個から5個まで変化。レベル8のポータルなら5個出題され、正しい順番で素早く回答できると、そのスピードに合わせてボーナスアイテムが飛び出してくるというものです。

アイテムゲットに欠かせないグリフハック

アイテム補給には欠かせないので、ベテランAGほどおなじみの機能ですね。

10個の点のいずれかを結んで表示される図形を、表示された順に再現していきます。形はあらかじめ決まっており、それぞれ意味を持っているので、図形そのものを覚えることがポイントになります

クリアするとボーナスが!

このグリフハック、私はどちらかというと苦手です。集中力が続かない性分なのと、createやdestroyのようなごく単純な直線ほどなぜか失敗するため、5個の正解率は85%くらいでしょうか……。やらないとアイテムが増えないのでがんばってますが、できれば1タップでサクっとハックできるほうが好き。移動中にグリフハックを始めるとなかなか前に進まないのも悩ましいです。これはAGをパートナーにもつ人の悩みでもあるようです(苦笑)。

真っ直ぐなのにどうしてそれ失敗するの! と思わずつぶやいてしまいます……。

グリフハック上達への道

グリフハックを知った当時、しばらくまったくできませんでした。こんなもの覚えられるなんてみんなおかしいんじゃないの! とすら思っていました。どうしても成功できずに悶々としましたが、少しずつがんばっていくうちにできるようになりました。ちょうどレベル8になった日に4個までクリア、3月下旬にやっと5個正解しました。2ヵ月半くらいかかったかもしれません。

私なりの克服のコツは以下のとおりです。

  • グリフハックに登場する文字の一覧表を眺めて、こんなものがあるのだな~と思っておく
  • 単語の羅列ようでありながら、意味を成していることを知っておく
  • 最初の1個だけでも成功させようとがんばる。レベル1のグリフハックは張り切る
  • 覚えるときは正式名称とあだ名の混在でヨシとする
  • グリフハックするときは、周りに聞こえないレベルでブツブツいう
  • 必要に応じて、グリフハックの練習用アプリを活用する

ネットを検索すると、先人が一覧表を作成してくれています。まずはそれを見て、どんなものが出題されるのかを確認しましょう。覚えやすいものがあれば覚えておくといいですが、いきなり全部覚えなくてもOK。すぐ覚えられたら苦労しませんものね。

慣れないうちは、めげずに最初の1個だけ成功させるようにがんばりましょう。正解が1つでもボーナスアイテムがもらえますので、グリフハックしないよりはいいからです。レベル1のポータルなら出題も1つなので、正解率も100%(笑) 積極的にチャレンジしてみましょう。

こういうシンプルなものほど意味を忘れやすいワタクシの脳……

1つだけなので、文字の意味も確認します。これを繰り返しているうちに、頭に入ってくる文字も出てきます。正式名称で頭に入ったものはそのまま覚えておきましょう。一方で、なかなか覚えられないものも認識できてきます。覚えられないものは別のあだ名を考えちゃいましょう。あだ名にしてしまうと、全体の意味は崩れますが、正解率はアップします。

たとえば「destiny」という文字は、芸人の江頭2:50氏のポーズに似ていると評判です。私はこれを知ったとき「エガちゃん」と記憶したところ、本当にすぐ描けるようになりました(笑)。何人かのメンズAGは下ネタと合わせることで、飛躍的に記憶を向上させたようです。彼ら曰く「シモグリファー」というそうですよ。深夜にスマホの画面なぞりながらブツブツ下ネタいっていたら職務質問ものですが……。

この形! 検索してみてください(笑)。まさに運命的な酷似です

このブツブツつぶやきながらというのもけっこう効果的。頭の中だけで覚えようとしても、4つめ、5つめはあやしくなりやすいです。口に出していったん音声化して耳を通すことで、記憶の定着率がよくなる気がしています。

これらを繰り返していると、一覧にあっても実際はほとんど登場しない文字があったり、一方で同じ組み合わせが何度も登場するとわかってきます。頻出パターンというのはけっこうあるので、それを覚えておくだけでも違います。

あとは根気強く続けていくだけですが、それでも覚えられないときは、練習アプリを使ってみるのもいいですね。App StoreにもGoogle Playにもそれぞれあるようなので、自分にあったものを探してみましょう。

本当に脳トレになっているかも

普段キーボードばかり使っているせいか、手書きが苦手になって宅配便の宛名書きでの誤字などが増えて困っていました。しかし、グリフハックし続けていたところ、誤字頻度がかなり減った気がしています! うそみたいですが、本当です。ダイエットはできなかったワタクシですが、脳にはいい刺激を与えられているようです。歩きながら脳に刺激なんて、すばらしくないですか? そのうちIngressは脳にいいといった調査結果も出てくるのではないかと期待しています。結果が出るまであと20~30年くらいはかかりそうですが……。

(c)Niantic, Inc.