オーディナル ストラータ【ゲームレビュー】

eye

フジゲームズとマーベラスの共同タイトル『オーディナル ストラータ』が配信開始。さまざまな時代を駆ける物語と美しい楽曲、王道のバトルシステムなど、RPGのど真ん中をいくタイトルだ。

時代をめぐって紡いでいく絆の物語

サウンドプロデューサーとして、X JAPANのToshlが参加していることでも話題の本作『オーディナルストラータ』。

美しい楽曲で彩られた、時間をめぐる壮大な物語が展開されていく。

ゲーム冒頭のムービーではToshlが手がけたメインテーマが流れる。本作のドラマチックな世界観を美しく、そしてせつなく歌い上げている

強大な力を持った魔術師「ネロ」によって時の神「レスティア」の魂が打ち砕かれてしまう。主を失った魂を導く巫女「アスセナ」は、ネロを追いながら各時代に散らばった神の魂を探す旅に出る

プレイヤーの分身となる主人公は、魂を蓄える「うつろいもの」としてネロに作り出された存在。アスセナに魂を斬られたことで記憶を失い、彼女の旅に同行することになる。

敵同士のはずの2人が紡ぐ、奇妙な時間旅行が幕を開ける――。

ストーリークエストを1つ1つクリアしていくのが基本的なゲームの流れ。各ステージで登場する敵に勝利して、物語を進めていくことになる

バトルは、4体(+助っ人1体)のユニットでパーティーを編成して戦っていく。ROUNDごとに登場する敵をすべて倒せばステージクリアになる

ユニットはガチャからの入手がメインとなる。特定の武器を入手することで、ユニットが開放される方式だ

表情豊かな“キャラ劇”が物語を盛り上げる

ストーリークエストなどの物語パートはフルボイスで展開され、場面に応じて3Dモデルが多彩にアクションする。

テキスト以上の情報を得られるので、物語をより盛り上げてくれるものになっている。

主な出演声優

近藤玲奈、堀江由衣、大原さやか、中村悠一、小西克幸、悠木碧、興津和幸、花江夏樹、上坂すみれ

オープニングとは打って変わって、物語は意外にコミカル。世間知らずの主人公とアスセナが起こすドタバタ劇が楽しめる

また、特定のユニット同士だけで展開される「エピソード」も楽しむことができる。お気に入りのキャラクターをより深く知ることができるはずだ。

ユニット同士にある親密度を上げることでエピソードは解放される

スキルで割り込んでいくターン制バトル

バトルはターン制。各ユニットが素早さに応じて通常攻撃を1回ずつオートで行い、敵を含めた全ユニットが行動を終えると次のターンを迎える。

プレイヤーは「アクションスキル」や「バーストスキル」といった、ユニットや装備固有の技を任意で使用することができ、これがプレイヤーが介入できる要素となる。

オートで行われる通常攻撃の合間に、これらのスキルを割り込ませることで戦況を有利にすることができる。

画面下のスキルアイコンをタップすることで発動できる。また、行動していないユニットのスキルアイコンをタップしておくことで、発動を予約する(STAND BYと表示される)こともできる

各スキルは通常攻撃よりも強力な攻撃や補助効果を発揮する反面、発動にはSP(スキルポイント)が必要となる。再使用までに時間もかかるので、ここぞというときに使うべきものといえるだろう。

スキル発動に必要なSPがたまれば、アイコンが点灯する。SPは時間の経過とともに増えるので、使用可能になるのを待とう

バーストスキルはいわゆる必殺技。アクションスキルよりもSP消費が激しい分、より強力な効果を持っている。ド派手な演出にも注目だ

SPは徐々に回復するが、基本的に同じユニットのスキルは連続で使用できない。

スキルはターンが終わる前に予約しておかないと、そのターン中は発動しないという制約もあるので、使いどころが問われる仕様といえる。このあたりがバトルにおける戦略のポイントとなりそうだ。

敵をブレイクしてスマッシュバーストを決めろ!

敵にはこちらの攻撃で徐々に上昇する「ブレイク」ゲージが設定されており、100%に達するとブレイク状態になる。

この間は、敵が弱体化しており、複数のバーストスキルを連続で発動すれば、「スマッシュバースト」を決めることができる。

強力なバーストスキルにさらに追加ダメージが加わり、より大きなダメージが期待できる。強い敵相手に対する切り札として使用していくといいだろう。

ブレイクゲージは主に通常攻撃とアクションスキルによって上昇する。後者は特に大きく上昇するようだ

連続でバースト演出を楽しみつつ、大ダメージを与えられる。かなり爽快だ!

プレイヤーはジョブでさまざまな役割が担える

主人公は、ジョブを自由に選択、変更していくことができる。

各ジョブには「アタック」「ヒール」「ガード」といった役割が設定されており、それに応じた攻撃、補助、回復スキルを使用することができる。

ストーリークエストを進めることで基本のジョブは解放される。特定ジョブをマスターすることで解放できる上位ジョブもあるようだ

スキルはクエストクリアによってジョブレベルを上げると徐々に習得できる。そのジョブのみで使える「専用スキル」とほかのジョブでも使える「継承スキル」が存在している

主人公はパーティーから外すことができないので、パーティーの潤滑油というべき存在になる。

パーティーのほかのユニットを生かせるような、適切なジョブを選択していくことが攻略要素の1つとなるだろう。

リアルタイム共闘が楽しめる大精霊討伐戦

「大精霊討伐戦」はいわゆるレイドバトルで、ほかのプレイヤーといっしょに、1体の強力なボスと戦っていくコンテンツ。

討伐に成功すると大精霊や、その名を冠した武器と交換できる素材を入手することができる。仲間と協力することが、強くなることにつながっているのだ。

各プレイヤーのパーティーがそれぞれ同じボスを攻撃していく。大精霊は初級でもかなり強いので、ほかのプレイヤーに救援を求めたり、逆に救援依頼しているプレイヤーのもとに参戦していこう

レイドバトル中は、スタンプや定型文を利用することが可能。共闘ならではのコミュニケーションも楽しもう

物語に入り込みやすい工夫がされている

世界観やUI、バトルシステムなど、いずれもファンタジーRPGのど真ん中をいくような本作。

目新しいものではないが、それゆえに担保された戦略性、面白さがあり、RPG好きが受け入れやすい内容といえるだろう。

筆者にとって印象的だったのは物語パートの表現。3Dモデルがとにかくよく動くことはもちろん、会話の途中でもキャラクターが表情や姿勢などをコロコロ変える。

その場の雰囲気、キャラクターの感情などをより理解しやすくなるので、物語に入り込みやすくなっている。読み物としての面白さにプラスアルファの魅力を追加してくれているといえるだろう。

アニメのように楽しめるので、キャラクターの一挙手一投足にも注目してみてほしい。

  • 使用した端末機種:Galaxy S7 edge
  • OSのバージョン:Android 7.0
  • プレイ時間:約4時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0
  • 課金総額:0円

(C) Fuji Games, Inc. / Marvelous Inc.