• 【闘会議2018】のんがゲーム声優初挑戦!スマホ版クイズマジックアカデミーステージレポ

【闘会議2018】のんがゲーム声優初挑戦!スマホ版クイズマジックアカデミーステージレポ

Eye

本日(2月10日)に配信が開始された『クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム』。これを記念して、JAEPO2018のコナミブースで、本作でゲーム声優デビューしたのんさんをゲストに記念ステージが催された。

のんが識神メティスのボイスを担当!

2003年にアーケードゲームとして登場した「クイズマジックアカデミー」シリーズ。その後、家庭用ゲーム機やオリジナルアニメなどへ展開がされた。

スマホゲームとして2月10日に配信が開始された『クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム』(以下、QMAアプリ)は、シリーズの世界観はそのままに、マルチプレイシステムやアーケード版との連携などの機能が実装されている。

QMAアプリの新キャラクター「識神メティス」の声を、のんさんが担当。JAEPO2018コナミブースに、ゲーム声優初挑戦ののんさんが登場した記念ステージが催された。

のんさんが担当して「識神ラティス」。のんさんのボイスは、初期のダウンロード時やチュートリアルなど、ゲーム序盤で存分に楽しむことができる

のんが魔法石3,000個をかけたクイズバトル!

本イベントには、QMAアプリのプロデューサー石原氏が登壇。「アーケードゲームで15年続くクイズマジックアカデミーシリーズがようやくお手元でプレイいただけるようになりました」とリリースのよろこびを話した。

プロデューサーの石原氏(左)とのんさん(右)。クイズの収録数は、20万問以上だという

その後、「識神メティス」の声を担当したのんさんが登場。さっそく、クイズに挑戦した。今回はマルチプレイモードの「賢者の試練」でランダムマッチングした一般プレイヤーといっしょにチャレンジし、見事クリア!

ゲームの声優はかなりむずかしかったと話すのんさん。動きがないキャラクターに声を当てるのに苦労したようだ

イベント終盤には、東大生クイズ王の水上颯さんが登場。のんさんとクイズ対決を行った。出題は全3問で、のんさんが水上さんに勝利したら魔法石3,000個を全QWAアプリプレイヤーにプレゼントという趣向でスタートした。

東大生クイズ王の水上颯さんは、「東大医学部のプリンス」の異名をとる

1問目の解答は「明石」。出題の途中で水上さんがあっさりと正解

2問目の解答は「カイゼルヒゲ」。のんさんは出題途中で解答を試みたが、不正解となった

東大生クイズ王の2問先取でのんさんの負けが確定してしまったが、プロデューサーのひと声で「3問目の正解者は100ポイント」というお約束で、バトル続行。

3問目の解答は「タイムマシンにおねがい」。ここで見事、のんさんが正解をして、魔法石3,000個プレゼントが確定!

魔法石3,000個の受取方法

QMAアプリを起動後、ゲーム内の「プレゼント」にある「JAEPOステージイベントでのんさん勝利! みなさんに魔法石プレゼント!」をタップ。これで3,000個の魔法石を受け取ることができる。

(C)Konami Digital Entertainment (C)Konami Amusement