• 【闘会議2018】『23/7 トゥエンティ スリー セブン』ゲーム紹介ステージでは開発チームがガチ勝負!

【闘会議2018】『23/7 トゥエンティ スリー セブン』ゲーム紹介ステージでは開発チームがガチ勝負!

01

闘会議1日目の『23/7 トゥエンティ スリー セブン』ブースでは、15:30よりゲーム紹介ステージを実施。こちらでは実際にゲームをプレイしながら、人気実況者による実況プレイが行われた。

百花繚乱、ksonが『23/7 トゥエンティ スリー セブン』に挑戦!

『23/7 トゥエンティ スリー セブン』ブースでは、スペシャルステージに続いてゲーム紹介ステージを実施した。

人気実況者の百花繚乱さん、ksonさんが、実際に本作をプレイしてその魅力を紹介していく。

左から、MCの安治美穂さん、松元威プロデューサー、武田羅梨沙多胡(たけだらりさたご)さん、宮本祐輔キャラディレクター、百花繚乱さん、ksonさん

まずはゲームのストーリーが紹介され、主人公の「神名ヒカリ」を取り巻く人物相関図も公開された。

『23/7』の世界では、「9時」が消滅していて1日が23時間しかない。ヒカリは9時を取り戻すため、壮絶な戦いへと挑む!

ヒカリは、「バース7」のクロッカー。突如襲ってきたバース4のクロッカー「ウォーダン」と、激しい戦いを繰り広げている

1日が1時間減ってしまったら、ゲームする時間がなくなって困る! というksonさん。1日150時間くらいゲームしていたいらしい……

『23/7』では現在、「アルセーヌ・ルパン」と「ディードリッヒ」のキャラクターボイスオーディションを実施中。

闘会議2018の期間中に10名の候補者が選ばれ、そこから最終PRを経て2キャラクターの声優が決定されるとのことだ。

美少女キャラクター2名のイラストがこちら。明日のニコ生でも公開PRが行われるので、こちらもチェックしてみよう!

そして、いよいよゲームシステムの紹介へ。

ヒカリは、「インビンシブル77」という、77秒間他者からの干渉を受け付けないという能力を持つ。

これがゲーム内では、「バトルが始まってから77秒間だけ無敵」という形で表現されており、この間にいかに敵を倒していけるかが重要になるそうだ。

バトルが始まってから、77秒間は無敵! なかなか斬新な特殊能力である

また、本作には、

  • 倍速で攻撃できる「アクセルモード」
  • 敵からの攻撃を防ぐ「シールドモード」
  • バレットゲージのチャージを加速する「チャージモード」

という3つのモードが存在し、これを使い分けて戦っていく。

一体どんなゲームなのか、ということで、さっそく百花繚乱さんとksonさんが実況プレイ!

マップはすごろくのようになっていて、マスにいる敵を倒すと次のマスへと進める。マップの最後には、ボスが待ち受けているようだ

はじめは軽快に敵を倒していく2人だったが、マップが進むにつれ、だんだんと敵が強くなり……!?

強力なスキルを使って、ドカドカと敵を倒していく百花繚乱さん。ksonさんと交互にプレイしていたが、ksonさんの分のスキルゲージがなくなっていた

だが、後半は無敵状態も切れ、敵の攻撃によりパーティーが壊滅! 一瞬の出来事だった

リハーサル時よりはるかに強くなっている敵に、焦る百花繚乱さん。

松元P、宮本Dによると、無敵が切れたらうまくシールドモードを使って敵の攻撃をしのぐのがポイントだそう。

バトルはなかなか戦略性が高そうであった。

再びガチャ対決が実施!

ゲームシステムの紹介が終わると、続いてスペシャルステージでも実施されたガチャ対決が発生!

今回は、百花繚乱さん&ksonさんのゲストチームと、松元P、宮本Dの開発陣による対決。

ゲストチームが勝てば特製グッズがもらえるが、先ほどのバトルでのガチっぷりに、百花繚乱さんは開発陣への警戒を強める。

いかに星4以上を引けるかが、勝負のポイント。とはいえ、これはまさに「運ゲー」なのでは……

松本Pとksonさんは、堅実に星4キャラクターを引いていき、開発チームは4ポイント、ゲストチームは3ポイントをゲット。

しかし、宮本Dの番になると、すごいキャラクターが出そうな特別演出が!

星4キャラクターはそこそこ出るようだが、さすがに最高レアリティの星5はほとんど見られず

だが、宮本Dは特別演出から容赦なく星5キャラクターを引き当てていた。ゲストにもいっさい手加減なし!

そのまま、開発チームが大差をつけて勝利。

特製グッズは、特別ということでゲストチームへと手渡された。

実況者歴10年のアンケート術が炸裂!

最後は、本作のタイトルにちなんだアンケートコーナー。

『23/7』にあわせて、「はい」のパーセンテージが23.7を目指すというもので、ぴったり数字が合えば本作オリジナルデザインの「ぷっちょ」が、なんと2,370個ももらえる!

もし23.7%を達成できた場合は、さすがに重すぎるので、郵送されるとのこと。松本Pの発案なのだろうか……

23.7%を目指すとなると、絶妙なアンケート内容が求められる。

しかし、そこは実況者歴10年の百花繚乱さん。アンケートのコツは心得ているということで、質問内容は「前世の記憶を持っているか」に決定!

こういった絶妙な質問が、20%くらいになりやすいとか。ちなみに、筆者に前世の記憶はまったくない

アンケートは、「はい」が33.3%という結果に。20%台ならニアピン賞がもらえたのだが、これにも届かず。

なんとも微妙な結果になってしまったが、百花繚乱さんは終わりに本作のゲーム性を絶賛。

配信時期はは今冬を予定しているということで、もうすぐのはず。リリースされたら、その奥深い戦略性を体験してみよう!

(C) FUJISHOJI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.