• 自己分析型心理タップゲーム『オルタエゴ』に本当の自分を聞いてみた【TOKYO SANDBOX 2018】

自己分析型心理タップゲーム『オルタエゴ』に本当の自分を聞いてみた【TOKYO SANDBOX 2018】

eyecatch

自己分析や性格診断といえば、昔から人気があるコンテンツ。『The 残業』など、ユニークなゲームをデジタルとアナログの両方で発表しているカラメルカラムが、TOKYO SANDBOX 2018で発表したのは、自己分析を行いながら進んでいくタップゲームだ。

性格診断をしながら自分を見つめ直せるゲームが登場

『オルタエゴ(ALTER EGO)』は、長く続く通路の奥から流れてくる、自問自答する吹き出しをタップしながら進むタップゲーム。

タップゲームというと、ただ淡々と画面をタップするだけの退屈なイメージがつきまとうが、本作は途中に挟まる心理テストを通して自分の向き合うというひねりが加えられている。

ゲームの基本は、画面奥から流れてくる吹き出しをタップするというもの

ポイントをためていくことで、吹き出しの種類を増やしていくことができる。なお、追加される吹き出しは、「人間失格」や「デミアン」など精神世界を描く文学のものだ

そして、「エス」と名乗る謎の人物との対話を通して、物語を読み、自らの性格を診断していくことになる。

カラメルカラムの代表である大野真樹氏は、学生時代、心理学を専攻していたということで、氏の監修による性格診断テストも必見だ。

エスから出される性格診断テストは、各設問に対して「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3択で答えていく

テストを終えて、筆者は「分裂型」、一緒に取材をしていた編集者の性格は「躁的防衛型」という診断がくだった。両方とも「あ〜、わかる」とつぶやいてしまいそうな結果だ

ブラック企業のもつゲーム性をカードで表現した『The 残業』など、毒を持ちながらも、皮肉がきいた世界観を展開するカラメルカラム。

同社のリリースする性格診断で自己を探求してみてはいかがだろうか?

また、カラメルカラムのブースでは、2人用対戦カードゲーム『The 神』も販売されていた。イエス、ブッダ、関羽などの神様を選んで、それぞれの神業カードを出し合うじゃんけんに似たゲームだ

(C)Caramel Column Inc. All Rights Reserved.