マッスルショット【攻略】: 火力で勝負!王位争奪戦β版 メンバー&ギミック選びのポイント

王位争奪戦では、コロシアムとはまったく違ったメンバー選びが求められるため、まだ勝手がわかっていないという方も多いのではないだろうか。今回は、β版における実戦的なメンバーとギミックの選び方について解説していくので、チーム編成で迷っている方はこの記事を読んでチームを組んでみよう!

  1. メンバー選びのポイント
  2. ギミック選びのポイント
  3. 実戦の流れ
  4. 王位争奪戦β版のポイント!

超パワーブーストで勝負!

王位争奪戦は、全体的にダメージがアップしていて、火力が高いほうが有利な展開に持ち込みやすい。

以前の記事でも触れているが、チームを編成する際には、攻撃力を最優先してメンバーを選んでいくといいだろう。

基本ルールなどについては、こちらの記事と公式wikiの王位争奪戦ページを確認してほしい。

幅の広いキラーを持った超人+超パワーブーストという典型的な火力編成が強力。自前で超スピードブーストを持っている超人も強い

コロシアムとの異なるポイントとしては、

  • 超人のHPが個別に扱われる
  • 相手チームの大将のHPを0にしないと勝利にならない
  • 最初は誰も必殺玉を持っておらず、相手チームのメンバーをダウンさせると入手
  • スタンや凍結で動けない超人の行動はスキップされ、次の超人が行動できる
  • 友情アタックで玉取りができない(回転追従アタックの恩恵が小さい)

といったところ。コロシアムをやりこんでいた方は、上記ポイントに注意しよう。

メンバー選びのポイント

王位争奪戦では先鋒~大将までの5人の超人を使って戦うわけだが、役割に応じたステータス補正を受けることができるため、それぞれに適した超人を配置しよう。

ステータス補正については、以下のとおり。

  • 先鋒:HP700%、攻撃力1.1倍、スピード1.8倍
  • 次鋒:HP700%、攻撃力1.5倍、スピード1.1倍
  • 中堅:HP900%、攻撃力1.1倍、スピード1.1倍、防御力アップ(10%ダメージカット)
  • 副将:HP1,100%、攻撃力1.3倍、スピード1.4倍、防御力アップ(3%ダメージカット)
  • 大将:HP1,800%、攻撃力1.4倍、スピード1.6倍、防御力アップ(5%ダメージカット)

※変更になる場合あり

先鋒~中堅までは、複数の所属キラーや属性キラーを重視して編成。そのキラーを超パワーブーストでさらに強化していこう

先鋒~中堅:キラー持ちの削り役を配置!

前半の3人は、強力なキラーを持った超人を起用して、相手チームのHPを削っていく。

先鋒はスピードに大きな補正がかかるので、元からスピードが高い超人だと効果も大きい。

自前で超スピードブーストができる「覚醒した力 バッファローマン」「蒼鉄の鬼士 ケビンマスク」はかなりおすすめ。

フェスの0.29枠なだけあって、この2人は王位争奪戦でも大活躍。ゴリゴリと相手チーム超人のHPを削っていってくれる

自分でスピードブーストはできないが、「更なる進化を求めて ゴールドマン」も強力。攻撃力が非常に高いので、次鋒に設定すると攻撃力が4,000を超える!

入手しやすい超人の中では、「超人拳法“生かす拳”の求道者 ラーメンマン」「逆境を力に変えて キン肉マン」も強い。

2人とも汎用性の高いキラー持ちなので、迷ったらとりあえず入れておくだけでも活躍してくれるだろう。

ラーメンマンのパワーダウン友情、キン肉マンの完璧超人始祖キラー&広範囲スタン必殺は強烈。原作よろしく、キン肉マンチームを組むのもオツなもの

副将:超パワーブーストでサポート!

超パワーブースト持ちはなるべく長時間リングにいてほしいので、HPの補正が大きく、防御力アップもかかる副将に配置するのがいいだろう。

持っていない方は、ここにも先鋒~中堅と同様の火力枠を採用しよう。ステータスの補正を考えると、パワーダウン、スピードダウンができる友情アタック持ちがグッド。

超パワーブースト持ちは、ギミックに合わせて使い分けるといいだろう。水ミートはギミック態勢が優秀で、牧師アタルは状態異常が回復できる。このほかには「はじめての怪獣退治 キン肉マン」も選択肢に入る

もちろん、持っているなら超絶2段階ブースト持ちもおすすめ。スピードアップもできるので、キラー持ちの破壊力をより活かすことができるだろう。

「ミートと共に闘う キン肉マン」はアパレルコラボ、「新たな出会いを求めて ジェイド」はこどもの日ガチャなどの限定ガチャから。今から狙うのであれば、アパレルコラボが現実的

大将:強力な単体必殺技を持つフィニッシャーを!

大将選びでポイントになるのは、必殺技。バトルでの役割は、相手の大将に必殺技を決めて試合をフィニッシュすることなので、単体への大ダメージ必殺技が使える超人にしよう。

「神の超越を目論む悪魔 悪魔将軍(ロン将)」や「奇跡の逆転ファイター キン肉マン」は定番。複数のキラーも強力で、安定感がある

注意したいのが、複数対象の必殺技だとダメージ不足になってしまうという点。

全体必殺技や範囲必殺技、接触した相手をすべて巻き込む系の必殺技は、一見すると強力なのだが、相手の大将に与えるダメージだけで見るとそこまで大きくない。

大将を選ぶときは、必殺技の合計ダメージ量ではなく単体へのダメージ量で決めていこう。

「完璧なる支配者 ネプチューン・キング」のマグネット・パワー・フレイルは合計だと80万以上のダメージが出ていて強力だが、相手の大将へのダメージを見ると18万しか与えられておらず、KOには至らない

また、防御的に考えるなら、必殺技回避のアビリティ持ちを使うのも面白い。

必殺技回避が「特」ならかなりの確率で回避してくれるため、相手としては攻めあぐねることだろう。

「燃える忍魂 ザ・ニンジャ」は、必殺技でステルス状態になれるため、守りは鉄壁。「悪魔超人最後の刺客 悪魔将軍」はダブルキラー特も備えていて、火力面でも頼りになる

ギミック選びのポイント

王位争奪戦では、3つギミックを選択でき、倒された超人が多いチームのギミックがランダムでいずれか1つ発動する。

気をつけたいのは、味方チームの超人もギミックに引っかかるという点。耐性がないと、撒菱や異次元ホールに普通に引っかかってしまう。

普段イベントで出てくるギミックは、一部を除きひととおり網羅。ダイアモンドリングやコンクリートリングも設定できる

β版では、ロープダメージも撒菱ダメージも8,000。ダメージ量はほぼ気にならないレベルだが、正式版では変更される可能性もある

ギミックは発動がランダムかつダメージも低いので、あくまで補助的なものとして考えるのがいいだろう。

おすすめは、ダイアモンドリングやコンクリートリング。地面に叩きつけるタイプの必殺技のダメージが上昇するため、大将の行動時に発動してくれると効果が大きい。

極端な例だが、ロン将の必殺技に落雷ブースト+弱点ヒット+コンクリートリングの効果が重なると、132万ダメージ出る

ダイアモンドリングとコンクリートリングは両方設定できるので、自チームが対応しているギミック+ダイアモンドリング+コンクリートリングという組み合わせだと安定しやすい。

※選択できるギミックの内容は、正式版では変更になる場合あり

実戦の流れ

上記のポイントを踏まえた上で、実戦に移っていこう。

チームとギミック編成は、以下のような形にしてみた。

メンバー

  • 先鋒:覚醒した力 バッファローマン
  • 次鋒:更なる進化を求めて ゴールドマン
  • 中堅:蒼鉄の鬼士 ケビンマスク
  • 副将:最強の頭脳超人 アレキサンドリア・ミート
  • 大将:意地を捨てて更なる高みへ キン肉マン(DSキン肉マン)

ギミック

  • 電流ロープ
  • ダイアモンドリング
  • コンクリートリング

フェスの029枠満載の、豪華な編成。大まかな作戦としては、

  1. 先鋒~中堅で相手チームを削れるだけ削る
  2. DSキン肉マンが出てきたら残っている相手チームのメンバーを倒して必殺玉を入手
  3. DSキン肉マンの次の行動で相手の大将に完璧マッスル・スパーク

という流れ。DSキン肉マンの必殺技はターゲット式のため、必殺技回避でかわされることがなく、超強力である。

序盤:超パワーブーストで削り

大将が登場するまでは、ひたすら超パワーブーストで相手チームを削っていく。

自前の超スピードブーストがあるバッファローマン、ケビンの通常攻撃が強烈だ。

最初は必殺玉を誰も持っていないので、とにかくダメージが出るように弾こう。

ミートの超パワーブースト経由で、ゴリゴリと削っていく。相手にキラー対象がいた場合は、そのままKOも狙える

中盤:大将で必殺玉を確保

DSキン肉マンが参戦したら、残っている相手チームのメンバーをKOして必殺玉を入手する。

ミートが健在なら、ここでも超パワーブーストが役に立つだろう。

DSキン肉マンはキラーを持っていないが、大将によるステータス補正があればじゅうぶんな火力が出せる。ミートも健在なら心強い

後半:相手大将HPを削りつつ必殺玉を奪う

相手チームの大将が出現したら、集中攻撃を仕掛ける。

ここまで来ると、味方の誰かがやられてしまい、相手チームも必殺玉を持っている可能性が高いので、確実に奪っておこう。

コロシアムとは異なり、友情アタックが玉取りのカウントに加算されない。通常攻撃を3ヒットさせる必要があるので、しっかり狙っていくこと

終盤:大将の必殺技でフィニッシュ!

次にDSキン肉マンのターンが回ってきたら、必殺技で相手の大将をKOしにいく。

完璧マッスル・スパークはターゲット式なので、必殺技回避にも引っかからず安定して当てられる。

相手の光ニンジャは必殺技回避を持っているが、完璧マッスル・スパークならお構いなし。運良くダイアモンドリングも引けて、34万ダメージでKOできた

王位争奪戦β版のポイント!

自チームの大将で必殺技を決める流れを作ってしまえば、安定して勝てるようになるだろう。

火力を重視したチーム編成にして、積極的に相手チームのメンバーをダウンさせていけば戦いやすい。

王位争奪戦のポイントをまとめると、

  • メンバーはキラー重視で選出!
  • チームに超パワーブースト持ちを入れる!
  • 大将は高威力の単体必殺技持ち!
  • バトルではとにかく相手の大将を狙う!

といったところを押さえておこう。特に、相手チームの大将を倒さないと勝てないという部分は重要なので、自チーム大将の必殺技を確実に当てて倒しにいく。

今回は、最もシンプルでわかりやすい火力重視チームで攻略したが、自チームをカウンター持ちで固めてアビス像設置、通常攻撃回避アビリティで固めて必殺玉を取らせない……などの戦術も考えられる。

みなさんも自分なりの勝ちパターンを編み出して、王位争奪戦を勝ち抜こう!

現環境で頭一つ抜き出ている印象なのが、DSキン肉マン。必殺技のダメージ軽減、強力な友情アタック、ターゲット式の必殺技と強い点が満載。ほかにもこういった超人が出てくるか……!?

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA