にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】:育てておきたい&持っておきたいレアキャラクターまとめ

『にゃんこ大戦争』には、非常に多くのネコが登場する。ここではレアキャラクターの中で持っておきたい、持っていたら育てておきたいキャラを紹介。次にどのキャラを育てるか迷っている人などは参考にして欲しい。

■目次
1.妨害役や対策役に最適!
2.ガチャキャラ編
 ネコエステ
 ねこ海賊・ねこ占い師・たけうまねこ・ブリキネコ
 ネコシャーマン
 ねこロッカー
 サイキックネコ
 ネコホッピング
3.ドロップキャラ編
 ネコブ・ロンズ
 ネコと宇宙
 吾輩は鬼である

妨害役や対策役に最適!

『にゃんこ大戦争』では、ガチャやステージのドロップでさまざまな「レアキャラクター」が手に入る。

比較的入手が容易でありながら、特定の敵に対して妨害効果などを持ったキャラが多く、激レア以上の強力なキャラを持っていない人には貴重な存在。

しかし、レアは種類が多いため、特に初心者の方などはどのキャラを鍛えればいいのかわからないことも多いだろう。

本稿では、持っておくと便利、もしくは持っているなら育てておきたいレアキャラクターをピックアップ。特定の場面で活躍するネコも多いので、育成や攻略の参考にしてもらえれば幸いだ。

特定の敵に対する妨害役などが、レアキャラクターには多い

おすすめレアキャラクター

今回はガチャで手に入るキャラと、ドロップで手に入るキャラに分けて紹介。

コラボで登場した期間限定キャラなどは、いつでも入手できるわけではないので、ここでは対象外とさせていただいた。

ガチャキャラ編

ネコエステ

射程が長く、範囲攻撃が可能なキャラ。

基本キャラの「キモネコ」と同じ射程の長さを持ちながら、範囲攻撃ができるため、前線に集まっているザコ敵などを一掃しやすい。

さらに、コストが低く再生産までの時間も短いため、量産が可能。複数体同時に出すことで火力も高くなり、安価で使える範囲攻撃アタッカーとして長期的に使っていけるだろう。

ねこ海賊・ねこ占い師・たけうまねこ・ブリキネコ

この4体は、それぞれ「赤い敵」「浮いてる敵」「天使」「黒い敵」をふっとばすことができるキャラ。

敵をふっとばせる効果は、自陣の拠点に接近されるのを防ぎつつ、無理矢理前進していくこともできる優秀な効果であり、あらゆる場面で重宝する。

特に、「ぶんぶん先生」や「イノシャシ」など、こちらのネコを物ともせず進軍してくるタイプを止めるときは、壁役だけでは間に合わないことが多い。

少しでも拠点へ到達させるのを遅らせるためにも、妨害役として育成しておくといいだろう。

ネコシャーマン

たまに「浮いてる敵」の動きを一瞬止めてくれるキャラ。

本作には「赤い敵」や「黒い敵」など、さまざまな種類の敵が登場する。その中でも、「浮いてる敵」を妨害できるキャラは、敵の色などを問われないため扱いやすい。

ネコシャーマンは敵が浮いてさえいれば誰でも動きを止められるので、「カオル君」や「ぶんぶん先生」など、浮いている敵に苦戦している場合は採用してみよう。

ねこロッカー

レアキャラクターの中では、数少ない天使に強いキャラ。

妨害こそできないものの、天使に打たれ強いため、対天使での前線維持に貢献してくれる。コストも低めなので、量産もしやすいだろう。

レアやEXのキャラをメインに戦っていく場合は、特に天使対策キャラがいないことが多いので、壁役が足らないときなどに採用してみるのがおすすめだ。

サイキックネコ

レアキャラクターの中では、数少ないエイリアンを妨害できるキャラ。

通常ステージの未来編などは、多くのエイリアンが登場するため、少しでもクリアしやすくするには妨害役が欲しいところ。

サイキックネコはたまにエイリアンの動きを遅くしてくれるため、優秀なアタッカーである「ネコムート」が攻撃するまでの時間を稼いだり、自陣の拠点へ到達するのを遅らせたりできる。

ガチャ入手のため誰でも手に入るわけではないが、エイリアンを妨害できるキャラではかなり手に入れやすい部類。未来編などで苦戦している人で、持っている場合は育ててみるといいだろう。

ネコホッピング

たまに生き残る効果を持ったキャラ。

コストが低めなことに加え、再生産可能になるまでの時間が短く、量産しやすいのが特徴。そして、たまに生き残る効果もあるため、壁役として機能させやすい。

さらに、第3形態になると100%生き残れるようになるため、前線維持能力が向上する。特に、攻撃間隔の長い敵と対面するときに活躍してくれるだろう。

ドロップキャラ編

ネコブ・ロンズ

暴風ステージの「ダークネスヘブン」でドロップするキャラ。

メタルをふっとばせるキャラは、ごくわずかしか存在しないため、ドロップで手に入るネコブ・ロンズはかなり貴重な存在。

クリティカルを高確率で出せるキャラがいると使う機会は減るかもしれないが、持っておいて確実に損はないはずだ。

その代わりに、手に入れるための暴風ステージは難易度が高め。しっかりとキャラを育成して、万全の状態で挑むようにしよう。

ネコと宇宙

暴風ステージの「紅のカタストロフ」でドロップするキャラ。

低確率でバリアを壊すことができ、宇宙編から活躍する場面が出てくる。第2形態、第3形態と進化させていくと、バリアを壊す確率が上がるので使いやすくなっていくだろう。

また、クリティカル持ちのキャラでは射程が長め。確率の低さは量産して数で補えば、そこまで気にならないため、メタルな敵の対策役としても活躍は可能だ。

こちらもネコブ・ロンズ同様に、暴風ステージでのドロップなので入手難度は高め。宇宙編でバリアに苦戦するようならば、早めに取りに行こう。

吾輩は鬼である

2月限定のイベントステージ「召喚された福!」でドロップするキャラ。

たまに赤い敵の動きを止める効果を持っているが、それだけなら似たようなキャラが他に存在する。しかし、第3形態の「ネコ紳士同盟」になると、バリアを壊せる効果が追加され、宇宙編で活躍できるようになる。

バリアを壊せるレアキャラクターは、「ネコ紳士同盟」以外は上記で紹介した「ネコと宇宙(進化後含む)」しかいない(2019年8月時点)。

それだけバリアを壊せるキャラは貴重なので、持っておくと役立つ場面が出てくるはずだ。手に入る期間は限られているが、2月以外で復刻されることもあるので、開催されていたら忘れずにゲットしておこう。

(C)PONOS Corp.