• 今年のVRゲームは3Dサウンドが標準に

今年のVRゲームは3Dサウンドが標準に

  • 2016年01月14日

Googleが提供しているCardboard用SDKにおいて、3Dサウンドをサポートすることが開発者向けのブログで発表されている。SDKでのサポートによって、これから登場するVRゲームのサウンドは1つ上のステージへスケールアップしそうだ。

GoogleのCardboard SDKが3Dサウンドをサポート

お手軽VRゴーグルの代名詞Google Cardboard。このプロダクトマネージャーNathan Martzが開発者向けブログで、UnityおよびAndroid向けのCargboard SDKにおいて3Dサウンドをサポートすると発表した。SDKでの3Dサウンドサポートによって、これから登場するVRゲームのサウンドは、飛躍的にリアルなものへと向上しそうだ。

また、このSDKで開発されたVRゲームであれば、スマホ、ヘッドフォン、Google Cardboardがあればこのサウンドを楽しめるとしている。

モバイル用CPUに最適化

スマホゲーマーとしては、そのパフォーマンスが気になるだろう。同氏によると、このSDKはモバイル用CPUに最適化されており、プライマリーCPUに負荷がかからないように別スレッドで演算されるような仕組みが用意されているようだ。SDKにおいては各サウンドを細かくコントロールできるようになっていることも言及されている。

開発者向けサンプルプログラム

すでに開発者向けのサンプルプログラムも公開されており、比較的早いタイミングでこのSDKを使ったVRゲームが登場するのではないだろうか。VR元年といわれる2016年は始めったばかりだが、早くも期待が高まる。