• 「CEDEC 2016」の受講申し込み受付がスタート! 200超のセッションやVR特集を実施予定

「CEDEC 2016」の受講申し込み受付がスタート! 200超のセッションやVR特集を実施予定

  • 2016年07月01日

8月24日よりパシフィコ横浜で開催する「CEDEC 2016」の受講申し込み受付が本日7月1日よりスタートした。200を超えるセッションのほか、VR関連のセッションや展示などを特集した「VR Now!」も実施する予定だ。

「CEDEC 2016」の受講申し込み受付がスタート! VR特集も実施予定

[以下、リリースより]

2016年8月24日(水)から26日(金)までの3日間、パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)で開催する日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」(CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference。主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の受講申し込み受付を、本日7月1日(金)から、公式Webサイトで開始しました。

受講パスは、「レギュラーパス」、「デイリーパス」、「エキスポ&スポンサーパス」、今年新設した学生専用のパス「エキスポパス」の4種類で、受講申込締切は8月17日(水)です。

会期3日間を通じてセッションとイベントに参加できる「レギュラーパス」は、7月31日(日)までに申し込みいただくと受講料を5,400円(消費税込み)割り引く早期割引を実施します。

現在までに公開しているセッションは、一般公募で採択されたレギュラーセッション、招待セッションなど150件超。最終的には、基調講演、海外招待セッション、スポンサーセッションなどとあわせて、200を超えるセッションの実施を予定しています。

なお、開発ツール、ミドルウェアなど、関連企業の皆様に向けたスポンサーシップ・プログラムの募集締切は、7月8日(金)です。詳細は公式Webサイトを御参照ください。

「VR Now! 」を実施。セッションプログラムは、VRの要素技術からビジネス面まで現実的かつ実践的なセッションを展開

2016年は、多くのVRデバイスが一般に販売されることとなり、また、コンテンツ開発も進展、いよいよ、VRが一般社会生活の中に入ってこようとしており、「VR元年」とも言われ、大きな注目と期待が寄せられています。

こうした中で、CEDEC2016では、VRに関係するセッション、デバイスやソリューションの展示、デモンストレーションを特集した「VR Now!」を実施します。

公募セッションでは、VRを長らく研究してきた先駆者たちから最新の研究活動が語られるほか、マネタイズやビジネス面からアプローチしたセッションなど、最新のVRを学ぶ機会が提供されます。

さらには、ヘッドマウントディスプレイにとどまらない新たなデバイスによる仮想現実環境をテーマとしたVRの今後を示唆するセッションなど、20を超えるVR関連のセッションが行われる予定です。詳細はCEDEC 2016 公式Webサイトを御参照ください。

「ゲーム開発者の仕事と生活に関するアンケート調査」

CEDEC運営委員会では、本年で4回目となる「ゲーム開発者の仕事と生活に関するアンケート調査」を開始しました。

この調査は、専修大学ネットワーク情報学部の藤原正仁准教授とともに実施するもので、対象は、商業ゲーム開発に携わる開発者の方で、7月1日(金)から8月17日(水)の間、CEDEC公式Webサイトにて実施します。

ゲーム開発者の働く環境やキャリアに関する意識・行動の現況を把握し、ゲーム開発者およびゲーム開発の仕事を希望する方へ、キャリア形成について考える契機とするための情報を提供することを目的としています。

経年的に本調査を実施することで、他産業や海外との比較なども考慮に入れ、ゲーム開発を取り巻く環境について、産官学それぞれの対応に役立つ情報を提供することも目指します。

調査にご協力いただいた方の中から抽選でCEDEC 2016レギュラーパスなどを進呈します。アンケートの集計・分析結果は、CEDEC 2016開催前日の8月23日(火)に、主要な数値などを速報として公表するとともに、調査協力者各位にも直接お知らせします。

さらに、CEDEC 2016終了後、詳細なアンケート結果と分析を、CEDEC Digital Library(略称 CEDiL)にて公表します。

(C)CESA All rights reserved.