にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】:第3形態へ早めに進化させたいレア・激レアキャラクターまとめ

『にゃんこ大戦争』には、マタタビという進化アイテムが存在する。今回は、最初にマタタビを使って進化させておきたいレア・激レアのキャラクターを紹介していくので、これから第3形態を手に入れようとしている人は参考にしてほしい。

■目次
1.第3形態になると性能が大幅アップ!
2.マタタビ使用おすすめキャラクター
 └ねこファイター(マキシマムファイター)
 └ネコホッピング(ネコキョンシー)
 └ネコエステ(ネコパーフェクト)
 └オタネコ(ネコスーパーハッカー)
 └ネコリンゴ(ネコアップル)
 └ねこタツ(ねこタコつぼ)

第3形態になると性能が大幅アップ!

『にゃんこ大戦争』にはさまざまなキャラクターが登場するが、ほとんどのキャラクターは、第3形態まで進化させることができる。

第3形態になると、ステータスや持っている効果の能力が強くなり、より強力なキャラクターへと変化していく。

ただし、ガチャキャラクターは「マタタビ」という進化アイテムが必要であり、ガチャ入手以外のキャラクターは開眼ステージなどの特殊なステージをクリアする必要がある(一部例外あり)。

本稿では、マタタビを使うキャラクターの中で、第3形態へ早めに進化させておきたいキャラクターを紹介。誰から進化させようか迷っている方は、参考にしてみてほしい。

進化に必要なマタタビは、同じレアリティでもキャラクターに寄って異なる。マタタビを集めに行く前に、事前に確認しておこう

マタタビ使用おすすめキャラクター

今回は比較的進化がしやすい、レアと激レアの中からおすすめ進化キャラクターを紹介していく。

超激レアに関しては、入手するのが難しい上に、どのキャラも進化前から強力な性能をしている。素材となるマタタビを多めに集める手間もあるので、本稿では対象外とさせていただいた。

ねこファイター(マキシマムファイター)

赤い敵にめっぽう強いレアキャラクター。攻撃間隔が短く、赤い敵に対しては壁役兼アタッカーにもなれる存在だ。

第3形態「マキシマムファイター」に進化させると、攻撃が単体から範囲攻撃に変化し、雑魚敵などをまとめて攻撃できるようになる。

また、レアの中では体力が高く、攻撃力も低くない。赤い敵がたくさん登場するステージでは優先して編成してみよう。

ネコホッピング(ネコキョンシー)

まれに生き残る効果を持ったレアキャラクター。生産コストが安く、壁役として重宝するキャラクターだ。

第3形態「ネコキョンシー」に進化させることで、必ず生き残るようになり、壁役としての性能が大きく向上する。

どんな威力の高い攻撃でも1回は耐えれるため、攻撃間隔の長いニャンダムなどに対しては、確実に足止めしてくれる強力な壁役になれるだろう。

にゃんこ大戦争【攻略】:第3形態へ早めに進化させたいレア・激レアキャラクターまとめ

ネコエステ(ネコパーフェクト)

キモネコと同じ射程の長さで、範囲攻撃が繰り出せるレアキャラクター。攻撃力が並以上でありながら、再生産までの時間も短く、量産がしやすい。

第3形態「ネコパーフェクト」にすることで、さらにステータスが向上。敵の処理スピードが上がり、雑魚敵だけではなく、中型の敵の処理もスムーズに行えるようになる。

値段が安いこともあって、どんなステージにも連れていける汎用性の高いキャラクターなので、持っていたら優先的に進化させよう。

オタネコ(ネコスーパーハッカー)

遠方攻撃を持ち、全キャラでもトップクラスの射程を持つ激レアキャラクター。第1形態は単体攻撃だが、第2形態では範囲攻撃になり、遠くから複数の敵を攻撃できるようになる。

第3形態「ネコスーパーハッカー」に進化させると、メタルを除く全ての敵を必ず遅くする効果が付き、安全な位置から確実に敵を妨害できる強力なキャラクターへと変化する。

どんなステージでも、妨害役に困ったら連れていけるレベルで優秀なので、ゲットしたらぜひ第3形態に進化させて使ってみよう!

ネコリンゴ(ネコアップル)

赤い敵の動きを止められる激レアキャラクター。

第3形態「ネコアップル」に進化させると、赤い敵を必ず止められるようになり、妨害役としての使いやすさが大幅に向上する。

一気に進軍してくる「赤井ブン太郎」や「イノシャシ」などの強敵に対して、特に有効な妨害役となるので、赤い敵に苦戦している場合は進化させよう。

ねこタツ(ねこタコつぼ)

浮いてる敵に打たれ強い激レアキャラクター。確率で浮いてる敵の攻撃力を下げる効果も持っており、壁役としての性能は高め。

第3形態「ねこタコつぼ」に進化させると、ごく一部のキャラクターしか持っていない「波動ストッパー」が付く。

これにより波動を打ち消せるようになり、後ろにいる味方キャラクターを波動から守れるようになるのだ。

激レアキャラクターではあるものの、波動ストッパー持ちでは最も入手しやすいキャラクターなので、手に入れたら波動対策として必ず育てておこう。

妨害系は必要に応じて

レアや激レアの中には、特定の敵に強いキャラクターが多数存在する。妨害役などは特に貴重で、第2形態に進化させて使っているプレイヤーも多いだろう。

「ふっとばす」「動きを止める」「動きを遅くする」など、効果はさまざまだが、妨害効果を持ったキャラクターは多い

ただ、これらのキャラを第3形態に進化させる優先度はそこまで高くない。というのも、大体のキャラは妨害確率が少し上昇するだけで、必ず妨害できるようにはならない。

確率の低さは数でも補えるため、第2形態から使用感はそこまで変わらないのだ。また、「ネコヴァルキリー・聖」や「ウルフとウルルン」のような、誰でも手に入る優秀な妨害役も存在する。

よほど特定の敵に困っていない限りは、汎用性の高いキャラクターや、代えの効きにくいキャラクターにマタタビは使ったほうが良いだろう。

とは言っても、ヴァルキリーやウルルンが手に入るのは、ゲームをかなり進めてからの話。それまでに強力な妨害役が必要になったら、レアキャラクターでもドンドン進化させよう。

ヴァルキリーとウルルンが手に入るクエストは、かなり難易度が高い。彼女らを確実に入手するためにも、ここで活躍できる妨害役を進化させるのもアリだ

(C)PONOS Corp.