にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】:初心者が無意識にやってしまいがちなNG行動まとめ!

『にゃんこ大戦争』では、1つのミスが命取りになるステージも多い。今回は、初心者がやってしまいがちな戦闘でのミスを紹介。気づかずやってしまっていた行動などがないか、自分の行動と照らし合わせてほしい。

■目次
1.意識すればミスは減らせる!
 └我慢できずにキャラを出してしまう
 └活躍できないキャラを生産してしまう
 └壁役が途切れてしまう
 └早い段階で敵拠点へ攻め込んでしまう
 └キャラを間違った順番で出してしまう
2,敗因はプレイングだけじゃない?
 └編成から変える必要がある
 └育成が追いついていない
 └お宝集めが甘い

意識すればミスは減らせる!

『にゃんこ大戦争』を始めたばかりの人は、負けたときに自分の何が問題だったのか、分からないまま負けてしまったという人もいるだろう。

本稿では、初心者がやってしまいがちなNG行動を紹介。なぜやってはいけないのかも解説しているので、自分が当てはまっていないか確認してみてほしい。

敗因が分からなければ、何を改善すればいいのかも分からないはずだ

我慢できずにキャラを出してしまう

初心者のミスで特に多いのが、お金に余裕があるからといって、不用意にキャラを出しすぎてしまうこと。

序盤にキャラを出しすぎてしまったせいで、ボス出現後などの重要な場面でお金が足らなくなり、結果的に押し返されて負けてしまうというパターン。

妨害役を多く出しすぎていたせいで、ボス出現時にお金が足らず、アタッカーがほとんど生産できない状況に!

こういった場面で、キャラを出したい気持ちを我慢してお金をためておけると、終盤の立ち回りやすさや安定感がグッと向上する。

もちろん、押しきれるときはアタッカーや妨害役を増員して、一気に勝負を決めに行く判断も大切だ。だがそれは、あくまで勝ち筋が見えている状況での話。

難しいステージになればなるほど、1手のミスが勝ち筋を無くしてしまうこともあるので、考えなしにキャラを出すのはやめよう。

ステージによっては、ボスを自拠点に付近にいったん引きつけることが必要になる場合もある。ここで我慢できずにキャラを出してしまうと、ボス登場時にお金がない状況へ陥ってしまう

活躍できないキャラを生産してしまう

「キャラを出し過ぎる」に近い行動として初心者に限らずよくやってしまいがちなのが、活躍できないキャラを編成し、活躍できないことに気づかないまま生産し続けてしまうこと。

特に、「攻撃速度が速い敵」「射程が長い敵」を相手にするときは注意が必要。

こちらの出すキャラによっては、ただ倒されるだけになり、いたずらに所持金を消費することになってしまう。

「生産したキャラが本当に活躍できるか」は常に意識しておこう。

強力な超激レアキャラの「かさじぞう」。しかし、より射程の長い敵に、先に攻撃されては活躍できない!

同じステージの中でも、場面によって活躍できたり、できなかったりするキャラがいる場合もある。

「この敵が前線にいるときはこのキャラを生産しない」といった状況判断ができるようになると、クリアできるステージも増えるかもしれない。

壁役が途切れてしまう

壁役を3~5体ほど編成しているのに、アタッカーを守りきれない場合は、壁が足らないのではなく、壁役を生産するスピードが遅い可能性が高い。

アタッカーを守りきるためには、壁役を途切れさせないことが重要。先に出した壁役の生存の有無などは関係なく、壁役は常に出し続けなければならないのだ。

つまり”壁役でアタッカーを守る”というのは、「壁役を適宜出撃させてアタッカーの前に行かせる」ではなく、「壁役を出し続けてアタッカーの前に壁役を居続けさせる」ということになる。

先に出した壁役が生きているかどうかなどは関係ない。ただひたすらに壁役を出し続けることが、「壁役で前線を維持する」ということだ

慣れてくると、自分の壁役がどれくらい耐えるのか分かるようになり、適宜壁役を追加しながらでも立ち回れるようになるが、それはかなり高度なテクニックでもある。

最初のうちは難しく考えずに、アタッカーを守りたい場面では、壁役を最優先に生産し続ける戦い方をしたほうが良いだろう。

あらかじめ壁役を編成したページにしておくことも重要。再生産できるようになり次第、タップして、少しでも早く壁役を出せるように立ち回るのが理想だ

にゃんこ大戦争【攻略】:初心者が無意識にやってしまいがちなNG行動まとめ!

早い段階で敵拠点へ攻め込んでしまう

難しいステージに挑戦する際、大事になってくるのは序盤の準備段階。

基本的にボスは拠点を攻撃してから出現することが多いため、最初に働きネコのレベルを上げたり、強力なアタッカーを出撃させたりしてから戦うことになる。

初心者の方は、この準備が足らないことが多い。特に、勝てるか分からないギリギリの戦力の場合は、序盤の準備が勝敗を分けることもあるだろう。

上記の状況では、強力な波動を持つボスが出てきた段階で、働きネコのレベルが低い上に、お金もたまっていない。対策役を出したくても、攻めるのが早すぎて出せなくなってしまったのだ

基本的に、働きネコはレベルをMAXまで上げてから戦ったほうが良い。レベルを上げると財布の容量とお金の増加スピードが上がるため、長期戦になればなるほど、その恩恵は大きくなっていくからだ。

ただし、ステージによっては序盤から敵が押し寄せてきて、準備をしている余裕がまったくないこともある。

そんなときは、アイテムの「ネコボン」を使ったり、コストの安いキャラで作った編成を使ったりするなど、戦闘前にできる準備で対応していこう。

1,000円以下のキャラで編成すれば、開幕から敵が攻めてきても対応しやすい。中盤以降に強力なボスが来てもいいように、高火力アタッカーも1~2体ほど編成しておくと安全だ

キャラを間違った順番で出してしまう

キャラは大まかに分けて、「壁役」「アタッカー」「妨害役」の3種類が存在する。また、キャラごとに攻撃できる射程が決まっており、それぞれ得意としている距離も違う。

この役割や射程の関係を理解しないままキャラを出してしまうと、戦闘において重要なキャラが最初に倒されてしまうような自体に陥りやすい。

ステージやキャラの射程によって変化はするが、基本的に順番は「壁役→妨害役→アタッカー」の順番で出すのが正解。

少しでもアタッカーが長く場に残るようにすることで、総合的なダメージ量が上がり、敵を倒せる可能性が上がるという仕組みだ。

順番を変えるだけでも、戦いやすさは大きく変化する。倒されたくないキャラは、出すのを意図的に遅らせてみるなどの工夫をしてみよう

下記の記事で、さらに細かくキャラの役割やバトルの基本について解説しているので、バトルについてもっと詳しく知りたい方は、そちらも参考にしてもらえると幸いだ。

敗因はプレイングだけじゃない?

ここまで初心者にありがちな戦闘中のミスを元にしてきたが、敗因は別にある可能性も考えられる。

パーティ編成の段階でキャラの選定を間違えていたり、キャラの育成が追いついていなかったりと、敗因にはさまざまな要素が考えられるので、本当に戦い方だけに問題があったのか考えてみよう。

編成から変える必要がある

戦い方を変えたが、まだクリアの勝ち筋が見えてこないという場合は、編成になにか問題があるのかもしれない。

自分がどんな風に負けたのかを理解して、足りない部分を補った編成を組み直してみよう。

編成を変えるときは、前の戦いで必須だったキャラだけの編成に絞った後、足りない部分を補えるようにキャラを追加していこう

育成が追いついていない

そもそもキャラの育成が追いついていない場合は、どんなに戦い方や編成を変えても勝てない可能性がある。

この状況に関しては、キャラを強くして総合的な戦力を上げるしかない。

ガチャで超激レアのキャラを狙ったり、XP(経験値)がたくさん入るステージをクリアしたりして、少しでもパーティ全体の戦力を上げてから再挑戦しよう!

土日ステージやゲリラステージを利用してXPを集めよう!

お宝集めが甘い

意外と忘れがちな強化要素が、メインストーリーで手に入る「お宝」。お宝はスペシャルステージなどでも効果があるため、高難度のステージを攻略するときには、極力全てそろえておきたい。

まずは基本的な能力を強化したい場合なら日本編、特定の敵に強くなりたい場合なら未来編のお宝を集めるといいだろう。

お宝にはシンプルながら、強力な効果がそろっている。最高なお宝で集められるとベスト!

(C)PONOS Corp.