Appliv Games編集部ブログ

ゼロから始めるゲーム動画【準備編4】: OS別スマホでできるゲーム動画録画方法【Appliv Games編集部ブログ】

「ゼロから始めるゲーム動画」第4回は「スマホでできるゲーム動画録画方法」です!特別な機器を使わずに、スマホだけでできる手軽な録画の仕方をご紹介!

基本はスマホのみ!手軽にできるゲーム動画録画をご紹介!

今回はスマホで実際にゲームを録画する方法をOSごとに紹介していきます。使ってる端末、バージョンに影響するところがあるので、あくまで参考程度に!

必要なものは↓のになります。端末だけで録画をする場合、ある程度新しいスマホじゃないと難しいです。

OS iOS Android
バージョン iOS11以降 Android5以降(できれば10)
端末自体の
録画機能
あり 端末次第!Galaxyはあり
高画質動画を
録るためには
MacPCがほしい!  これも端末次第。録画機能が搭載されていない端末は、別途アプリが必要

※2020年6月時点での情報です。Androidは今後のバージョンアップで、録画機能が常設されるという噂もあります

元になる動画はできるだけ高画質がいい

長くなるので詳細は別のブログで紹介しようかと思いますが、YouTubeにアップする動画は、最初に撮った元動画より必ず劣化します。

そのため、元動画はできるだけ高画質の方がよいです。特に、アクションがウリのゲームのときは意識しておきたいです。荒れるとぐちゃぐちゃに見えます。

逆に、TCGやストラテジーなど、動きの少ないゲームなら、スマホで録った動画の画質でもじゅうぶんなこともあります。このあたりは、ジャンルによって判断してみてください。

スマホのみで録画した動画の画質に満足できない場合は、キャプチャーボードや録画ツールを使う手もあります。

機材にお金がかかる分、画質も良いので、どうしても高画質で録りたいというときはそちらを探してみてください。キャプチャーボードの使い方もまたブログで扱おうかと思っています。

iOSでのゲーム動画録画方法

「画面収録」機能は手軽だけど…

手軽・一般的な録画方法は、iOS11以降標準搭載された「画面収録」機能を使うやり方です。

初期段階ではコントロールセンター(右上端ひっぱると出るやつです)に追加されていないため、まずは、「画面収録」ボタンを表示させるところからです。

「設定」⇒「コントロールセンター」のカスタマイズ画面から、「画面収録」の「+」を押して追加できます。

これで、コントロールセンター内に録画ボタンが表示されるようになります。これを一度押すと画面録画開始、もう一度押すと録画終了となります。

ここまで紹介しておいてなんですが、画面収録機能で録った動画は、後々編集・アップすることを考えると、画質が物足りないです。

そして、画面収録機能には今のところ、高画質に変更するような設定もできません。

アクションシーンが多いゲームは特にですが、できる限り、次で紹介しているMacを利用した録画方法にしておきたいですね。

MacにつないでQuickTimeで録画!

MacPCには、QuickTimePlayerという動画再生プレイヤーがはじめから入っています。

このプレイヤーには、画面収録機能が搭載されており、iPhoneやiPadをMacにつなぐことで、Mac上にスマホの画面を映し、録画することが可能になります。

この機能は、撮影する動画の画質を変更可能で、スマホ単体で録った動画より、はるかに高画質で録ることができます。

MacPCが必要にはなってしまいますが、画質にこだわりたい人はこちらがおすすめです。

QuickTimeでの録画方法

1. Macとスマホをつなぐ

スマホ側の画面ロックを外す
⇒MacとiOS端末をUSBケーブル(※)でつなぐ
⇒スマホ側でMacを「信頼」する

※ケーブルは充電のみに対応したものはNGです。データ転送可能なものにしましょう。純正のライトニングケーブルで大丈夫です。

2. Mac側でQuickTimeを起動する

アプリからQuickTime Playerを起動
⇒「ファイル」タブの「新規ムービー収録」を選択する

3. Mac画面にスマホ画面を映す

「◎」マーク横の「v」をクリック
⇒「カメラ」「マイク」どちらも接続したiOS端末を選択する
⇒音量を上げる

※必ず「マイク」の方もiOS端末を選択しましょう!ここを選ばないとゲーム音が入りません。Mac自体の音量を上げれば、音が出ているか確認できます

4. ゲームを起動して録画開始!

スマホ側で録画したいゲームを起動する
⇒QuickTimeの「◎」マークを押して録画開始
⇒動画を録り終わったらもう1度押して録画終了

ちなみに、Macから流れる音声は十中八九遅れて聞こえます。音ゲーなどはプレイできたものじゃないので注意しましょう。

5. 動画を保存&チェック

画面収録していたウインドウ左上の「×」マークをクリック
⇒保存するかどうかを問われるので、名前とファイル場所を指定して保存する
⇒きちんと動画が録れてるか、音は入っているかなど、生成された動画ファイルをチェックする

Androidでのゲーム動画録画方法

Androidは端末で録画機能があったりなかったり

iOS同様、Androidにもスマホ画面を録画できる「画面録画」機能が存在しています。

画質が非常に綺麗、かつ設定も変更可能なゲーム録画には申し分のない機能です。

機能的にはこれ以上ない使いやすさなのですが、残念ながらGalaxyや一部の海外端末など、限られたスマホにしか搭載されていないところが難点です。(Xperiaも昔はあったのですが、最近のだとなくなってます。時代を読めてない…)

「そんな機能ないわ!」という方は↓のアプリを試してみましょう。

Googleのアプリでも録画可能!

Googleが提供しているアプリ「Play ゲーム」でもゲーム動画などを簡単に録画できます(要Android 5.0以降)。

いつの間にかスマホに入ってるかと思いますので、Google関連のアプリがまとめられたフォルダあたりを探してみましょう。

こちらも「画面録画」同様、起動させてゲームをプレイするだけで動画を録画できます。

良し悪しがある点もいくつかありますので、把握しておきましょう。

  • 画質は最高でも720p(ごりごりアクションを扱うには若干荒い)
  • プレイ中、インカメラで自分の顔が入る(実況には便利)
  • ↑の顔を非表示にした場合、Googleのアイコンが残る

プレイ中に顔が映る点は、ゲーム実況テイストにしたい場合は有用です。ただし、映る顔のサイズは小さめです。

アイコンが残り続ける点は微妙です。プレイ中邪魔になるほか、Googleのアイコンがそのまま録画されてしまいます。編集でうまく見せる手間が増えると考えておきましょう。

Play ゲームの使い方

1.Play ゲームを起動し、録画したいゲームのアイコンをタップ
2. 録画マークをタップ

3.「開始する」を起動後、ゲームを開く
4.自分の顔(Google)アイコンをタップし、「●」で録画開始、「■」で録画終了

なお、ゲーム非プレイ時もこのアイコンは表示され続ける仕様です。消したいときは、アイコンを中央の「×」までドラッグ&ドロップしましょう。

無料で使える録画アプリもたくさんある

Play ゲームアプリでもうまく動画が録れない場合は、ストアにある録画アプリを利用しましょう。

ゲーム音も録音でき、無料で利用可能な「AZ スクリーンレコーダー」が定番ですね。

録画ツールは数多ありますが、無料の場合、広告があったり、ロゴが強制的に入るなど、なんらかの制約があります。

また、レビューを見る限り、やはり環境次第ではうまく動作しない場合も少なくないようです。メモリやストレージ不足、スペック不足などが主な原因でしょうか。

録画アプリでどうしてもうまくいかないときは↓の最終手段を試しましょう!

それでもうまく動画が録れないときは

端末の相性や若干古いスマホだと、録画アプリがうまく動作しない場合があります。

端末の多様性はAndroidの良さではありますが、「これなら確実!」と言いにくいところは難点でもあります。

最後の手段はキャプチャーボードという機器を利用する手段です。PCとゲーム機をつないで、ゲーム画面をPC側に映し、録画可能にするものですね。

スマホはもちろん、SwitchやPS4といった家庭用ゲームにも使え、非常に綺麗な動画を録れるところが魅力です。

反面、「安くないキャプチャーボードを別途購入しなければならない」「配線が複雑」「細かく設定ができる分難解」など、初心者にはハードルが高い点も否めません。

まずは、スマホやPCだけで実践できる録画方法を試して、ダメなら購入を検討するようにしましょう。

今回はここまで。次回はエンコード設定に関わる動画形式や、そもそも高画質とはなんぞや?といったところを紹介しようと思います。まだまだ続きます!