Appliv Games編集部ブログ

Discordコミュニティ運用術【第11回】:チャットで使えるコマンドを覚えよう【Appliv Games編集部ブログ】

「Discordコミュニティ運用術」第10回は、「Discord」のチャットで使える、便利なコマンドとショートカットキーを紹介します。

■目次

・チャットには便利なコマンドがたくさん!
 └文字を装飾するコマンド
 └文字の色を変えるコマンド
 └便利機能を呼び出せるコマンド

・便利なショートカットを使いこなそう!
 └チャンネル移動:Alt+↑or↓
 └メッセージをすべて既読にする:Shift+Esc
 └ミュートの切り替え:Ctrl+Shift+M
 └QUICKSWITCHERを起動:Ctrl+K
 └メッセージの検索:Ctrl+F

チャットには便利なコマンドがたくさん!

今回のブログでは、チャットで使える様々なコマンドを紹介します。

文字を装飾したり、「なにこれ?」な機能を呼び出したりと、チャットを打つテキストボックス内でもいろんなことができるんです。

必須かと言われるとそうでもないですが、使いこなせたらかっこいいので、興味があれば覚えてみましょう!

文字を装飾するコマンド

装飾コマンドは、文字を太くしたり、斜めにしたり、取り消し線を入れたり。簡単に言うとパソコンのWordソフトのときみたいに文字をいろいろいじれる機能です。

コマンドの一覧はこちら。

コマンド 打つとどうなる?
*◯◯* 文字が斜体になる(英数字のみ)
**◯◯** 太字になる
***◯◯*** 文字が太字&斜体になる
__◯◯__ 下線が引かれる
~~◯◯~~ 取り消し線を入れられる
||◯◯|| テキストを隠せる(クリックすると出てくる)
`◯◯` 黒の背景色が付く
> ◯◯ | 左に引用っぽい線が出てくる

実際にチャットで打ってみると、こんな感じで表示されます。

**テキスト**」の太字や「> テキスト(間に半角スペース)」の引用文なんかは、テキストを目立たせられるので、使えると便利なコマンドですね。

あと、テキストを隠せる「||テキスト||」のコマンドは、攻略情報のネタバレ防止などでも使えるので、ぜひ覚えておきましょう!

文字の色を変えるコマンド(シンタックスハイライト)

続いて、だいぶ特殊な入力方法を使った、文字の色を変える裏技のようなものを紹介。

プログラミング言語を入力する「シンタックスハイライト」を利用すると、チャットの文字の色を変えることができます。

テキストを入力するときは、以下の2つの形式が基本になります。

1行目:“`言語名
2行目:記号 テキスト
3行目:“`

※言語名によって記号の有無や使える記号の種類が変わります

上記は言語名のところに「cs」、記号のところに「#」を入力したパターン。これを送信すると、以下のようなチャットが表示されます。

文字がオレンジ色になりました!

文字色を変えられるコマンドの一覧はこちら。

記号名  記号 打つとどうなる?
css なし
※日本語不可/適用は英字のみ
fix なし
md #
py ” or ‘
#
cs ” or ‘
py+”と同じ
#
diff + or !
cssと同じ
xl ” or ‘
py+”と同じ
tex $

使うことはそれほど多くはないと思いますが、面白い機能ですね。

便利機能を呼び出せるコマンド

続いて、チャットの便利機能を呼び出す特殊コマンドを紹介。主に「/(半角スラッシュ)」のあとにアルファベットを打つと出てきます。

コマンドの一覧はこちら。

コマンド 打つとどうなる?
/giphy
/tenor
GIFアニメを検索できる
/tts 音声読み上げ機能がメッセージを読んでくれる
/me テキストを強調して表示する
/tableflip (╯°□°)╯︵ ┻━┻
/unflip ┬─┬ ノ( ゜-゜ノ)
/shrug ¯\_(ツ)_/¯
/spoiler テキストにモザイクをかける
/nick サーバー内のニックネームを変更する

「/giphy」と「/tenor」の2つは、打ったテキストに関連したGIFアニメをネット検索してくれて、出てきたGIFアニメをそのままチャットに貼ることができます。

例えば、「/giphy ポケモン」と打ってみると……

こんな感じで、ポケモン関連のGIFアニメがいっぱい出てきました。ネタっぽいGIFアニメを貼りたいときなんかは使えるかもしれないですね。

あとは、Discord開発者の遊び心?な感じの「/tableflip」「/unflip」「/shrug」の3つのコマンド。これを打つと、「/tableflip→(╯°□°)╯︵ ┻━┻」のような感じで変な顔文字が出てきます(笑)

ちなみに、これらはチャット欄に「/」を打つだけでコマンドが表示されるので、覚えてなくても使えます。ぜひ試してみましょう!

Discordの裏技?あの有名な格ゲーの「瞬◯殺」が発動

もはや「ただのネタじゃん!」とツッコみたくなるのが、Discordに存在する謎の隠しコマンド。

「Ctrl+/」でショートカットキー一覧を開いてから、以下のコマンドを入力してみます。

H H → N K

こ、これはあの有名な「瞬◯殺」!

こういった隠しコマンドは「イースターエッグ」と呼ばれていて、他にもいくつかあるようです。面白いですね。

便利なショートカットを使いこなそう!

最後に、Discordの操作を簡単にしてくれるショートカットキーを紹介します。

たくさんあるので、今回はその中から特に便利なものを抜粋。どれも使い勝手が良いので覚えておきましょう!

キーの組み合わせ ショートカット内容
Alt+↑or↓ チャンネルの移動
Shift+Esc サーバー内のメッセージをすべて既読にする
Ctrl+Shift+M ミュートの切り替え
Ctrl+K QUICKSWITCHERを起動
Ctrl+F メッセージの検索

※ショートカットが使えるのは、PC版Discordのみになります

では、ひとつずつ簡単に紹介していきます。

チャンネル移動:Alt+↑or↓

チャンネル名をクリックしなくても移動できるコマンド。未読のチャンネルへ移動したい場合は、「Alt+Shift+↑or↓」を入力します。

Altを押しながら↓キーで、チャンネルをひとつずつ下に移動できます

メッセージをすべて既読にする:Shift+Esc

サーバーにある未読のメッセージを一気に既読にできるショートカット。普段はあまり見ていないサーバーなどで未読がたまってしまったときに便利です。

大事なメッセージも既読にしてしまう可能性があるので、受信ボックスからメンションのメッセージを確認しておきましょう。

ミュートの切り替え:Ctrl+Shift+M

マイクのON/OFFを切り替えられるショートカット。ボイスチャット中に着信や来客があったときに、すぐミュートに切り替えられます。

結構使うことが多いマイクのミュートを、キーボードだけで切り替え可能

また、マイクのミュートの切り替えは、キーの割り当て別のキーに変更することもできます。

名前の右にある設定(歯車マーク)からキー割り当てを選んで、「ミュートの切り替え」に新しいキーを設定すればOK

QUICKSWITCHERを起動:Ctrl+K

QUICKSWITCHER(クイックスイッチャー)は、所属している全サーバーからチャンネルやユーザーを探せる、最強の検索機能。

入力すると、こんな感じの検索フォームが出てきます

普通にワードを入力するだけでなく、検索ワードの最初に記号を入れることで、検索の対象を絞り込みながら検索することもできます。

  • @:ユーザー名を検索
  • #:チャンネルを検索
  • !:ボイスチャットを検索
  • *:サーバーを検索

参加しているサーバーの数がものすごく多いときなんかは、これを使えばすぐに目的地にいけますね。あとは、DM(ダイレクトメッセージ)を送りたいときにも、相手をすぐに見つけられて便利です。

メッセージの検索:Ctrl+F

流れてしまったメッセージを探すのに便利なショートカット。探したいチャンネルにいって「Ctrl+F」を押すと、検索ボックスに移動しつつ、チャンネル名を自動で入力してくれるので、簡単に検索できます。

検索ボックスの中に「in:#チャンネル名 」が自動で入りました

あとは、後ろに検索ワードを入れて検索をすると、そのワードを含むメッセージがズラッと表示されます。

すごく前のメッセージも全部出てきました。便利!