Appliv Games編集部ブログ

動画の再生数を伸ばす極意②【ゼロから始めるゲーム動画・投稿編6】

「ゼロから始めるゲーム動画」第21回(投稿編6)は、YouTubeの動画再生数を伸ばす極意を伝授の第2弾! 効果的なやり方を覚えて再生数アップを狙いましょう。

ユーザーの反応が良い動画は優先される!?

YouTubeでは、「今あなたにおすすめな動画」を優先して表示しようとします。

再生数が少ない動画の方が上位にくることがあるのは、このためです。前述の通り、公開から間もないことも大きなウェイトを占めるのですが、さらに、

  • 視聴者維持率と視聴時間
  • 視聴者のエンゲージメント

が良い動画も優先されます。同じ日時にアップした動画なら、このデータが良い方が上にくる、といった感じです。

初期離脱を防いで視聴時間アップ!

アナリティクスのマニュアルで紹介しているので割愛しますが、「視聴者維持率」が良くなれば、自然と「視聴時間」もアップします。

まずは、開始10秒以内に離脱する「初期離脱」が問題になるかと思います。動画のテンポや構成を工夫して、ここを改善することが効果的かと思います。

人気ユーチューバーの動画などを参考にしてみましょう。非常に勉強になります。

コメント・高評価を視聴者にアピール!

YouTubeにおけるエンゲージメントとは、コメントや評価ボタンを押されたときに成立します。

「よろしければチャンネル登録&高評価お願いします!」はいまやどんな動画でも言われています。宣伝感は強いですか、一般化しつつあるので、気にせずどんどんアピールしていきましょう。

コメントに関しては、工夫次第で宣伝っぽくなくアピールすることができます。

「こんな動画やってほしいとかあったらコメントください!」「みなさんのイチオシキャラなんですか?コメントで意見聞かせてください!」などが筆者はうまいなと思いました。

コメントは、YouTube内では貴重なユーザーとコミュニケーションがとれる場所です。(「最新の投稿」機能もありますが、よほど動画を見ている人にしかあそこには表示されません)

視聴者側も、反応してくれるとうれしいものです。積極的に返信して、ファンにしてしまいましょう。その機会を増やすためにも、コメントを促すことは重要ですね。

クリック率が上がるタイトルの付け方

動画がクリックされたり、シェアされたりは、タイトルとサムネイルにかかっているといっても過言ではありません。

クリックされやすいタイトルのポイントは、以下の2つです。

  • 括弧を入れる
  • 文字数は50文字以下。30文字以下だとベスト!

簡単にできることなので、ぜひ実践していきましょう!

括弧で惹きのあるキーワードをくくるべし

なぜかはよくわかりませんが、括弧があるタイトルの方がクリック率がいいという調査結果が出ています。

括弧で特徴的なワードを括ることで、見る人にも伝わりやすいのかもしれません。最初と最後に入れるのが基本です。

例)【ドラブラ】悪夢:光明(コード作戦:Lv85~)の攻略手順を詳しく解説!抜け道と隠し宝箱の場所も紹介【コード:ドラゴンブラッド】

タイトルは短い方が良い!キーワードを簡潔に入れよう

タイトルについても、短い方が検索順位が良いという分析結果が出ています。

30文字以下だとベストのようです。YouTubeのサムネ下に表示されるタイトルは26文字以降は省略されてしまいます。この結果は納得ですね。

50文字以上になると極端に検索順位が落ちてしまうので、最低でも50文字に収めるのがいいかと思います。

特に、ゲームの長い正式名称などは、頭に持ってこなくてもいいかもしれません。先に挙げた括弧を使って、後ろに表示させてみましょう。

説明文を長くすべし

人気ユーチューバーの動画を見ると、「説明文長!」と思ったことはありませんか?

あれは、検索に引っかかりやすくしたり、別の動画を訴求したり、チャンネル登録者数を増やしたりする狙いがあります。

説明文は長い方が良いと言われていて、「最低500文字は書いた方がいい」なんて話もあります。

以下のような内容を押さえて、説明文を充実させてみましょう。①②④⑤は必須といっていいかと思います

  1. 最初の3行はアピールしたいことを!
  2. 検索に引っかかりそうなキーワードをちりばめて文章を作る
  3. 別のおすすめ動画の紹介を入れてみる
  4. SNSへのリンク
  5. チャンネル登録リンク
  6. ハッシュタグを入れてみる

ご存知かもしれませんが、YouTubeの説明欄は最初の3行以降は「もっと見る」を押さないと表示されません。ですので、最もアピールしたいものをここにもってきましょう。

動画の補足やコメント・評価ボタンのお願い、SNSやチャンネル登録リンク、おすすめ動画の紹介などをいれている人が多いですね。

関連動画に表示されるには

動画を再生していると、次の動画として、関連するような内容の動画をおすすめされます。

この「関連動画」は流入経路として大きなウェイトを占めます。

YouTubeでは、ここに表示される動画を「タイトル」「説明文」「タグ」で主に判断していると言われています。

現在見ている動画の「タイトル」や「説明文」に近いワードが使用された動画が表示されるのはなんとなく想像できるかと思います。

タイトルに「ヒカキン」と入れるなど、人気のある動画・チャンネルに寄せるのは再生数を伸ばす常套手段です。

ここでは、ぱっと見でわかりにくい「タグ」の役割について紹介していきます。

うまく設定して、自分の動画間のつながりを強化したり、人気の動画の関連動画に自分の動画を表示されるように努めてみましょう。

独自性の強いタグで自分の動画のつながりを強化しよう

動画間で同じタグが多いほど、関連動画に表示されやすくなります。

たとえば、「ドラブラ 攻略 Appliv Games」とタグを設定した場合、

  • a.ドラブラ 攻略
  • b.ドラブラ 攻略 Appliv Games

aよりもbの動画の方が関連動画に表示されやすくなるということです。

特定のゲームのタグを設定する場合、ゲーム名や「攻略」「実況」といったタグは誰もが設定しているはずです。

そこに埋もれないためにも、自分の動画には、チャンネル名など、自分だけのタグを仕込んで、自分の動画同士のつながりを強化するのが有効です。

自分の動画の関連動画に、自分の別の動画を出すことができるようになります。

設定すべき3種のタグ

YouTube動画のタグは関連動画に出るかどうかに加え、表示順にも影響しています。上位ほど、似たタグがマッチされるとのことです。

また、検索機能はデフォルトだと「関連度順」に並んでいます。つまり、関連性が高い動画は、検索上位にも来やすいと言っていいかと思います

タグには「メインキーワード」「バリエーション」「カテゴリー」の3種類を入れるのが良いとされています。(頭文字をとってMVC式というらしいです。浸透してませんが)

ハッシュタグと違って、多いとNGなんてことはなさそうなので、たくさん入れて、いろいろな動画に自分の動画が引っかかるようにしていきましょう。

メインのキーワード

タイトルに入れ込むような、惹きの強いワードを入れましょう。1番目や2番目はこのタグにします。

ゲームの動画ならゲームタイトルになるかと思います。

例)エグゾスヒーローズ,エグゾス,レイケル,アナスタシア,フェイトコア,ガチャ,レラ,FC,攻略,初心者,リセマラ,

バリエーション

動画内容に関連した、さまざまなキーワードを選択します。ここで他の動画より多くのワードを設定して、いろいろなワード、動画との関連性を高めます。

ゲーム動画なら「キャラ名」「アイテム名」「コンテンツ名」などでしょうか。

例)エグゾスヒーローズ,エグゾス,レイケル,アナスタシア,フェイトコア,ガチャ,レラ,FC,攻略,初心者,リセマラ,

また、前述の通り、チャンネル名など、自分の動画だけのタグを設定するのも効果的です。

カテゴリー

最後は、その動画を象徴する一般的なカテゴリー、ジャンルなどを入れます。

ゲーム動画なら「攻略」「実況」「ガチャ」「リセマラ」などですかね。意外と惹きが強い内容なので、設定しておきましょう。

例)エグゾスヒーローズ,エグゾス,レイケル,アナスタシア,フェイトコア,ガチャ,レラ,FC,攻略,初心者,リセマラ,

(C)2020 Google LLC