• [10/2版]ポケモンGO【攻略】: 伝説のポケモン「ライコウ」に挑戦!じめんタイプが大活躍!

[10/2版]ポケモンGO【攻略】: 伝説のポケモン「ライコウ」に挑戦!じめんタイプが大活躍!

eye

『Pokémon GO』(以下、ポケモンGO)では、10月1日より「スイクン」に代わり「ライコウ」が降臨中! 今回もジムでのレイドバトルで出現するので、その出現具合や強さ、捕獲しやすさなどを検証してみた。

10月はライコウがアジア地域に出現!

9月1日~30日まで、アジア地域ではジョウト地方の伝説ポケモンである「スイクン」が出現していた。

10月は入れ替わりで「エンテイ」「ライコウ」のどちらかが来るということで、トレーナーたちの間で賑わっていたが、出現したのはライコウ。

10月31日まではライコウ、11月1日からはエンテイが出現することがほぼ決定のようだ。

ライコウは「いかずちポケモン」と呼ばれ、雷のスピードを宿しているらしい。そんなスピードで動かれたらとてもゲットどころではないが、ポケモンGOでは普通に捕獲できるのでご安心を

現在は日本各地でライコウが出現し、レイドバトルが盛んということで、本稿ではこのライコウについて都内周辺での出現状況や強さ、捕獲しやすさなどをレポートしていこう。

なお、今回もスイクンと同様JR山手線沿線にあるジムを中心に探索してみた。

「じめん」タイプが効果ばつぐん!

ライコウは「でんき」単タイプのポケモン。弱点を突きにくい相手だが、「じめん」タイプのポケモンであれば「効果ばつぐん」を狙うことができる。

加えて、使ってくるわざもすべてでんきタイプなので、じめんタイプポケモンなら受けるダメージも半分程度にできる。

入手しやすさ、総合性能から考えると、「サイドン」「ゴローニャ」辺りが適正。筆者はゴローニャを持っていなかったので、サイドンにがんばってもらうことにしよう。

筆者のサイドン。個体値は申し分ないのだが、わざ構成が……! 少々しんどい戦いになりそうだ

サイドンの進化前である「サイホーン」については、現在隅田公園に大量出現中。

今からだとあまり期間もないが、近隣に在住の方はサイホーンを集めておくのもいいだろう。

その他、有効なポケモンについては以下の記事に掲載されているので、サイドンもゴローニャもないという方はこちらを参考にしてほしい。

ライコウ大量出現中!?

ライコウ捕獲のため、さっそく編集部から近隣のジムの様子を調査。

すると、すでに黒いタマゴがジムに発生しているではないか!

6つ中2つがライコウのタマゴ。これだけ発生していれば、楽に捕獲できそうだ、と思っていたのだが……

ひとまず、レイドバトル発生時間がいちばん近いジムへ向かい、人の集まり具合を見てみることに。

五反田から品川方面へ向かっていく。傾斜が急な坂が多く、意外と道のりが険しい……

ジムへ到着すると、周辺には(平日の昼にも関わらず)トレーナーらしき人々が数名。

ライコウに挑むとなると、10人以上はほしいところだが……。

さすがに平日昼だけあって、集まったのは6名……! 勝つのは厳しいと判断し、山手線コースへ

筆者を入れて7名では厳しそうだったので、山手線で人が集まりそうな渋谷、新宿、池袋を巡っていくことにした。結局いつものコースである。

都心近くだと意外と出ない!?

山手線に乗って、電車内から周辺のジムの様子をうかがっていく。バトル発生中のライコウがいたら、その駅で降りてバトル開始という算段だ。

しかし、電車内で様子を見ていると、先ほどとは打って変わってライコウが少ない……! いたとしても、人が少なそうなエリアに限って複数発生しているといった感じである。

渋谷の様子。カビゴンがめっちゃほしいが、今回のターゲットはライコウということで泣く泣くガマン

新大久保駅周辺では4匹もライコウが出現していたのだが、いかんせん人が集まらなさそうなのであった

ひょっとすると、乱獲されないよう人が多いエリアにはライコウが出現しないように調整されているのでは……と疑ってしまうほどであった。

そのまま渋谷、新宿と通過して、池袋へ到達。すると……。

進行中のライコウレイドが! しかも、周辺にもう1匹出現している

これを見逃す手はないと、池袋駅で下車して、ライコウが降臨しているジムへ向かう。

若干距離があるが、間に合うのか……!?

池袋駅到着時点で、残り時間があと15分ほどの状態。間に合ってくれー!

ようやくバトル開始!

なんとか時間内に間に合い、ライコウがいるジムに到着。周辺には、トレーナーらしき人が10人前後いた。

これならじゅうぶん勝機はあるはず! すぐにレイドに参加しよう。

いざレイドパスを使って参加してみたところ、参加者はまさかの筆者1人……!? 大丈夫なのかと不安になった

しかし、グループが分かれてしまっただけのようで、バトルが開始されると12人のトレーナーが! これは心強い

ライコウは、上でも書いているとおり、でんきタイプのわざのみを使う。今回は「かみなり」を使ってきたが、サイドンならだいぶダメージを軽減できた。

サイドンなら耐久しつつ弱点狙いもできるので、ライコウ対策としては申し分ない。複数キープしておくのもアリだろう

しかし、筆者のサイドンはわざ構成がてんでダメだったため、渾身のメガホーンも雀の涙のダメージである

ダメージ的にはまったく活躍できなかったものの、周囲のトレーナーのおかげでなんとか勝利。

耐久目的なら、他力本願にはなってしまうがゴローニャがおすすめだ。とにかく、じめんタイプで固めておくことを意識しよう。

筆者のバンギラスが倒れているところに、ほかのプレイヤーがとどめを刺してくれて勝利!

グレートスローで一発ゲット!

火力的にはまったく貢献できなかったが、なんとか勝利。所属ジムボーナスとチーム貢献度ボーナスが加わり、計11個のプレミアボールがもらえた。

これだけあれば、多少ミスしても大丈夫そうだ。

ライコウは、ゲットチャレンジだと2回連続でジャンプする点に注意。

ジャンプの着地を狙っても、少しでも遅れると2回目のジャンプでかわされてしまう可能性がある。

着地した瞬間にぴったり着弾させられるよう、タイミングを調整しよう。

焦らず、じっくり動きを見極めること。金のズリのみが10個以上あったので、今回は当然フルで使っていく

1発目は、距離を見誤ってボールが届かなかったものの、2投目はしっかりグレートでヒット。すると……。

なんと、一発でゲット成功!

ライコウは、243番目のポケモン。245はスイクンなので、244番はどうやらエンテイのようだ

ライコウも、スイクンと同じく体が大きいためヒット自体はさせやすいのだが、いかんせん脱出されやすい。

金のズリのみ、カーブボールを組み合わせ、エクセレントスローを狙って少しでも捕獲率をアップしたい。

個体値も高く、満足の結果に。これをスイクンにぶつけたかった……

五反田に戻ると……いた!

捕獲に成功し、五反田駅に戻ってくると、近くのジムにライコウが2匹も……!

遠出する必要なかったじゃないか、と思いつつも、捕獲率を検証すべく向かってみることにした。

五反田駅周辺では、ライコウが2匹も降臨。新宿辺りで出てほしかった……

現場では、お昼時ということもあり10名以上のトレーナーらしき人々が。これならバトル自体は楽勝だろう(筆者のサイドンは役に立たないが)。

ジムに到着すると、15人もの参加者が! これなら筆者のサイドンがいても余裕そうだ

人数が人数だけに、池袋以上に楽勝でバトルは終了。しかし、今回はゲットチャレンジで思わぬ苦戦を強いられた。

渾身のカーブエクセレントスローから、余裕で脱出されてしまった! プレミアボールも少なくなり、筆者も焦る

しかし、プレミアボール残り2個というところで、再度エクセレントスローを決めて無事ゲット成功!

1匹目と合わせると、5回ヒットさせて2回ゲット成功。こうして見ると楽にゲットできそうな気もするが、成功したときは金のズリのみ使用、かつカーブボールでグレート以上である。

やはり、レイドに備えて金のズリのみは大量にキープしておきたい。また、カーブボールに慣れておき、エクセレントをいつでも出せるように練習しておくのも、基本ながら重要だ。

わざ厳選はスイクンと比べると楽

ライコウが覚えるわざは、以下のとおり。

  • 通常攻撃:でんきショック、ボルトチェンジ
  • ゲージ攻撃:かみなり、10まんボルト、ワイルドボルト

通常攻撃は「でんきショック」と「ボルトチェンジ」の2つ。「めざめるパワー」のようなランダム性がないため、スイクンと比べるとわざ厳選は断然楽だろう。

わざはいずれもでんきタイプなので、シンプルで使いやすい。みずやひこうタイプに有効だ。

わざ構成としては、でんきショック+「10まんボルト」or「ワイルドボルト」という組み合わせが、ダメージ効率がよく人気のようである。

池袋産のライコウが、なかなかよさそうなわざ構成。個体値も高いので、池袋産を使っていくことにしよう

覚えるわざが少ないので、わざマシンさえあれば厳選する必要性も低い。とにかく高個体値を目指して、ひたすらレイドに励むのがいいだろう。

(C) 2016 Niantic, Inc.
(C) 2016 Pokemon.
(C) 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.