#コンパス攻略

#コンパス【カード】: 「カウンター」を徹底解剖!【返】カードの性能とおすすめヒーロー

『#コンパス』で、3月29日(木)より開催中のピックアップガチャにて、ついにカードガチャで入手可能となった「メグメグ」のモチーフカード5枚。今回は、その中でもバトルで見かける機会が特に多くなるであろう【返】カードについて、くわしくひも解いていく。

  1. 基本ステータス
  2. 発動条件は“ダメージのある”攻撃
  3. 反撃倍率は約3.0倍!
  4. 発動から約2秒間は無敵状態に!
  5. 相性のいいヒーロー

カードの読み合いがさらに楽しく!カードガチャに【返】カードが新登場!!

今までコラボカードでのみ登場していた【返】カードが、ついに本格実装!

【防】カードのような性能ながら、このカードにしかない特徴を多く持ったカードとなっている。

【返】カードの基本ステータス

【返】の文字が入ったカウンターカードは、今回ガチャに追加された「ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争」と、ギルティギアコラボ限定カードである「【画竜点晴】梅喧(ばいけん)」の2枚のみ。

どちらも攻撃値が高く、ステータス面で優秀なカードとなっている。

基本性能

  • スキル:4秒間 最初に受けた攻撃を無効化し、近距離敵にカウンター攻撃(中ダメージ)
  • クールダウン:32秒
  • 発動時間:無

【返】カードのステータス比較(レベル20時)

カード名攻撃防御体力
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争128431,067
【画竜点晴】梅喧(ばいけん)12653843

ステータスは、バーゲンセールのほうが、わずかながらに優秀。

そのほか属性以外は、すべて同一性能だ。

両方持っていた場合は、デッキ全体の属性バランスを加味しつつ選んでいこう。

【返】カードは、【防】カードとは異なるバリアを身にまとい、展開中に攻撃されると自動反撃するカード。

青白い板がヒーローを囲むように出現している間が、【返】カード展開中のサイン

展開中に攻撃されると、板が縦長に変形。攻撃してきた相手が【近】攻撃圏内にいた場合、反撃する

展開中、【近】攻撃圏外から攻撃された場合も変形。この場合も攻撃を無効化できるが、反撃は行わない

発動条件は“ダメージのある”攻撃

カウンターが変形して、攻撃を無効化&反撃へと移るのは、「ダメージのある」攻撃を受けたときとなる。

つまり、カードスキルや通常攻撃、ヒーローアクション(以下、HA)はもちろんのこと、ダメージさえあれば、ヒーロースキル(以下、HS)までも無効化&反撃できるのだ。

「電撃ロボ Eledoll-115」などの特殊効果系のカードにもダメージがあるため、問題なくカウンターできる。状態異常も回避可能だ

【防】カードでは防げない、【貫】攻撃まで無効化。これが、【防】カードと差別化できる、大きな持ち味だ

直接攻撃されてはいないが、【罠】カードやグスタフのHAなども、発動条件に入る

カウンターの対象外となるのが、ダメージのない攻撃。

たとえば、アダムやディズィーのHS、「ドリーム☆マジカルスクエア」などによるデバフ効果は、展開していても無効化することができない。

メグメグ登場以降、見かける機会が増えた「おかあさん だーいすき」などの防御力ダウンカードも、ダメージが発生しないため対象外となる

スキルゲージ吸収系【奪】カードは例外!

ダメージ判定はあるものの、効果を無効化できないのが「革命の旗」や「全員集合!魔法少女リリカ☆ルルカ」などのスキルゲージ系【奪】カード。

カウンター展開しておけば、ヒット時にダメージを無効化し、反撃可能なものの、スキルゲージはしっかりと吸収されてしまうので注意。

【返】カードと【防】カードで無効化できること、できないこと

行動【返】(カウンター)【防】(ガード)
【貫】攻撃によるダメージ
【弱】攻撃○(※1)
コクリコのダッシュ攻撃によるデバフ
カイのHSによるスタン効果
【引】による引き寄せ効果
スキルゲージ【奪】攻撃△(ゲージ吸収は無効化不可)
アダムのHSによるフリーズ効果
【除】攻撃(※2)
【毒】攻撃

※1:「連合宇宙軍 シールドブレイカー」など、チーム全体に効果がある弱化効果は無効化できない
※2:「-蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク」による打ち消し効果

反撃時の攻撃倍率は約3.0倍!バフデバフ効果を受ける

反撃時の攻撃倍率は、トリガーとなった相手の攻撃のダメージに影響されることなく、約3.0倍。

ただ、「ひめたる力の覚醒」などによるバフ効果や、コクリコのダッシュアタックなどによるデバフ効果の影響は受ける。

梅喧は火属性カードのため、まといのアビリティ対象。しっかりと威力アップする

発動から約2秒間は無敵状態に!

スキル説明文では「最初に受けた攻撃を無効化し~」と説明されているが、実際の攻撃無効効果は、被弾後も続いている。

その効果時間は、だいたい変形した板が消滅するまでが目安。おおよそだが、初弾ヒットから2秒ほどの間、攻撃を無効化できる。

正確には板の消滅後も、瞬間的ではあるが無敵時間がある

つまり、【遠】カードや【連】カードなどによる複数ヒットする攻撃も、ダメージを受けずに回避可能なのだ。

「攻撃を無効化」するので、効果中は一切ダメージを受けないのが特徴

初弾ヒット以降の攻撃無効化時間は、完全無敵状態となっており、カウンター展開で防げない攻撃も回避できる。

一例を挙げると、無敵時間中であれば、カウンター展開では防げないはずのディズィーのHSによるスタンも回避可能となっている。

ただし、狙って使いこなすのは、至難の技。とりあえず、頭の片隅にでも入れて覚えておこう。

【返】カードで回避できるHSとできないHS

ダメージのある多くのHSを【返】カードのみでやり過ごせるが、マリアのHSなど、攻撃の持続時間が長いHSには対応しきれない。

HS回避
アタリ
ジャスティス
忠臣
ルチアーノ
まとい
グスタフ
テスラ
リュウ
春麗
マリア✕(※1)
エミリア
レム△(※2)
カイ
メグメグ

※1:マリアとの距離によってはやり過ごすことも可能
※2:高い確率でカウンターが決まるため、キルできればやり過ごし可能。アタッカー・スプリンターの場合、時間稼ぎにも繋がる

【返】カードと相性のいいヒーロー

主要な【防】カードよりクールダウンが長く、展開時間も短めな【返】カードは、現環境だと【防】カードと合わせて採用されることが多い。

また、攻撃と防御を共存させたような性能から、基本的には、耐久面が弱点となりやすい、ガンナーで運用されることが多いカードとなっている。

【近】攻撃同様、相手が無防備ならダウンが取れ、そのまま通常攻撃で追撃できるのも、ガンナーに選ばれやすい要因のひとつだろう

【近】攻撃と同じモーションでカウンターするため、【近】モーションが素早く繰り出せるかどうかも、使うヒーローを選ぶ際に注目したいポイントだ。

スプリンター、アタッカーには【近】攻撃の出が早いヒーローが多いので、試しに使ってみるのも手。このふたつのロールでカウンターした場合、相手を大きく打ち上げる

ディズィー&コクリコ

現環境で見かける機会が多い、人気の2ヒーロー。

どちらも非常に魅力的な特長を持つが、耐久力の要となる「体力倍率」が圧倒的に低いのがネック。

【貫】攻撃に非常に弱く、回避できなければ、一撃でやられてしまうことがほとんど。

ステータスと回転率、どちらも非常に優秀な貫通【周】カード「オールレンジアタック」は、『#コンパス』をしていれば、何度も出会うことになるディズィー&コクリコの天敵だ

そんな苦手な【貫】カードも、【返】カードを採用すれば、回避せずにやり過ごすことが可能となる。

特にオールレンジアタックで攻撃された場合、カウンターも決まりやすい。

もう1枚の天敵である「反導砲 カノーネ・ファイエル」などの【破】カード対策にも有効。ガードと同時展開すれば、ガードを破壊されることなくカウンターできる

ディズィー&コクリコ デッキ例

  • 【貫】&【周】:オールレンジアタック
  • 【返】:ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 【防】:全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 【癒】:聖女の守り手 黒猫リリィ

無防備な相手をダウンさせることができ、ガード越しでも安定したダメージを与えられるオールレンジに、【返】【防】【癒】のカードを1枚ずつ組み込んだデッキ。

攻撃カードにカウンターで合わせた場合、相手が吹き飛ばないことが大半。

そのため、なるべく攻撃力を高めて、カウンターで削り切りやすいデッキを目指したい。

紹介デッキだと火属性カードがない。特に通常攻撃が武器になるディズィーで使用する場合、コラボ限定カードとなるが「【リゼロ】ゼロから始める異世界生活」や梅喧などで属性を補完したい

そのほかにも、さまざまなヒーローで採用が考えられる。運よく入手することができたら、ぜひ自分の手で相性のいいヒーローを見つけ出してみよう!

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.