Appliv Games編集部ブログ

Discordコミュニティ運用術【第8回】:便利機能がたくさん!おすすめBOTまとめ【Appliv Games編集部ブログ】

「Discordコミュニティ運用術」第8回は、「Discord」で導入したいおすすめBOT特集! 各BOTのコマンドや基本的な使い方もあわせて紹介します。

編集部おすすめのBOTはこれだ!

今回のブログでは、たくさんあるBOTの中から、「コミュニティ」や「ギルド」を運用するときに便利なおすすめBOTを紹介!

各BOTの使い方の解説もしているので、気になるものがあったらぜひ導入してみましょう!

■目次

・テキスト読み上げBOT
 └喋太郎(しゃべたろう)

・サーバー管理BOT
 └MEE6

・便利ツール系BOT
 └Reminder Bot(メッセージ予約投稿)
 └Quick Poll(アンケート機能)

テキスト読み上げBOT

喋太郎(しゃべたろう)

公式サイト https://www.dayaman.work/syabetaro/info
招待URL https://discord.com/oauth2/authorize?client_id=518899666637553667&permissions=3525632&scope=bot

チャットに打った文章を自動で読み上げてくれるBOT。ボイスチャンネルに「?summon」と打って喋太郎を呼び出すだけで使えるので、BOT初心者にも使いやすい。

基本コマンド

  • ?summon(!s):読み上げ開始
  • ?stop:読み上げを途中で止める
  • ?bye:読み上げ終了
  • ?help:喋太郎について教えてくれる

喋太郎の使い方

  1. 読み上げさせたいテキストチャンネルに入室
  2. 任意のボイスチャンネルに入室
  3. メッセージ欄に「?summon」と打って喋太郎を呼び出す
  4. 帰ってほしいときは「?bye」を打ってさようなら

起動するときは、テキストチャンネルとボイスチャンネルの両方に入室してから、「?summon」のコマンドで喋太郎を呼び出せばOK。

一度に読み上げできるチャンネルは1つのみで、複数のチャンネルを同時に読み上げはできません。

別のチャンネルに移動させたいときは、テキストチャンネルを切り替えて「?summon」し直せば、喋太郎がそっちに移動してくれます。

読み上げを止めたいときは「?bye」コマンドを打つか、ボイスチャンネルから退室すればOK。基本はこの2つのコマンドを覚えておけばいいでしょう。

音量の調整方法

喋太郎の声が「大きい or 小さい」ときは、メンバーかチャンネルのところにいる喋太郎の名前を右クリックして「ユーザーの音量」を変更するとボリュームを調整できます。

単語の辞書登録方法

喋太郎に単語の読みを覚えさせたいときは、以下のコマンドを使います。

?wbook add 単語 よみがな

登録した単語を削除したいときは、以下のコマンドを使います。

?wbook list(登録した単語の辞書番号を表示)
?wbook delete 辞書番号

サーバー管理BOT

MEE6

公式サイト https://mee6.xyz/
招待URL ※MEE6の招待は、公式サイトの「Add to Discord」ボタンを自分でクリックする必要があります※

Discord管理の定番といえる、いろんな機能が使える総合BOT。その中でも、チャットに書き込むと経験値がもらえて、経験値がたまるとレベルが上がる機能が人気です。

役職の自動付与機能などもあり、レベルが高いほど「良い役職につける」といったこともできます(有料版のみ)。ギルド内をしっかりと盛り上げてくれる人は、そのまま幹部ポジションへ……!?

基本コマンド

  • !rank:ランクカードを表示
  • !levels:メンバーのレベルランキングを表示

MEE6の設定方法

MEE6の設定は、Discordではなく公式サイトのダッシュボードから行います。

1.レベルメニューを選択

ダッシュボードを開いたら、「PLUGINS」のメニューから「Levels」を選択。

2.レベルアップを通知するチャンネルを設定

「LEVELING UP」のメニューで、レベルが上ったときに通知するチャンネルと、通知テキストを設定します。

  • Current Channnel:書き込みがあったチャンネルに通知
  • Custom Channel:指定したチャンネルに通知

3.経験値がもらえない役職とチャンネルを設定

「No-XP」のメニューで、経験値をもらえない役職とチャンネルを設定します。

基本の設定はこれだけ。設定が終わったら、Discordで「!rank」と「!levels」のコマンドを入力してみましょう。

!rank:ランクカードの表示

!levels:メンバーのレベルランキングを表示

コマンドを入力すると表示されるURLから、すべてのメンバーのレベルとコメント数、獲得経験値を確認できます。

便利ツール系BOT

Reminder Bot(予約投稿BOT)

公式サイト https://reminder-bot.com/help/
招待URL https://discord.com/oauth2/authorize?client_id=349920059549941761&scope=bot&permissions=8

予約した日時にチャットを自動投稿してくれるBOT。ギルド戦の10分前通知など、決まった時間にメンバーにお知らせを送りたいときに便利。

デフォルトはタイムゾーン設定がロンドンになっているので、「$timezone Japan」と打って、設定を日本に変更してください。

基本コマンド

  • $natural:自動投稿の予約
  • $del:予約した投稿を削除する

自動投稿の予約

自動投稿を予約するときは、以下のコマンドを使用します。

$natural 日付 時刻 send テキスト to #チャンネル名

【使用例】7月16日の12:00から行われるギルド戦の10分前(11:50)に「#ギルド戦連絡」のチャンネルに通知を出したい
$natural 7/16 17:50 send もうすぐギルド戦が始まるよ! to #ギルド戦連絡

予約した時間になると、こんな感じで自動的にチャットが投稿されます。

コマンドの詳細については、チャット欄に「$natural」と打つと表示されるので、一度確認しておきましょう!

予約した投稿を削除する

予約した投稿を削除するときは、以下のコマンドを使用します。

$del

予約した投稿の一覧が番号で表示されるので、消したい投稿の番号をチャット欄に入力しましょう。

これで削除が完了です。

Quick Poll(アンケートBOT)

公式サイト https://note.com/grapecolor/n/n75e97562d10c
招待URL https://discord.com/oauth2/authorize?&client_id=631159438337900575&permissions=388160&scope=bot

投票機能付きの質問ができるアンケートBOT。同様の機能を持つ「Simple Poll」に比べて、1人1票の制限や選択肢にカスタム絵文字を使えたりと、機能が充実しています。

基本コマンド

  • /poll:質問文と選択肢を自由に決められる
  • /freepoll:投票参加者が自由に選択肢(絵文字)を入力できる
  • /sumpoll:投票の集計

文章で見てもやや分かりにくいので、各コマンドの使い方を画像付きで紹介します。

/pollコマンド

質問文と選択肢を自分で決める、オーソドックスな投票。追加できる選択肢の数は20個まで。

/poll <質問文> <選択肢1> <選択肢2> <選択肢3>

選択肢の前に絵文字を入れると、投票ボタンをその絵文字にすることもできます。

/poll <質問文> <絵文字1> <選択肢1> <絵文字2> <選択肢2> <絵文字3> <選択肢3>

また、選択肢を入れずに質問文のみにすると「◯」「✕」の投票になります。

/poll <質問文>

/freepollコマンド

投票者が自分で答えを入力できる投票。回答に使えるのはリアクション(絵文字)のみで、テキストを入力することはできません。

/freepoll <質問文>

リアクションは、BOTが投稿した投票チャットの右上にあります

リアクションをすると、そのまま投票ボタンとして追加されて、他のメンバーが押せるようになります。

/sumpollコマンド

投票を集計するコマンド。投票を作ったときに自動的にコマンドが生成されるので、それをコピペしてチャット欄に貼るだけで、投票結果を集計できます。

投票の中にあるコマンドをチャット欄にコピペしてEnterを押します

結果が自動的に集計されました