#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?

『#コンパス』で2020年6月11日から21日にかけて開催された、6月シーズン"勇猛果敢 #コンパスアタッカーパーティ"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

カードの選択肢が幅広い!「トマス」

S5-9ランクで高勝率・高使用率をキープ!「イスタカ」

シーズン情報

S4ランク以上でチームが組めない!久しぶりの野良シーズン!!

2020年6月に行われたシーズンは、オリジナルアタッカー全員がテーマとなった「勇猛果敢 #コンパスアタッカーパーティ」!

約半年ぶりのS4ランク以上ではチームを組めなくなる、いわゆる「野良シーズン」となった。

5月シーズンとの間に行われたのは、計11人を対象にしたバランス調整。前シーズンまで猛威を奮っていたヒーローの下方修正がメインになった印象だ

本記事では、開発チームからいただいたデータや実際にシーズンバトルを戦って体感したことをもとにシーズン中に目立ったヒーローやカードに焦点を当てて、バトル環境を振り返っていく。

2020年6月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,729
【S8】229
▼48 金アイコン
100位 5,320
【S7】320
▲86
500位 5,124
【S7】124
▲5 銀アイコン
1,000位 4,638
【S6】138
▼98
5,000位 4,375
【S5】375
▼125 銅アイコン
TEPPENバトル応募条件
30,000位 3,664
【S4】164
▼156 限定カード獲得
90,000位 3,023
【S3】23
▼166 限定チップ獲得

外出自粛ムードが緩和され、野良シーズンということもあってか、全体的にみるとボーダーは下降傾向に。

前回初めてS6ランクに到達した銅アイコン(5,000位)ボーダーもS5ランクの終盤までポイントを落としている。

7月シーズンもおそらくだが、6月と同じようなボーダーになるだろう。

6月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲1

ザック
1位
▲1

ヴィオレッタ
2位
▲1

ピエール
2位
▼1

ザック
3位
▲6

ソル
3位
▲2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
ディズィー
4位
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
Voidoll
 4位
▲2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
デルミン
5位
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
ルチアーノ
 5位
▼2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
乃保
6位
▼5

リン
6位
▲13

春麗
 7位
▼1

ルルカ
7位

イスタカ
 8位
▲7
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
ディズィー
8位
▲3

マリア
 9位
▲18

トマス
 9位

マルコス
 10位
▲12

サーティーン
10位
▲7

ポロロッチョ

※順位変化は先月比のもの

5月27日のバランス調整と連携の取りづらい野良シーズンという環境により、大きく使用率を落としたのが「リン」

味方の妨害が得意なスプリンターや耐久に特化したタンクには、ヒーローアクション(HA)&ヒーロースキル(HS)がそこまで有用に働かないのが野良で安定して活躍しづらい要因のひとつだ。

反対に、使用率を大きく伸ばしているのが「トマス」と上方修正された「サーティーン」

トマスは、タンクながらアタッカーのような立ち回りも可能なヒーロー。チーム全員でキルを取れるような編成を目指した場合、起用しやすい点から人気が集まったのだと考えられる。

サーティーンは、アビリティやHS発動時のライフ回復量が大幅にアップし、本来の強みに磨きがかかっている。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

直前にバランス調整が入ったヒーローの使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

アタリ
45位
▲1
29位
▼25

サーティーン
10位
▲12
22位
▲3

レム
28位
▲7
17位
▲17

リン
6位
▼5
41位
▼14

ザック
1位
▲1
2位
▼1

きらら
20位
▲18
20位
▼5

アクア
17位
▲2
44位
▼2

リヴァイ
33位
▲4
23位
▲18

ギルガメッシュ
13位
▼6
14位
▼6

ルルカ
7位
▼1
11位
▲2

ピエール
2位
▲1
42位
▼7

※順位変化は先月比のもの
※5月27日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

一見すると上方修正にも捉えられたが、HSの威力減少により大幅に勝率を落としているのが「アタリ」

下方修正があったにも関わらず、人気をキープしているのが「ザック」と「ピエール」

キルまで狙いやすいスプリンターであるザックに関しては、5月と比べると使用率の数値が伸びているほど。

この2人に対しては、6月シーズン後にも下方修正が入っている。

#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?

6月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらにS1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の傾向どおり、コラボ開催から日が経った限定ヒーローたちが席巻している。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
 1位
▲2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
ルチアーノ
1位

ザック
 2位
▲2

ルルカ
 2位
▲1

ソル
 3位
▼2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
メグメグ
 3位
▼1

ディズィー
 4位
▼2

リン
4位

春麗
 5位

ソーン
5位
▲4

レム
 6位
▲6

サーティーン
 6位
▼1

モノクマ
 7位
▼1
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
リリカ
7位

カイ
 8位
▼1

まとい
8位

ギルガメッシュ
 9位

アダム
 9位
▲3

エミリア
 10位
▼2
#コンパス【環境】: 6月シーズンを振り返り!久々の野良シーズンで目立ったヒーローは?
Voidool
 10位
▲1

めぐみん

※順位変化は先月比のもの

S5-S9ランクと同様、バランス調整の影響がしっかり反映された結果に。

S1-S4ランクでも大幅に使用率を伸ばしたのは「サーティーン」。「リン」の順位下降は、S5-S9ランクと比べると緩やかになっている。

勝率ランキングで、バランス調整後に順位を伸ばしているのが「レム」。

コラボ復刻も行われたので、7月シーズンでのさらなる活躍に期待したい。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

5月27日にバランス調整が入ったヒーローの5月シーズンからの順位変化もチェック。

ヒーロー 使用率 勝率

アタリ
41位
▲3
46位
▼1

サーティーン
6位
▲6
14位
▲4

レム
32位
▲2
5位
▲4

リン
4位
▼2
17位
▼3

ザック
24位
▲5
1位

きらら
21位
▲6
41位
▲5

アクア
36位
▲1
12位
▲4

リヴァイ
33位
▼5
11位
▲6

ギルガメッシュ
14位
▼3
8位

ルルカ
2位
▲2
31位
▲4

ピエール
28位
▲3
34位
▼15

※順位変化は先月比のもの
※5月27日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

基本的な傾向は、S5-S9ランクと同様。

下方修正後も使用率に加え、勝率まで伸ばしたのが「ルルカ」だ。

使用率については、実装から徐々に日が経って所持するプレイヤーが増えていることも一因として考えられる。

データや体感から、今回は…

  1. S5ランク以上で特に使用率が伸びている「トマス
  2. 4月以降、特にS5以上のランクで高い使用率と勝率をキープし続けている「イスタカ

の2人にフォーカスしつつ、カードの使用率ランキングから立ち回り記事では紹介しきれていない対策方法や使い方などを一挙に紹介していく。

カードの選択肢が幅広い!「トマス」

トマスのおすすめデッキ・立ち回り
6月シーズン使用率
(S5~S9)
6月シーズン勝率
(S5~S9)
9位/48人中 27位/48人中
6月シーズン使用率
(S1~S4)
6月シーズン勝率
(S1~S4)
29位/48人中 36位/48人中

タンクの持ち味となる耐久力と、アタッカー&ガンナーにも引けを取らない攻撃力。

そして、レンタルトランク(HA)中にはじゅうぶんな移動スピードを誇る、ほとんどの点で高スペックにまとまったトマス。

そのカード使用率ランキングにはHAを最大限生かすために、多種多様な【癒】カードが並んでいるのが特徴だ。

【6月シーズン】トマスのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
神技官 アンジュ・ソレイユ
2位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
3位
魂を司る聖天使 ガブリエル
4位
反導砲 カノーネ・ファイエル
5位
どこにでもいけるドア
6位
-蒼王宮- 聖歌連隊 ミローディア
7位
祭りの真打ち!打ち上げ花火
8位
銀河防衛ロボ Unidoll-2525
9位
楽団姫 ディーバ
10位
機航師弾 フルーク・ツォイク

2位の2倍以上という圧倒的な使用率を誇っているのがアンジュだ。

全カード最大の体力値を誇るうえ、タンクと相性バツグンの持続回復カード。さらには、デッキに不足しがちな火属性カードということで、トマスには欠かせない1枚となっている。

体力が上げるということは、トマスにとってレンタルトランクの耐久力をアップすることにもつながる。当然1回の持続回復量も増え、グッとやられづらくなる

トマスのためにあるといっても過言でないのが、2位のみみみ

回復量が30%低いのが欠点となるカードだが、ライフ半分以上をキープし続けたいトマスにはじゅうぶんな回復量となり、さまざまなカードの起点やダウン防止などにも活用できる。

3位以降のカードの使用率はほぼ横並びで、非常にデッキ構成が読みにくいヒーローともいえそうだ。

攻撃カードではおなじみの【近】カード、カノーネフルークがランクインし、他のタンクと比べると使用率自体はグッと低いがドアも入賞している。

搭載カードが多種多様でデッキが読みにくいトマスだが、データから予想する6月シーズン中に最も見かけやすかったデッキは以下のような構成だ。

【6月シーズン】トマスの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

回復カードを3枚も搭載し、とにかくレンタルトランクを生かしながら戦うことを重視したデッキ。

交戦時はアンジュ、ピンチ時はガブリエルと、局面によって使う回復カードを使い分けながら立ち回っていこう。

優秀な通常攻撃でプレッシャーをかけ、ガードを張ったタイミングにカノーネを当てれば、キルまで狙っていける。

回復カードをミローディアやユニドールに入れ替えれば、固定チームのサポート役としても活躍可能だ。

対策:低防御力には多段攻撃!高防御力の瞬間火力で対抗!

もともと『#コンパス』において、耐久力を高めるにはダメージの計算式上、防御力を上げるよりも体力を上げるほうが効果的になりやすい。

つまり、一概にはいえないが高防御力低体力のヒーローよりも、低防御力高体力のヒーローのほうがやられにくいのだ。

防御力は、最後に差し引かれる計算になっている。よほど防御力を高めないかぎり、高火力攻撃によるダメージは軽減できないということだ

今回紹介するトマスやイスタカ、2シーズンに渡って使用率が高いピエールは低防御力高体力の代表格ともいえるヒーローで、【近】カードなどの高火力攻撃で一撃でキルすることは難しい。

これらのヒーローに有効なのが、マリアやルチアーノ、乃保などの多段型の通常攻撃。

こういったように、バトルで特によく見かけるヒーローを意識してヒーローやカードを選んでいけると、よりバトルが奥深いものになり、一層面白くなるはずだ。

反対に、常に高い使用率をキープするVodollなどの高防御力低体力のヒーローには多段攻撃は相性が悪いが、ほとんどダメージ軽減できない【近】カードや【周】カードが有効。自身をとりまくバトル環境に合わせて、いろんな視点から戦略を組み立ててみよう

S5-9ランクで高勝率・高使用率をキープ!「イスタカ」

イスタカのおすすめデッキ・立ち回り
6月シーズン使用率
(S5~S9)
6月シーズン勝率
(S5~S9)
11位/48人中 7位/48人中
6月シーズン使用率
(S1~S4)
6月シーズン勝率
(S1~S4)
35位/48人中 15位/48人中

3月末にあった上方修正以降、S5-S9ランクを中心に使用率と勝率を伸ばしてきているイスタカ。

通常攻撃は単発型となるが、マピヤとの連続攻撃で体力の高い相手とももろともしない、タイマン性能バツグンのヒーローだ。

デッキには、他のガンナーと同じく耐久力アップを意識したカードが優先採用されている。

【6月シーズン】イスタカのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
魂を司る聖天使 ガブリエル
4位
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
5位
反導砲 カノーネ・ファイエル
6位
おかあさん だーいすき
7位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
8位
【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活
9位
神技官 アンジュ・ソレイユ
10位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

イスタカ使いから圧倒的に支持されているのが、全天ディーバという2枚のダメージカット率100%【防】カード。

その採用率は、3位以下のカードの2倍以上となっている。

ガンナーでは珍しくランクインしているのがイェーガー。イスタカだと、特にタイマンの場面で機能しやすいカードになる。

ただ、ガードブレイクされやすくなってしまう点にだけ注意したい。

いわゆる自由枠として採用されやすいのが、カノーネおかあさん

他のガンナーでは距離を詰められた際のお守りのようになりがちなカノーネだが、射程が短いうえ足も早くないイスタカでは使える場面が多い印象だ。

【6月シーズン】イスタカの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

ガンナーでは定番の【防】カードを2枚採用したデッキ。

基本的に、通常攻撃のダメージアップのためにデッキには3属性のカードをそろえたいところだが、マピヤによる追撃には属性変更の効果が乗らないため、他のヒーローほど意識せずとも火力を発揮しやすいのがイスタカならではの特徴だ。

発動の早いHSで相手のHSを無駄にしよう!

これからイスタカを使いたいと思った方が、絶対に生かせるようになっておくべきなのがヒーロースキル(HS)。

イスタカのHSは発動から攻撃発生までの時間が短いうえ、距離によって着弾までのタイミングがずれることがないため、タイミングさえ覚えておけばほとんどのHSの演出明けを狙ってキルできる。

特に狙いたいのが、発動後に行動することで効果を発揮するアタリや乃保、コクリコのようなHSをもつヒーロー。うまく合わせられれば、相手チームの逆転の芽をつぶせる

HSで同じような役割を担えるヒーローとしてアダムやリュウがいるが、これらのヒーローは相手との距離に応じて着弾までに若干ながらズレが生じてくる。

相手との距離を意識せず、ステージ上のどこにいる敵でも標的にできるのはイスタカだけなので、その強みを存分に生かせるようにしたい。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【アタッカー】大乱闘フェスティバル

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【ポロロッチョ】隅々までじっくり取り調べしてあげるわぁん【P】

過去のバトル環境記事はこちら


2020年4月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2020年3月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2020年2月シーズン
(テーマ「リリカ」)

2020年1月シーズン
(テーマ「アタリ」)

2019年12月シーズン
(テーマ全員)

2019年11月シーズン
(テーマ「ソーン」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.