#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 3月シーズンを振り返り!初参戦「GBガール」&コラボ復刻「アイズ」が活躍!!

『#コンパス』で2021年3月11日から21日にかけて開催された、3月シーズン"禁忌ノ都"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

HAとアビリティによるぶっ飛ばしが快感!「ゲームバズーカガール」

【周】カードの使用タイミングがカギ!「グスタフ ハイドリヒ」

下方修正されても安定の強さ!「アイズ・ヴァレンシュタイン」

シーズン情報

シーズンバトル

2018年4月以来、約3年ぶりにグスタフがテーマヒーローとなった3月シーズン「禁忌ノ都」。

2月末に実装された「ゲームバズーカガール(GBガール)」が初めて参戦し、シーズン前の3月頭には『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』コラボ復刻イベントが開催された。

そんな3月シーズンを、特別にいただいた公式データも見ながら振り返っていこう。

2021年3月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,910
【S8】410
▲304 金アイコン
100位 5,101
【S7】101
▼14
500位 4,950
【S6】450
▼58 銀アイコン
1,000位 4,538
【S6】38
▼31 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,243
【S5】243
▼76 銅アイコン
30,000位 3,555
【S4】55
▼49 限定カード獲得
90,000位 2,642
【S2】142
▼155 限定チップ獲得

全体的にボーダーは下がっている傾向にあるが、10位のボーダーのみ先月より300以上も上がっている。

今シーズンは、特にトップランカーで激しい争いが繰り広げられたと考えられる。

3月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲36

カイ
1位
▲53

ギルガメッシュ
2位
▲2
#コンパス【環境】: 3月シーズンを振り返り!初参戦「GBガール」&コラボ復刻「アイズ」が活躍!!
Voidoll
2位
▲2

アイズ
3位
▲6

ミク
3位

ディズィー
4位
▼3

ニーズヘッグ
4位
▲35

芥川
5位
▲6

アクア
5位
▲38

アクア
6位
▲2

芥川
6位
▲5

まとい
7位
▲21

忠臣
7位
NEW

GBガール
8位
▲1
 
ピエール
8位
▲15

リン
9位
▼2

アイズ
9位
▲27

零夜
10位
▲2

ディズィー
10位
▼4

めぐみん

※順位変化は先月比のもの

先月より36位もランクアップしての使用率1位は、2月末のバランス調整で大きく上方修正された「カイ=キスク」。

バランス調整によって、攻撃カードの発動速度が上がり、敵にカードを当てやすくなっている。

特に【連】と【周】の発動速度が大きく上方されている。スキルゲージ増加量もアップしており、強力なHSを1試合に複数回撃ちやすくなったが、3月末に防御力が下方修正された

勝率1位は、こちらも先月より53位とかなり大きくランクアップした「ギルガメッシュ」。

ギルガメッシュも、2月末のバランス調整で上方されて戦いやすくなったため、一気に勝率が上がったと考えられる。

通常攻撃の射程の長さと連射力が武器のギルガメッシュは、連続攻撃補正が上方されるとキル力がグッとアップする

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

2月末と3月シーズン開始日にバランス調整が入ったヒーローたちの使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

GBガール
16位
NEW
7位
NEW

リリカ
40位
▼7
48位
▲5

乃保
29位
▲2
29位
▼2

忠臣
7位
▲21
19位
▲21

ジャンヌ
31位
▼25
18位
▼1

マリア
34位
▲2
11位
▲15

エミリア
13位
▲30
20位
▲14

カイ
1位
▲6
38位
▲13

めぐみん
14位
▲4
10位
▲15

リヴァイ
18位
▲28
25位
▲5

デルミン
41位
▼3
45位
▼21

ギルガメッシュ
49位
▲3
1位
▲53

アイズ
9位
▼2
2位
▲12

甘色
24位
▼22
17位
▼5

ニーズヘッグ
4位
▼3
32位
▲6

35位
▲16
55位
▼30

※順位変化は先月比のもの
※2月22日と3月11日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

3月シーズンがシーズン初参戦となった「GBガール」は、新ヒーローとしては使用率はやや低めだったが、勝率は7位と快調な滑り出しとなった。

使用率・勝率とも大きく上がったのが、2月末のバランス調整で上方修正された「忠臣」と「エミリア」。

忠臣は攻撃力が上がったことで、【近】カード一発で敵を倒せる相手が増え、エミリアはHAの回復量が大きく上がり、味方をサポートしやすくなっている。

3月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらにS1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の傾向どおり、コラボ開催から日が経った限定ヒーローたちが席巻している。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
NEW

GBガール
1位
▲8

春麗
2位
▲16

エミリア
2位
▲6

ザック
3位
▼1

芥川
3位
▲4

リュウ
4位
▲3

まとい
4位
▲11

リヴァイ
5位
▲3

ソーン
5位
▲9

カイ
6位
▲19

カイ
6位
▼5

忠信
7位
▲14

アイズ
7位
▲4

オカリン
8位
▲1
#コンパス【環境】: 3月シーズンを振り返り!初参戦「GBガール」&コラボ復刻「アイズ」が活躍!!
Voidoll
8位
▼6

ディズィー
9位
▲17

忠臣
9位
▲4

レム
10位
▼9

ミク
10位
▼5

モノクマ

※順位変化は先月比のもの

S1-S4ランクでは、シーズン初参戦の「GBガール」が使用率トップとなった。

また、S5-S9ランク同様に、「エミリア」、「忠臣」、「カイ」の使用率が大きく上がっているほか、シーズン直前に復刻した「アイズ」も大幅にランクアップしている。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、2月末と3月シーズン開始日にバランス調整が入ったヒーローたちの使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

GBガール
1位
NEW
32位
NEW

リリカ
15位
▲1
44位
▲9

乃保
27位
▲1
27位
▲4

忠臣
9位
▲17
24位
▼3

ジャンヌ
26位
▼12
53位
▼15

マリア
17位
▲2
22位
▲25

エミリア
2位
▲16
13位
▲22

カイ
6位
▲19
5位
▲22

めぐみん
41位
▼8
19位
▼16

リヴァイ
30位
▲9
4位
▲11

デルミン
31位
▼1
30位
▲2

ギルガメッシュ
43位
▲1
12位
▲24

アイズ
9位
▲12
2位
▲20

甘色
24位
▼18
17位
▲23

ニーズヘッグ
4位
32位
▼13

35位
▲8
55位
▼5

※順位変化は先月比のもの
※2月22日と3月11日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

S1-S4ランクでも、S5-S9ランクと同様に「エミリア」、「カイ」、そしてシーズン直前に復刻した「アイズ」の使用率&勝率の上昇が目立つ。

ただし、3月シーズン初参戦の「GBガール」は、S5-S9ランクよりも使用率は高いが、勝率が振るわない結果となっている。

今回は…

  • 初めてのシーズン!新ヒーロー「ゲームバズーカガール
  • 3月シーズンの主役!「グスタフ ハイドリヒ
  • シーズン直前に復刻で人気急増!「アイズ・ヴァレンシュタイン

の3人の、開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングや、ランキングから考える人気デッキなどを紹介していく。

#コンパス【環境】: 3月シーズンを振り返り!初参戦「GBガール」&コラボ復刻「アイズ」が活躍!!

HAとアビリティによるぶっ飛ばしが快感!「ゲームバズーカガール」

GBガールのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
16位/55人中 7位/55人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/55人中 32位/55人中

2月22日に新ヒーローとして登場し、今回がシーズン初参戦となった「ゲームバズーカガール(GBガール)」。

キルを量産していくというよりは、通常攻撃で敵にダメージを与えつつも、ときにはHAで吹き飛ばすことも重要な、少々テクニックが必要なヒーローだ。

また、あらゆるカードのプッシュ量(吹き飛ばし量)がアップするというGBガールらしいアビリティを持っているため、攻撃カードなどによる自己防衛がしやすいメリットがある。

【3月シーズン】ゲームバズーカガールのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
反導砲 カノーネ・ファイエル
4位
魂を司る聖天使 ガブリエル
5位
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
6位
-蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク
7位
迅雷の科学者 アバカン
8位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
9位
【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活
10位
機航師弾 フルーク・ツォイク

TOP10のなかでも飛び抜けて使用率が高いのが、全天ディーバカノーネの3枚。

全天ディーバは、ガンナー御用達の【防】カードとなっており、GBガールもその例外ではなかったようだ。

また、敵がGBガールに近づこうとする際、GBガールのHAでぶっ飛ばされるのを嫌って、【防】カードを使いながら接近することが多い。その対策として、カノーネが人気なのだと考えられる。

カードランキングから考えられる、現環境でのGBガールの定番デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】GBガールの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

上位4枚のカードをそのまま搭載したデッキ。

ガンナーではよくある全天ディーバの【防】カード2枚構成に加えて、【防】カードを使って近づく敵への対策としてカノーネを採用している。

プレイヤーによっては、全天ディーババーゲンセールにしたり、カノーネイデアアバカンにしたりする人も多く見かける印象だった。

【アビリティ×カード】アビリティのメリット・デメリット

カードによる吹き飛ばし距離をアップするGBガールのアビリティだが、これによるメリットとデメリットがあるので紹介していこう。

メリット1:自己防衛しやすい

攻撃カードを当てることで敵を遠くに飛ばして、自分の身を守りやすいのが魅力。

特に【防】カードを使って接近してくる敵をカノーネで吹き飛ばすことができれば、【防】カードがクールタイム中になり、その直後に再びGBガールとの距離を詰めるのは難しくなるだろう。

コクリコに接近されたうえに、アビリティによる攻撃デバフもかけられてピンチ!しかし、GBガールのアビリティのおかげで大きく距離を取って、難を逃れることができた

メリット2:時間稼ぎ&裏取り対処しやすい

カードによる吹き飛ばし距離が長いため、より敵を遠くに飛ばすことで時間稼ぎをしやすい。

味方がポータルキーを取得中に敵に攻撃カードを当てられれば、他ヒーローより遠くに吹き飛せるので、味方がポータルキーを奪還できる確率がグッとアップする。

特にこれを活かしやすいのが、敵全員のバフ効果を打ち消しつつノックバックさせるカードのイデア

ステージのどこにいても効果があるため、時間稼ぎだけでなく裏取り対処にも活かしやすい。

他のヒーローがイデアを使っても裏取り対処をしきれなかった場面でも、GBガールなら対処しきれることも……!?

デメリット:カード攻撃後に通常攻撃で追撃がしづらい

ガンナーでよくあるのが、攻撃カードを当てて敵をダウンあるいはスタンしているスキに、通常攻撃で追撃して倒すという動きだ。

しかし、GBガールで使うことの多い【近】や【遠】カードを敵に当てると、吹き飛ばしすぎるがゆえに通常攻撃の射程外へ出てしまい、一度近づいてからでないと通常攻撃で追撃しづらい。

一度接近する時間がロスタイムとなり、敵を倒しきれないことがしばしばあるのだ。

人気カードのカノーネはもちろん、比較的プッシュ量が少ないアバカンですら、中距離くらいで当てても射程外へ出てしまう

ところが、アバカンならスタンで敵の動きをしばらく封じることができるので、HAで追撃したり、吹き飛ばしたりすることが可能。

通常攻撃よりも射程の長いHAを活かしていこう。

アバカン→HAは、敵を倒すまでには至らないケースも多いが、確実にHAを当てて敵を吹き飛ばすことができるコンボ。特にタンクを確実に剥がしたいときに有効だ

【周】カードの使用タイミングがカギ!「グスタフ ハイドリヒ」

グスタフのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
12位/55人中 47位/55人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
35位/55人中 52位/55人中

ランクに関わらず勝率が振るわない、今シーズンの主役「グスタフ ハイドリヒ」。

メインウェポンであるスタン効果のある【周】カードが効かないカイの流行、【防】カードを入れないことが多いがゆえに、新ヒーローのGBガールのHAにぶっ飛ばされがちな点など、現在のバトル環境の影響で少々伸び悩んでいるようだ。

【3月シーズン】グスタフ ハイドリヒのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
2位
神技官 アンジュ・ソレイユ
3位
祭りの真打ち!打ち上げ花火
4位
-蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
5位
オールレンジアタック
6位
【号令する歌姫】初音 ミク
7位
-蒼王宮- 聖歌連隊 ミローディア
8位
【夢超える共演】初音ミク&鏡音リンレン
9位
【超高校級の幸運】狛枝 凪斗
10位
【デルミン】デビルミント鬼龍パパミン

グスタフの代名詞でもある1位の絢爛ノ美(緑号令)と、アビリティによる持続ダメージをうまく帳消しにできる2位のアンジュが飛び抜けて人気があった。

大ダメージを受けたときの立て直しとして使える3位の打ち上げ花火に次いで、4位にランクインしたのがグラナート

グスタフの使用デッキTOP10は、すべて回復カードか【周】カードの2種類が占めていた。

ランキングを踏まえた、現環境でのグスタフの定番デッキは以下のとおり。

【3月シーズン】グスタフの主流デッキ

  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ
  • 祭りの真打ち!打ち上げ花火

使用率トップ4のカードをそのまま入れたデッキ。

アビリティによる持続ダメージの管理をアンジュ打ち上げ花火で行ない、前線にいるときは常に持続回復をしている状態にしておこう。

【防】カードを使っていない敵には周囲スタンの絢爛ノ美、逆に【防】カードを使っている敵には周囲ガードブレイク(周囲カノーネ)のグラナートを当てて、味方をサポートできる。

プレイヤーによっては、周囲カノーネの枠を汎用性の高い周囲貫通のオールレンジにしたり、『初音ミク』コラボ限定カードだが、周囲スタンの号令を入れて周囲スタン2枚編成にしたりする人もいる。

【カード】「周囲カノーネ」を採用するからこそ「周囲スタン」を使うタイミングは慎重に!!

先ほど紹介した「グスタフの主流デッキ」を使ううえで、気をつけなければならないことを紹介していく。

グスタフの【周】カードのヒット速度は全ヒーロー最速で、敵は【周】カードが来るとわかっていても避けるのが難しい。

そのため、グスタフが前から接近してくるだけで、敵は緑号令が怖くて後ろに下がったり、スタンを防ぐために【防】カードを使いながら応戦したりすることが多い。

そこで役に立つのが、周囲カノーネのグラナート。周囲の敵の【防】カードをまとめて破壊できる強力なカードだ。

攻撃範囲が広く、複数人を巻き込みやすく当てやすいグラナート。当たった敵は大きく吹き飛びながらダウンする

敵はそのまま接近すると緑号令でスタンされ、【防】カードを使って接近してもグラナートで破壊されるため、容易にはグスタフには近づけない。これがこのデッキの魅力だ。

しかし、グラナートは【防】カード使用中の敵にしか効果がないため、普段は緑号令1本で戦わなければならなくなる

さらに、緑号令クールタイムが45秒と長く、1回使うとしばらく味方へのサポートなどが難しく、手持ち無沙汰になってしまいやすい。

だからこそ、緑号令ここぞというときに使うのが重要なのだ。

味方のキルチャンスにつながるタイミングで複数の敵に当てたり、ここでスタンさせればポータルキーを奪取できるというときに使ったりなど、大事な局面で使用していこう

下方修正されても安定の強さ!「アイズ・ヴァレンシュタイン」

アイズのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
9位/55人中 2位/55人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
7位/55人中 37位/55人中

下方修正後にコラボイベントが復刻した「アイズ・ヴァレンシュタイン」だったが、S5-S9ランクでの勝率は2位とかなり好調。使用率については、ランク関係なく高い超人気ヒーローだ。

【周】カードでダウンさせてから、HAを連続で使いダメージを与えつつダウンさせ続けるというコンボが強力だ。

HAとの相性がいい影響もあり、カード使用率ランキングでは【周】カードが多く並んでいる。

【3月シーズン】アイズのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
オールレンジアタック
2位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
3位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
4位
魂を司る聖天使 ガブリエル
5位
楽団姫 ディーバ
6位
ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
7位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
8位
-蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
9位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
10位
【文スト】ありふれた日常の幸せ

アイズのカードランキングには、飛び抜けて使用率の高いカードがなく、さまざまなカードが搭載されている。

代表的なデッキだけでも、全天ディーバの【防】カード2枚に回復カードと【周】カードを搭載した保守的なデッキや、【防】カードをイェーガー1枚にする代わりに、【周】カードを2枚にしてキル能力を高くしたデッキなどと、いろいろなコンセプトでデッキを組みやすい。

ランキングから考える現環境のアイズの定番デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】アイズの主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

全天ディーバと2枚の【防】カードを編成して、アイズの低い耐久力をカバーしたデッキ。

【周】カード枠のオールレンジは、ダメージ自体は高いわけではないが、敵の【防】カードの有無関係なくダメージが通り、【防】カードがないときはダウンでHAへの起点作りもできるという汎用性の高さがある。

【カード】「ゆらら」採用アイズの強みとは?

【周】カードが複数ランクインするなか、唯一【連】カードでランクインした攻撃カードがゆらら

【周】カードはHAとの相性がいいのは先ほど記述した通りだが、貫通【連】カードのゆららはアイズにおいてどのような役割を果たすのだろうか。

アイズのHAはある程度離れている敵になら当てることができるが、遠距離はもちろん、至近距離にいる敵に当てることはできない。意外と近距離戦に強くはないのだ。

そこで、ゆららを搭載すれば、近距離戦に少しでも対応しやすくなる。

敵アタッカーに距離を詰められても、敵のカードにゆららを合わせれば倒せることも

さらに、【周】カードやHAを当てたものの、敵が壁や障害物で止まったことで、敵との距離が中途半端に近くなり、HAでの追撃ができなくなってしまった場合でもゆららが有効。

ちなみに、ゆららをデッキに入れる際は、【周】カードといっしょに搭載すると、より使いどころが増えるのでおすすめだ。

貫通攻撃なので、敵のとっさの【防】カードなども許さないのがゆららの強さ。せっかくのキルチャンスを逃さないようにしよう!

カード使用ランキングTOP10には入らなかったが、アイズと同じ『ダンまち』コラボ限定で登場する「【ダンまち】ソード・オラトリア」もおすすめ。中距離の敵を引き寄せつつ、大ダメージを与えられる強力なカードだ

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【殲滅の軍団長】グスタフハイドリヒ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【グスタフ】禁呪礼装【ヴァンピーア・絶】

過去のバトル環境記事はこちら


2021年8月シーズン
(テーマ「ニーズヘッグ」)

2021年7月シーズン
(テーマ「マリア」)

2021年6月シーズン
(テーマ「ガンナー」)

2021年5月シーズン
(テーマ「ジャスティス」)

2021年4月シーズン
(テーマ「ピエール」)

2021年3月シーズン
(テーマ「グスタフ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.