#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!

『#コンパス』で2020年4月9日から19日にかけて開催された、4月シーズン"春時雨の狂詩曲"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

流行っているのはスタン特化型!?「ピエール77世」

主要カードが【周】から【近】へ!「ジャンヌ」

【返】カードが欠かせない!?「コクリコ」

シーズン情報

ピエールが初参戦したシーズンバトル

2020年4月に行われたヴィオレッタをテーマにした「春時雨の狂詩曲(ラプソディ)」には、新ヒーロー「ピエール77世」が初参戦。

開催前に復刻した『進撃の巨人』コラボの影響で「リヴァイ」とマッチングする機会も多くなるシーズンとなった。

特にS1-S4ランク帯での使用率の上昇が顕著だったのがリヴァイ。ヒーローアクション(HA)での強襲を得意とし「グレートウォール」など、段差のあるステージでは無類の強さを発揮できるコラボ限定ヒーローだ

本記事では、開発チームからいただいたデータや実際にシーズンバトルを戦って体感したことをもとにシーズン中に目立ったヒーローやカードに焦点を当てて、バトル環境を振り返っていく。

2020年4月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,762
【S8】262
▲46 金アイコン
100位 5,244
【S7】244
▲40
500位 5,084
【S7】84
▲46 銀アイコン
1,000位 4,686
【S6】186
▲29 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,410
【S5】410
▲22 銅アイコン
30,000位 3,758
【S4】258
▲19 限定カード獲得
90,000位 3,063
【S3】63
▲33 限定チップ獲得

不要不急の外出の自粛が推進されている影響か、大人気だった3月シーズンのボーダーを全体的にさらに上回る結果に。

次シーズンはテーマヒーローが「メグメグ」ということで、さらに争いが激化することが予想される。

銅アイコンを狙いたい方は、S6ランク到達を目標にするのが良さそうだ。

4月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

次にS5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

順位だけをみると動きが小さく感じられるが、特に使用率は「ピエール」の登場も相まって全体的に落ち着いた印象だ。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1
▲1
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
Voidoll
1

ザック
2
▲2
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
ルチアーノ
2
▲1
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
乃保
3
▼2

ザック
3
▲6
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
デルミン
4
▼1

ギルガメッシュ
4
▲7

イスタカ
5
▲4

ソル
5
▼1

マルコス
6
▲4
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
忠臣
6
▲16

ジャンヌ
7
NEW

ピエール
7
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
ディズィー
8
▼3
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
ディズィー
8
▲5

マリア
9
▼2
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
テスラ
9
▲8

ルルカ
10
▲3

ルルカ
10
▼2

ギルガメッシュ

※順位変化は先月比のもの

初参戦ながら「ピエール」が使用率上位にランクイン。

その性能から固定チームで活躍しやすいため、チームが組まれることの多いS5ランク以上で人気を集めているのだと考えられる。

勝率で注目したいのが、直前に上方修正を受けた「イスタカ」と前シーズンから明らかにマッチングする機会が増えている「ジャンヌ

ジャンヌの近距離攻撃の繰り出しスピードは、もはやアダムと肩を並べるほどになっている。

初参戦時は振るわなかったルルカも、ヒーロースキル(HS)が格段に使いやすくなった影響もあってか、使用率・勝率ともにランクインする結果となっている。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

初参戦ヒーローや直前にバランス調整が入ったヒーローの使用率と勝率も公開。

データとしてみると、いかにイスタカの活躍が目立ってきているかがよく分かる。

前シーズンで使用率・勝率の両方で1位に輝いた「ザック」だが、下方修正の影響もあり、使用率がガクンと下がり、勝率も若干落ち着きつつある。

ヒーロー 使用率 勝率

ピエール
7位
NEW
31位
NEW

リヴァイ
32位
▲4
42位
▼6

コクリコ
29位
▼1
33位
▲5

レム
34位
▲1
23位
▲3

イスタカ
15位
▲28
4位
▲7

ザック
3位
▼2
1位

ギルガメッシュ
4位
▼1
10位
▼2

※順位変化は先月比のもの
※3月31日(火)のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!

4月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらにS1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の恒例どおり、コラボ開催から日が経った限定ヒーローたちが席巻している。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1
▲2
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
リリカ
1

ザック
2
▼1
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
ルチアーノ
2

ソル
3
▲2

ソーン
3

ディズィー
4
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
メグメグ
4
▲2

春麗
5
▲2

ルルカ
5
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
オカリン
6
▲3

まとい
6
▼2

モノクマ
7
▲5

サーティーン
7
▲2

カイ
8
▲2
#コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
Voidool
8
▲2

レム
9
▲6

アダム
9
▼1

ギルガメッシュ
10
▼4

ギルガメッシュ
10
▲2

めぐみん

※順位変化は先月比のもの

使用率のランキングにも、毎月の傾向どおり人気のガンナー陣が並ぶ。

使用率が高いヒーローながら、高い勝率を誇っているのが「サーティーン(勝率15位)」。

溜まりやすいHSで決定的な攻撃を回避しやすく、アビリティでも回復できる圧倒的な前線の維持力が魅力のヒーローだ。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

コラボ復刻のあった「リヴァイ」が使用率をグンと伸ばすも、10位入りはならず。

新ヒーローのピエールは、まだ入手できていないプレイヤーが多い影響か、使用率がそこまで伸びていない。

ヒーロー 使用率 勝率

ピエール
34位
NEW
22位
NEW

リヴァイ
15位
▲17
25位
▼18

コクリコ
25位
▲4
45位

レム
30位
▲1
8位
▲2

イスタカ
33位
▲12
13位
▲11

ザック
29位
▼10
1位

ギルガメッシュ
10位
▼4
9位
▼1

※順位変化は先月比のもの
※3月31日(火)のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

S5-9ランクと同様、目立つのがイスタカの順位上昇。

上方修正の影響で使用率が伸びたものの、未だに勝率が低迷し、5割を切っているのが「コクリコ」だ。

データや体感から、今回は…

  1. 4月シーズンが初参戦となった「ピエール77世
  2. 【近】攻撃上方修正後、徐々に人気を集めている「ジャンヌ
  3. S1-S4ランク帯でなかなか勝てていない「コクリコ

の3人にフォーカスして、カードの使用率ランキングから立ち回り記事では紹介しきれていない対策方法や使い方などを一挙に紹介していく。

流行っているのはスタン特化型!?「ピエール77世」

ピエール77世のおすすめデッキ・立ち回り
4月シーズン使用率
(S5~S9)
4月シーズン勝率
(S5~S9)
7位/47人中 31位/47人中
4月シーズン使用率
(S1~S4)
4月シーズン勝率
(S1~S4)
34位/47人中 22位/47人中

シーズン初参戦ながら、固定チームを中心に活躍が目立ったピエール。

カード使用率をみてみると、得意の【周】攻撃と高耐久を武器に、キルサポート特化ヒーローとして運用されていることがよくわかる。

【4月シーズン】ピエール77世のカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
2位


*絢爛の美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
(通称:緑号令)

3位
神技官 アンジュ・ソレイユ
4位
魂を司る聖天使 ガブリエル
5位
電撃ロボ Eledoll-115
6位
【デルミン】デビルミント鬼龍パパミン
7位
魔法少女☆ルルカ
8位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
9位
祭り開始!どでかい和太鼓
10位
【号令する歌姫】初音 ミク

ランキング入りしたカードのなかでも突出した人気を誇るのが、イェーガー緑号令アンジュの3枚。

この3枚をもっていれば、ピエールを使う際はまず優先して搭載するようにしたい。

5位以下のカードのなかで注目したいのが、単体での使用が難しい発動時間「短」のカードながら5位に食い込んだエレドールだ。

スタンという状態異常が強力なうえ、ピエールなら発動時間という欠点もカバーしやすいのが人気の要因だろう。

ピエールなら、ダッシュによる吹き飛ばしの直後に発動すれば、エレドール単体でもスキなくスタンへとつなげられるのだ

この結果から考えられる4月シーズン時点でのピエールの主流デッキは、以下のとおり。

【4月シーズン】ピエール77世の主流デッキ

  • *絢爛の美* ボラ&アルヒコ&アペイロン 
  • 電撃ロボ Eledoll-115
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

とにかく相手をスタンさせて、味方のキルサポートやポータルキー奪還へとつなげていけるデッキ。

エレドールは、連切りしたりスキをしっかりと狙ったりすることで欠点となる発動時間のスキをカバーしていこう。

決定的な場面であれば、号令とエレドールを組み合わせて10秒近く複数の相手を行動不能にしたり強引にポータルを奪取したりできるのも、このデッキならではの魅力だ。

ダッシュの吹き飛ばし効果もうまく組み合わせて、味方の戦いやすい状況をどんどん作り出していこう。

攻撃カードはキルサポート・ポータル奪取&維持にフォーカス!

スタン【周】カードは、非常に強力な代わりにクールダウンが長い。

安易に発動してしまうと決定的な場面で使用できなくなってしまいかねないので、しっかりと目的をもって使うのがおすすめ。

最も狙いたいのが、味方がキルできるタイミングでのスタン。もちろん、味方をピンチから救うタイミングやポータル奪還・キープにつながるタイミングも有効だ

ひとりで敵陣へと突っ込んでスタンさせたり、自身を守るためにスタンカードを使ったりしてしまうのは、1人で生き残っているような場面を除くともったいない使い方になりやすい。

ここぞという場面で狙って大事にカードを使っていこう!

主要カードが【周】から【近】へ!「ジャンヌ」

ジャンヌのおすすめデッキ・立ち回り
4月シーズン使用率
(S5~S9)
4月シーズン勝率
(S5~S9)
14位/47人中 6位/47人中
4月シーズン使用率
(S1~S4)
4月シーズン勝率
(S1~S4)
17位/47人中 28位/47人中

ランク帯問わず、どんどん使用率が高まっているジャンヌ。

S5-S9ランクのデータで見る限り、デッキはほぼ確立されているので、相手にジャンヌがいればまずは以下で紹介する主要デッキを想定して対処していくのがおすすめだ。

【4月シーズン】ジャンヌのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
どこにでもいけるドア
 2位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
 3位
雷霊の加護 ワキンヤン
 4位
神技官 アンジュ・ソレイユ
 5位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
6位
祭りの真打ち!打ち上げ花火
7位
魂を司る聖天使 ガブリエル
8位
【夢超える共演】初音ミク&鏡音リンレン
 9位
はらぺこメイジ
 10位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

ドアイェーガーワキンヤンアンジュの4枚が、他を寄せつけないほど高い採用率を誇り、4位のアンジュでも採用率は5位の緑号令の3倍ほどにも上っている

5位以下で注目のカードが、レアリティRながらランキング入りしているはらぺこメイジ

その採用率はわずかなものだが、多くのHS対策として有効なヒーロースキルがいかに重宝されているかがわかるデータだ。

この結果から考えられる4月シーズン時点でのジャンヌの主流デッキは、以下のとおり。

【4月シーズン】ジャンヌ主流デッキ

  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • どこにでもいけるドア
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

上位4枚をそのまま採用したデッキ。

ワキンヤンで相手を大きく吹き飛ばしながら、ドアで確保した最前線のポータルを守っていこう。

今回は、対ジャンヌで意識したいポイントを紹介する。

【対策】負け濃厚に!?スキルゲージを安易に溜めさせない!!

味方全員に1度だけその場で生き返る効果を付与するジャンヌのHSは、多くの逆転性能の高いHSを実質無効化してしまう強力なもの。

特に劣勢時にタメきられると、逆転することがほぼ不可能になってしまいかねない。

ジャンヌのHS発動後は、相手をキルするHSが本領発揮しづらくなる。ルチアーノが代表格だが、該当しないHSのほうが少ないほど発動後はHSやキルでの逆転が難しくなってしまう

幸いHS発動可能までには、多くのガンナーと比べても長い時間が必要になる。

展開によっては無理のない範囲でゲージ溜めを妨害することも、劣勢時には考えておきたい。

開幕のドアで最前線を占拠、拡張された場合は特に注意。周りにほかの敵がいないタイミングでHSがそこまで強力でない味方ひとりでエリアを踏むなどするだけで、ジャンヌが中・終盤でHSを発動することは難しくなるだろう

【固定向け】今後も増加?徒歩型ジャンヌ

4月シーズン後の調整で、スキルゲージがさらに溜まりにくくなったジャンヌ。

定番のドア型デッキではHSを発動させることがより難しくなっているため、今後は連携の取りやすい固定チームを中心に、はらぺこメイジを搭載した徒歩型が増加してきそうだ。

はらぺこメイジの最大の欠点ともいえるステータスの低さは、現在開催中の『超歌舞伎』コラボ限定カード「【千本桜】初音未來」に入れ替えられれば解決される。ただ、限界突破を進めるのが難しい点に注意!

ただ、このデッキやジャンヌのHSは、バトルを有利な展開にできてこそ本領発揮しやすいものとなるので、連携の取りづらい野良バトルでの運用はあまりおすすめできない。

【返】カードが欠かせない!?「コクリコ」

コクリコのおすすめデッキ・立ち回り
4月シーズン使用率
(S5~S9)
4月シーズン勝率
(S5~S9)
29位/47人中 33位/47人中
4月シーズン使用率
(S1~S4)
4月シーズン勝率
(S1~S4)
25位/47人中 45位/47人中

S1-S4ランクで思うように勝てていないコクリコ。

スプリンターながらアタッカー顔負けの火力を持つ反面、あらゆる攻撃に耐えられないピーキーな性能のため仕方ない部分もあるが、勝率の高いS5-S9ランクでの人気カードを参考に、まずは戦いやすいデッキを構築していこう。

【4月シーズン】コクリコのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
 1位
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
 2位 #コンパス【環境】: 4月シーズンを振り返り!ピエール初登場のバトル環境はいかに!!
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
 3位
反導砲 カノーネ・ファイエル
 4位
オールレンジアタック
5位
機航師弾 フルーク・ツォイク
6位
祭り開始!どでかい和太鼓
 7位
楽団姫 ディーバ
8位
楽団長 ドルケストル
 9位
魂を司る聖天使 ガブリエル
 10位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン

他のヒーローほどではないが、ランキング入りしたカードのなかでも採用率が高いのが、バーゲンセール全天カノーネオールレンジの4枚。

3位のカノーネが、5位のフルークの2倍を超える採用率となっている。

そして、最も気になるのが回復カードの順位の低さ。

9位に入ったガブリエルの採用率は、2月の記事で紹介したメグメグよりも低いほど。

この結果から考えられる4月シーズン時点でのコクリコの主流デッキは、以下のとおり。

【4月シーズン】コクリコの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • オールレンジアタック
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

思い切って回復カードを採用せずに攻撃カードを2枚採用して対応力を伸ばした固定チーム向けのデッキ。

天敵となる貫通攻撃は【返】カードでやり過ごし、全天や自慢の足やHAによるデバフを活用して、その他の攻撃もやり過ごしていこう。

【返】カードとの相性が最もいいといってもいいのがコクリコなので、多少デッキレベルが下がってしまっても、一度は入れて使用感を試してみてほしい。

バーゲンセールがなければ、フリーバトルなどで「#夜光犯罪特区 #やめるちゃんアゲ」を試してみるのもアリ。ただ、攻撃値が低く、反撃時の火力もバーゲンセールと比較すると落ちてしまう点に注意

回復カードがないと、編成によってはポータルキー制圧時以外の回復が見込めなくなる。マッチングするまで編成がわからない野良バトルでは、ガブリエルなどの回復手段を用意しておくのがおすすめだ

忠信初参戦!リンにも注目の5月シーズン「銃弾の雨」

5月シーズンには、『超歌舞伎』コラボ限定ヒーロー「佐藤四郎兵衛忠信」が初参戦。

また、4月シーズン後に「ポロロッチョ」など5人のヒーローを対象にバランス調整が行われている。

なかでもエンジョイ期間で活躍が目立つのが「鏡音リン」。

新たなヒーローの登場と調整によって変化していくバトル環境を意識しながら、次のシーズンバトルも楽しんでいこう!!

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【流麗芸術家】ヴィオレッタ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【ヴィオレッタ】何枚BETいたしますか?【艶】

過去のバトル環境記事はこちら


2020年4月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2020年3月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2020年2月シーズン
(テーマ「リリカ」)

2020年1月シーズン
(テーマ「アタリ」)

2019年12月シーズン
(テーマ全員)

2019年11月シーズン
(テーマ「ソーン」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.